カワサキZ H2/SE[新型バイクカタログ]【極上電子制御サスペンションもあるスーチャーネイキッド】

Z H2/SE 概要

アグレッシブなZシリーズ共通意匠である”Sugomi”デザインに、最高出力200psを叩き出すバランス型スーパーチャージャーがドッキング。左側のみに配置したアンシンメントリーなエアインテークが迫力に輪をかける。

車体はニンジャH2シリーズ同様にスチールトレリスフレームを採用し、足まわりにはショーワ製のSFF-BP倒立フォークとリヤショックを装備。電子制御はトラクションコントロール/コーナリングABS/ローンチコントロール/クイックシフター/クルーズコントロール/スマホ連動機能と、ニンジャH2シリーズ同様に充実しており、もちろんIMUも搭載。ショーワのスカイフック技術をベースにした電子制御サスペンションやブレンボの最上級キャリパー”スティルマ”を装着した上級版のSEも揃っている。

’21 Z H2 SE

カワサキ Z H2|メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン

【’21 KAWASAKI Z H2 SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/11000rpm 14.0kgm/8500rpm ■車重 241kg シート高830mm 19L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン ●価格:217万8000円 ●発売日:’21年4月1日 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2 SE|メタリックディアブロブラック×ゴールデンブレイズドグリーン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはメタリックブラック×グリーンの1色展開。

カワサキ Z H2/SE|SHOWA EERA
カワサキ Z H2/SE|SHOWA EERA

【極上の最新イーラ まさにスカイフック!】ショーワのスカイフックEERA技術を用いたSEの電子制御サスペンションは、路面凹凸による車体姿勢の崩れをリアルタイムで防いでくれる。 [写真タップで拡大]

’21 Z H2

カワサキ Z H2|メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック

【’21 KAWASAKI Z H2】●色:メタリックディアブロブラック×メタリックフラットスパークブラック ●価格:189万2000円 ●発売日:’20年12月1日

【’21 KAWASAKI Z H2:お手頃スーパーチャージャーで人気】もっとも手軽にスーパーチャージャーを体験できるSTDは、電子制御サスペンションではないものの、SEよりも28万6000円も安い価格が魅力だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ Z H2/SE|スーパーチャージャー
[写真タップで拡大]

【一度は乗りたい!】一度は乗ってみたいスーパーチャージャー。シュルシュルという独特の吸気音と共に強烈な加速で楽しませてくれる。

カワサキ Z H2/SE|吸気ダクト
[写真タップで拡大]

【吸気ダクトが○】スーパーチャージャーの吸気ダクトは左側のみに設置。アシンメトリーなスタイルがアグレッシブさに輪をかけるデザイン。

カワサキ Z H2/SE|TFT液晶メーター
[写真タップで拡大]

【全部入りカラーTFT液晶メーター】メーターはフルカラーTFTパネル。2モードの表示選択ができるほか背景色も黒と白から選べる。スマホ接続機能も搭載だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z H2/SEに関連する記事

カワサキの特別仕様車!「Z H2 冬パッケージ」と「Z650 旅パッケージ」

カワサキモータースジャパンは、カワサキプラザ店で取り扱うZ H2(2021年モデル)およびZ650(2020年モデル)に特別仕様を設定し、「Z H2 ウインターパッケージ」、「Z650 ツーリングパッケージ」として販売する。もちろん価格はそれぞれのアクセサリーをバラで買うよりもお得な設定だ。 Z H2 ウインターパッケージ ZシリーズのフラッグシップモデルZ H2にウインターパッケージが登場。快適 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】

ユーロ5対応とともに電脳進化が進む大型ネイキッドクラス。’21年はGSX-S1000がフォルムも未来を先取したかのようなサイバーな雰囲気になって新生。MT-09&07兄弟もモノアイのニューフェイスで国内登場した。迎え撃つ既存モデルも熟成にて勝負を挑む。 スズキとヤマハの新作ネイキッド対決に注目 フルカウルを持たず、むきだしのエンジンが存在を主張するネイキッドクラスは、どんな時代でも&# […]

カワサキZ H2 SE試乗インプレッション【振り幅の広い電子制御サスペンションで魅力アップ】

スーパーチャージド水冷直4を搭載する唯一無二のネイキッドモデル・カワサキZ H2に、電子制御サスペンションを採用する上位仕様の「SE」が登場。フロントキャリパーをブレンボのスティレマとするなど、ブレーキセットも強化。注目はスカイフックだ! [◯] ショーワ電子制御サスペンションが進化。200psが手の内に 「Z H2 SE」は、同系エンジン搭載のニンジャH2 SXの電子制御サスペンション仕様=SE […]

スーパーチャージドエンジンを日常に【カワサキ Z H2 SE インプレ】

Zブランドの最高峰「Z H2 SE」に試乗した。カワサキが世界初のスーパーチャージドエンジンを送り出したのは2015年のことだが、それから6年が経過した今、リニアリティが劇的に向上。エンジンも足周りも日常に寄り添うフレンドリーさを身につけていた。 半世紀に迫るZの歴史、その最新最強モデル 「Ninja」と並び、カワサキの双璧を成すブランドが「Z」だ。その名を持つモデルが登場したのは1972年のこと […]

