チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

カワサキZ H2/SE[新型バイクカタログ]【極上電子制御サスペンションもあるスーチャーネイキッド】

Z H2/SE 概要

アグレッシブなZシリーズ共通意匠である”Sugomi”デザインに、最高出力200psを叩き出すバランス型スーパーチャージャーがドッキング。左側のみに配置したアンシンメントリーなエアインテークが迫力に輪をかける。

車体はニンジャH2シリーズ同様にスチールトレリスフレームを採用し、足まわりにはショーワ製のSFF-BP倒立フォークとリヤショックを装備。電子制御はトラクションコントロール/コーナリングABS/ローンチコントロール/クイックシフター/クルーズコントロール/スマホ連動機能と、ニンジャH2シリーズ同様に充実しており、もちろんIMUも搭載。ショーワのスカイフック技術をベースにした電子制御サスペンションやブレンボの最上級キャリパー”スティルマ”を装着した上級版のSEも揃っている。

国内’22モデルにはSTDにグレー×ブラックの新色が登場、’21年12月から販売中だ。SEは継続して従来色が販売されている。

’22 Z H2 SE

スタイリング

カワサキ Z H2|メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン

【’22 KAWASAKI Z H2 SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/11000rpm 14.0kgm/8500rpm ■車重 241kg シート高830mm 19L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン ●価格:220万円 ●発売日:’21年12月17日 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2/SE|フロント/リア

【吸気ダクトが○】スーパーチャージャーの吸気ダクトは左側のみに設置。アシンメトリーなスタイルがアグレッシブさに輪をかけるデザイン。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキ Z H2/SE|ライディングポジション

足着きは良好で両足とも接地する。同じエンジン+専用フレームのニンジャH2よりもアップライトかつコンパクトだ。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

カワサキ Z H2/SE|エンジン
カワサキ Z H2/SE|スーパーチャージャー

一度は乗ってみたいスーパーチャージャー。シュルシュルという独特の吸気音と共に強烈な加速で楽しませてくれる。 [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキ Z H2/SE|フロントまわり

SEはショーワスカイフックの電気制御サスペンションにブレンボ製Stylemaキャリパーを採用。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2/SE|SHOWA EERA
カワサキ Z H2/SE|SHOWA EERA

【極上の最新イーラ まさにスカイフック!】ショーワのスカイフックEERA技術を用いたSEの電子制御サスペンションは、路面凹凸による車体姿勢の崩れをリアルタイムで防いでくれる。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ Z H2/SE|クイックシフター

2500rpm以上で機能する上下両方向に対応したKQS=カワサキクイックシフターを、STD/SEともに標準で装備。非接触式で素速いシフトチェンジを可能とする。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2/SE|TFT液晶メーター

【全部入りカラーTFT液晶メーター】メーターはフルカラーTFTパネル。2モードの表示選択ができるほか背景色も黒と白から選べる。スマホ接続機能も搭載だ。※写真はSE [写真タップで拡大]

’22 Z H2

もっとも手軽にスーパーチャージャーを体験できるSTDは、電子制御サスペンションではないものの、SEよりも28万6000円も安い価格が魅力だ。

'22 カワサキ Z H2

【’22 KAWASAKI Z H2】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/11000rpm 14.0kgm/8500rpm ■240kg シート高830mm 19L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック ●価格:191万4000円 ●発売日:’21年12月17日 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2/SE|フロントまわり
カワサキ Z H2/SE|フロントフォーク

STDはショーワ製のSFF-BP倒立フォークにブレンボ製M4.32モノブロックキャリパーを採用する。フロントフォークは機械式で、調整はマニュアル。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z H2/SEに関連する記事

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#1(751cc〜)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続ける。 電脳時代に合わせた先進デザインが増えてきた むき出しのエンジンにアップライトなハンドルポジション、公道ユースに合わせた出力特性やハンドリングと、オートバイの基本スタイルと […]

