緑フレームの特別色/STDモデルは新色の黒

キングZが電子制御サスペンションとブレンボ採用! カワサキ新型「Z H2 SE」登場

  • 2020/11/24
KAWASAKI Z H2 SE

カワサキは欧州と北米で「Z H2」のバリエーションモデル「Z H2 SE」を発表した。SHOWA製スカイフックEERAテクノロジーを用いたセミアクティブ電子制御サスペンションとブレンボ製Stylema(スティレマ)キャリパーを奢り、専用カラーを採用。北米では標準モデルの新色も登場している。

ヴェルシス1000SEに続く“スカイフック”テクノロジー採用で足まわりを強化

バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載する、カワサキのスポーツネイキッド『Z』シリーズのフラッグシップモデル「Z H2」に、電子制御サスペンションとブレンボ製の強化ブレーキを採用した上級版の「Z H2 SE」が登場した。欧州と北米で発表され、いずれ日本仕様も登場するものと思われる。

SEが採用するのはSHOWA製スカイフックEERA(Electronically Equipped Ride Adjustment)をベースとしたKECSで、路面の凹凸や荷重移動、加減速などの外的要素に対し、車体が空中から吊り下げされているかのように安定した挙動を実現するというもの。ソレノイドバルブによって1000分の1秒単位でコントロールされ、スポーツライディング等においてもバンプなどにリアルタイムでリアクションでき、さらにライディングモード「スポーツ、ロード、レイン、ライラ―(マニュアル設定)」によって挙動が変化する。

ビルトインされたストロークセンサーによってストローク速度とポジションを1000分の1秒単位でとらえ、これを100分の1秒単位でセンシングするIMUによる車体姿勢、前後ホイールの回転速度と掛け合わせ、リアルタイムで減衰力をアジャストしていく。ベースとなるメカニカルコンポーネントは前:SHOWA製φ43mmSFF-CA(セパレートファンクションフロントフォーク・カートリッジ)と、後:BFRC(バランスフリーリヤショック)だ。

また、フロントブレーキにはよりハイスピードに対応するため、軽量かつ冷却性能に優れたブレンボ製スティレマ・モノブロックキャリパーを採用し、φ320mmダブルディスクを組み合わせる。併せてブレンボ製フロントブレーキマスターシリンダーも採用した。

なお、Z H2 SEの国内導入予定時期は2021年春頃。価格を含め、詳細な情報が入り次第お伝えしていきたい。

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

【KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]】主要諸元■全長2085 全幅815 全高1130 軸距1455 シート高830(各mm) 車重240kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 200ps/11000rpm 14.0kg-m/85000rpm 変速機6段 燃料タンク容量19L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ※諸元は欧州仕様 ●価格:未発表 ●国内導入時期:2021年春頃

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]Diablo Black / Golden Blazed Green [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]Diablo Black / Golden Blazed Green [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]Diablo Black / Golden Blazed Green [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

SHOWA製スカイフックEERAを採用するセミアクティブ電子制御サスペンション・KECSはφ43mmSFF-CAおよびBFRCがベース。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

ブレンボ製Stylemaモノブロックキャリパーを採用。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Z H2 SE[2021 model]

2つの表示モードを採用するメーターパネルは、バーハンドルのクランプ上にマウントされる。電子制御はIMU連動によるKTRC(カワサキトラクションコントロール)、パワーモード、KQS(カワサキクイックシフター)、KIBS(カワサキインテリジェントブレーキシステム)などがあり、これらを統合制御するライディングモードも備える。クルーズコントロールの装備も嬉しい。 [写真タップで拡大]

こちらは北米仕様のZ H2(標準モデル)。新色はブラックで統一されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