ニンジャZX-25R/ニンジャ1000SX用フルエキゾーストマフラー登場〈アールズギア〉

リッタークラス向けハイスペックマフラーでおなじみのアールズギアは、カワサキ車向けラインアップも豊富。待望のニンジャZX-25R用フルエキゾーストマフラーも登場し、充実したスペックを堪能できる。 低中速トルクを向上し、速さと乗りやすさを体感 元ワークスライダーの樋渡氏が代表を務めるアールズギアは、その品質の高さから多くのファンの支持を集めている。サーキットやストリートで実際に体感できるスペックは、同 […]

カワサキ『Z』の王が電子制御サスペンションと最高級ブレンボを採用!「Z H2 SE」国内4月1日発売

カワサキは、Z H2の上級版にあたる「Z H2 SE」を国内発売すると発表した。バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する『Z』の王に、ショーワのスカイフックEERAテクノロジーを搭載した電子制御サスペンション、より強力なブレンボ製Stylemaモノブロックキャリパーなどを採用し、価格はプラス28万6000円となる。 電子制御サスペンションにモノブロックキャリパー、エアインテークには銀鏡塗装も […]

カワサキ『Z』の王が電子制御サスペンションと最高級ブレンボを採用!「Z H2 SE」国内登場

カワサキは、Z H2の上級版にあたる「Z H2 SE」を国内発売すると発表した。バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する『Z』の王に、ショーワのスカイフックEERAテクノロジーを搭載した電子制御サスペンション、より強力なブレンボ製Stylemaモノブロックキャリパーなどを採用し、価格はプラス28万6000円となる。 電子制御サスペンションにモノブロックキャリパー、エアインテークには銀鏡塗装も […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

カワサキ「Z H2」国内ニューカラー発表! SUGOMIデザインを採用した『Z』の王は12/1発売

カワサキは、国内仕様の「Z H2」に新色を設定し、本日2020年12月1日に発売する。価格は従来から据え置きの189万2000円だ。現行カラーは廃止される模様で、新色のみのラインナップとなる。 STDモデルのZ H2は新色の黒! フレームまでブラックアウト カワサキは欧州と北米で「Z H2 SE」を新たに発表(関連記事参照)し、その14時間後には国内仕様の「Z H2」にニューカラーを発表した。標準 […]

カワサキ「Z H2」国内ニューカラー発表! SUGOMIデザインを採用した『Z』の王

カワサキは、国内仕様の「Z H2」に新色を設定し、2020年12月1日に発売する。価格は従来から据え置きの189万2000円だ。現行カラーは廃止される模様で、新色のみのラインナップとなる。 STDモデルのZ H2は新色の黒! フレームまでブラックアウト カワサキは欧州と北米で「Z H2 SE」を新たに発表(関連記事参照)し、その14時間後には国内仕様の「Z H2」にニューカラーを発表した。標準モデ […]

キングZが電子制御サスペンションとブレンボ採用! カワサキ新型「Z H2 SE」登場

カワサキは欧州と北米で「Z H2」のバリエーションモデル「Z H2 SE」を発表した。SHOWA製スカイフックEERAテクノロジーを用いたセミアクティブ電子制御サスペンションとブレンボ製Stylema(スティレマ)キャリパーを奢り、専用カラーを採用。北米では標準モデルの新色も登場している。 ヴェルシス1000SEに続く“スカイフック”テクノロジー採用で足まわりを強化 バランス型スーパーチャージドエ […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

Z H2 ストライカーカスタム【軽量化とスタイルアップでスポーツ性向上】

スポーツマシンのカスタムパーツを数多く開発し、マシンカスタムには欠かせないブランドであるストライカーが、カワサキのスーパーチャージドネイキッド・Z H2用にスリップオンマフラーをはじめとする数々のパーツをリリースした。ここではそのうちの6種類のパーツを紹介しよう。 ハイパーマシン・Z H2の完成度をさらに引き上げる逸品パーツ 998cc並列4気筒にスーパーチャージャーを搭載したZ H2は、もはやス […]

ドゥカティ ストリートファイターV4S公道試乗インプレ【カワサキZ H2と比較|後編】

バーハンドルを装着したスポーツネイキッドの世界は、ドゥカティ ストリートファイターV4/Sの新登場でさらに過激化! いやぁマジでスゴい時代がやってきた…。ヤングマシンのテスター・丸山浩がカウルレス208psを徹底分析。同じく200ps級スポーツネイキッド・カワサキZ H2を比較対象とした公道走行インプレッションをお届けする。 【’20 DUCATI STREETFIGHTER V4S】●価格:27 […]

’20年9月のおすすめカスタムパーツ×8選【レブル250用フロントパイプetc.】

モリワキエンジニアリング|’17~ レブル250B.R.S フロントパイプ モリワキより、レブル250用のエキゾーストパイプがリリース。φ50.8の太いパイプでスタイリングが向上。さらに二重管構造のレゾネーターエリアにより、減速時のエンジンブレーキと加速時のドン付きを軽減してくれる。 ヨシムラ|’18 Z900RS/CAFE アルミフューエルタンク ヨシムラより、Z900R […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報