カワサキZ H2/SE[新型バイクカタログ]【極上電子制御サスペンションもあるスーチャーネイキッド】

Z H2/SE 概要 アグレッシブなZシリーズ共通意匠である”Sugomi”デザインに、最高出力200psを叩き出すバランス型スーパーチャージャーがドッキング。左側のみに配置したアンシンメントリーなエアインテークが迫力に輪をかける。 車体はニンジャH2シリーズ同様にスチールトレリスフレームを採用し、足まわりにはショーワ製のSFF-BP倒立フォークとリヤショックを装備。電子制 […]

『Z』の王にニューカラー登場! カワサキ「Z H2/SE」2022年モデルで価格改定

カワサキは、スーパーネイキッドZシリーズのフラッグシップモデル「Z H2」と「Z H2 SE」の2022年モデルを発表した。SEは現行色を継続し、Z H2は灰×黒に赤フレームを組み合わせた新色を採用。それぞれ価格は2万2000円プラスの改定となった。 電子制御サスペンションのSEは変更なし バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、“SUGOMI”スタイリングと“SUGOMI”パフォーマンスを […]

カワサキの特別仕様車!「Z H2 冬パッケージ」と「Z650 旅パッケージ」

カワサキモータースジャパンは、カワサキプラザ店で取り扱うZ H2(2021年モデル)およびZ650(2020年モデル)に特別仕様を設定し、「Z H2 ウインターパッケージ」、「Z650 ツーリングパッケージ」として販売する。もちろん価格はそれぞれのアクセサリーをバラで買うよりもお得な設定だ。 Z H2 ウインターパッケージ ZシリーズのフラッグシップモデルZ H2にウインターパッケージが登場。快適 […]

カワサキZ H2 SE試乗インプレッション【振り幅の広い電子制御サスペンションで魅力アップ】

スーパーチャージド水冷直4を搭載する唯一無二のネイキッドモデル・カワサキZ H2に、電子制御サスペンションを採用する上位仕様の「SE」が登場。フロントキャリパーをブレンボのスティレマとするなど、ブレーキセットも強化。注目はスカイフックだ! [◯] ショーワ電子制御サスペンションが進化。200psが手の内に 「Z H2 SE」は、同系エンジン搭載のニンジャH2 SXの電子制御サスペンション仕様=SE […]

スーパーチャージドエンジンを日常に【カワサキ Z H2 SE インプレ】

Zブランドの最高峰「Z H2 SE」に試乗した。カワサキが世界初のスーパーチャージドエンジンを送り出したのは2015年のことだが、それから6年が経過した今、リニアリティが劇的に向上。エンジンも足周りも日常に寄り添うフレンドリーさを身につけていた。 半世紀に迫るZの歴史、その最新最強モデル 「Ninja」と並び、カワサキの双璧を成すブランドが「Z」だ。その名を持つモデルが登場したのは1972年のこと […]

ニンジャZX-25R/ニンジャ1000SX用フルエキゾーストマフラー登場〈アールズギア〉

リッタークラス向けハイスペックマフラーでおなじみのアールズギアは、カワサキ車向けラインアップも豊富。待望のニンジャZX-25R用フルエキゾーストマフラーも登場し、充実したスペックを堪能できる。 低中速トルクを向上し、速さと乗りやすさを体感 元ワークスライダーの樋渡氏が代表を務めるアールズギアは、その品質の高さから多くのファンの支持を集めている。サーキットやストリートで実際に体感できるスペックは、同 […]

カワサキ『Z』の王が電子制御サスペンションと最高級ブレンボを採用!「Z H2 SE」国内4月1日発売

カワサキは、Z H2の上級版にあたる「Z H2 SE」を国内発売すると発表した。バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する『Z』の王に、ショーワのスカイフックEERAテクノロジーを搭載した電子制御サスペンション、より強力なブレンボ製Stylemaモノブロックキャリパーなどを採用し、価格はプラス28万6000円となる。 電子制御サスペンションにモノブロックキャリパー、エアインテークには銀鏡塗装も […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース