KAWASAKI Z H2 SE×ライドハイ

スーパーチャージドエンジンを日常に【カワサキ Z H2 SE インプレ】

Zブランドの最高峰「Z H2 SE」に試乗した。カワサキが世界初のスーパーチャージドエンジンを送り出したのは2015年のことだが、それから6年が経過した今、リニアリティが劇的に向上。エンジンも足周りも日常に寄り添うフレンドリーさを身につけていた。

●文:ライドハイ(伊丹孝裕) ●写真:折原弘之

半世紀に迫るZの歴史、その最新最強モデル

「Ninja」と並び、カワサキの双璧を成すブランドが「Z」だ。その名を持つモデルが登場したのは1972年のことで、「Z1」(900 Super4)がオリジナルとなる。そこからすでに半世紀近くが経過した今、ブランドの勢いは衰えるどころかますます拡大。その系譜を引き継ぐ、最新にして頂点のモデルが、この「Z H2 SE」である。

STDモデルの「Z H2」は2020年4月にデビューしている。SEは上位グレードの役割を担い、2021年4月から発売を開始。主な違いは、下記の通りである。

・減衰力が路面状況に応じて変化する電子制御式サスペンションKECSの装備

・レインモードで安定性が増すショーワのスカイフックサスペンションEERAの採用

・ブレンボのモノブロックキャリパーStylemaとマスターシリンダーの採用

・エアインテーク部分に施された銀鏡塗装

この通り、ショーワのサスペンション技術とカワサキが求める減衰力が組み合わされた足周りの充実が、Z H2 SE最大のポイントとなる。ここからはそれを踏まえつつ、実際に試乗した印象をお届けしよう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報