ホンダCB1300シリーズ[新型バイクカタログ]:ユーロ5相当の規制をクリア。伝統の”BIG-1”は不滅だ

CB1300シリーズ 概要

ホンダのフラッグシップネイキッドは、’21年でユーロ5相当の平成32年排出ガス規制をクリアするモデルチェンジを敢行。長年熟成を重ねてきただけに他にもうやることはないかと思われたが、電子制御スロットル化によってトラクションコントロールも含めた3つのライディングモードやクルーズコントロールを新たに装備。クイックシフターにもオプションで対応する。

さらにマフラーも従来の4-2-1から4-1に集合方式を改めて、より官能的な直4サウンドを実現。パワーは従来より3psアップした。カウル付きのスーパーボルドールも引き続きラインナップされ、先代から導入されたオーリンズ前後サスペンション&ブレンボキャリパーの上級仕様SPも両方のモデルに設定。BIG-1の歴史は、これからも紡ぎ続けられる。

’21 CB1300スーパーフォア

'21 ホンダ CB1300スーパーフォアSTD|パールサンビームホワイト

【’21 HONDA CB1300 SUPER FOUR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1284cc 113ps/7750rpm 11.4kg-m/6250rpm ■車重266kg シート高780mm 21L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ※オプション ●色:パールサンビームホワイト ベータシルバーメタリック ●価格:156万2000円 ●発売日:’21年3月18日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CB1300スーパーフォアSTD|ベータシルバーメタリック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト/シルバーメタリックの2色展開。

’21 CB1300スーパーボルドール

'21 ホンダ CB1300スーパーボルドール|パールサンビームホワイト

【’21 HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR】■車重272kg シート高780mm ●色:パールサンビームホワイト ベータシルバーメタリック ●価格:167万2000円 ●発売日:’21年3月18日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CB1300スーパーボルドール|ベータシルバーメタリック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト/シルバーメタリックの2色展開。

'21 ホンダ CB1300|集合方式
[写真タップで拡大]

【集合方式4in1の新作】マフラーは集合方式を4into1に改めて、より官能的なサウンドに。エキゾーストパイプも”魅せる”取り回しに変更た。

'21 ホンダ CB1300|電子制御スロットル
[写真タップで拡大]

【電子制御スロットル化】スロットルバイワイヤーによる緻密な燃焼制御を導入することで、ユーロ5相当の国内新排出ガス規制クリアを実現した。

'21 ホンダ CB1300|トラクションコントロール入りライディングモードの表示
[写真タップで拡大]

【トラクションコントロール入りライディングモード】アナログ2連メーターの中央にある液晶部には、新装備となるトラクションコントロール入りライディングモードの表示が追加された。

'21 ホンダ CB1300|オプションクイックシフター
[写真タップで拡大]

【クイックシフターは上下対応】電子制御スロットル化により、アップダウンの両方向に対応したクイックシフターも可能になった。別売オプションとして設定されている。

’21 CB1300スーパーフォアSP

'21 ホンダ CB1300スーパーフォアSP|キャンディークロモスフィアレッド

【’21 HONDA CB1300 SUPER FOUR SP】■シート高790mm ●色:キャンディークロモスフィアレッド パールホークスアイブルー ●価格:193万6000円 ●発売日:’21年3月18日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CB1300スーパーフォアSP|パールホークスアイブルー
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはレッド/ブルーの2色展開。

’21 CB1300スーパーボルドールSP

'21 ホンダ CB1300スーパーボルドールSP|キャンディークロモスフィアレッド

【’21 HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR SP】■車重272kg シート高790mm ●色:キャンディークロモスフィアレッド パールホークスアイブルー ●価格:204万6000円 ●発売日:’21年3月18日

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ CB1300スーパーボルドールSP|パールホークスアイブルー
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはレッド/ブルーの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB1300シリーズに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ヘリテイジクラス【新生Zをヒットさせたカワサキがメグロを再始動】

世界的なブームが当分終わりそうにないヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズとマッチする。’21も老舗メグロの復活やCB1300のユーロ5対応、人気のZ900RSも上級仕様SEが発表されるなど話題は豊富だ。 ヘリテイジブームはますます盛んになりそうだ 今や世界的な潮流となった、往年の名車たちを現代の最新技術で復刻していくヘリテイ […]

ホンダCB1300SF/SB比較試乗インプレ by 丸山浩【STDとSP、選ぶならどちら!?】

ホンダのネイキッドキング=CB1300/SF/SBには、スタンダードモデルとは別に上級仕様「SP」も用意されている。オーリンズとブレンボを装備するなどの豪華仕様だが、さてチョイスするとすればSTDとSPのどちらだろうか? ヤングマシンのメインテスター・丸山浩氏が試乗比較し、その違いを探った。 ビッグワンの走りを極めたその先を目指すライダーに 新型ビッグワン=CB1300には、先代同様にSFとSB双 […]

ホンダCB1300SF/SBシリーズ新旧比較試乗インプレ by 丸山浩【電脳がもたらした伝統の進化】

ホンダのネイキッドキング=CB1300スーパーフォアとスーパーボルドールの’21新型モデルと’20旧型を比較する。約20年間の熟成で完成されつくした伝統のビッグワンは、ユーロ5相当の新排ガス規制対応の影響をどう受け、どう乗り越えたのか? ユーロ5の荒波をスロットルバイワイヤで見事にクリア 先代で完成した味をスロットルバイワイヤでもそのまま再現 写真で見る新旧ディテール比較 […]

威風堂々! ホンダ新型CB1300SF/SB【電子制御スロットルを得てユーロ5をクリア】

ホンダのみならず国内のネイキッドを代表するCB1300シリーズ。度重なる環境規制を前に「今度こそ適合は無理じゃないか?」という周囲のウワサを跳ね除け、’21モデルでユーロ5も乗り越えた!! 「プロジェクトBIG-1の伝統を消してはならぬ」というホンダの意地の賜物だろう。その存続の決め手となったのが”電脳化”。トラクションコントロールをはじめとした数々の電子制御機 […]

威風堂々、ホンダ新型「CB1300スーパーフォア/スーパーボルドール/SP」が3/18に発売

国産の大排気量ビッグネイキッドとして現在では唯一無二の存在感を放つ、ホンダ「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」および各々のSPモデルが一挙にモデルチェンジ。外観は“らしさ”を追求しつつ、新たに電子制御スロットルを採用することで機能拡充と環境対応を実現した。 電子制御スロットルを軸に「ライディングモード」「トラコン」「クルーズコントロール」 […]

CB1300SF&SBシリーズがサイボーグ化! 電子制御フル装備で、操る醍醐味を追求!

気がつけば超ロングセラー 少し前までネイキッドといえば鉄フレームに4気筒エンジンを搭載。フロントフォークは正立で、リヤは2本サスペンション。これが日本のスタンダードバイクだった。 ホンダはCB、ヤマハはXJR、スズキはGSX、カワサキはゼファーとZRXシリーズを用意。各メーカー、往年のバイクをオマージュしつつ、400ccクラスとビッグバイクをラインナップしていた。 そんな日本のビッグバイクブームを […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。 大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場 最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味の […]

威風堂々、ホンダ新型「CB1300スーパーフォア/スーパーボルドール/SP」正式発表

国産の大排気量ビッグネイキッドとして現在では唯一無二の存在感を放つ、ホンダ「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」および各々のSPモデルが一挙にモデルチェンジ。外観は“らしさ”を追求しつつ、新たに電子制御スロットルを採用することで機能拡充と環境対応を実現した。 電子制御スロットルを軸に「ライディングモード」「トラコン」「クルーズコントロール」 […]

クルーズコントロール搭載! ホンダ「CB1300シリーズ」は電制進化で存続決定!

ホンダは公式HPで、2020年12月21日に正式発表予定の「CB1300 SUPER FOUR(スーパーフォア)」「CB1300 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)」および各々のSP仕様に関する情報を先行公開した。新規採用のスロットルバイワイヤを軸に、走行モードやクルーズコントロールも搭載する。 ライディングモード、クルーズコントロールを実現するスロットルバイワイヤ ホンダは公式H […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#3/4〉ホンダ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。本ページでは日本製ネイキッドモデルの頂点に立つホンダのロングセラーモデルCB1300シリーズとCB1100シリーズを紹介する。 CB1300スーパーフォア/SP:往年のCB750FCを思わせる新色設定 威風堂々とした佇まいで、CBシリーズ、そして日本製ネイキッド […]

2019新車走評:国産ヘリテイジスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05]

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。国産勢は、往年の名車をモチーフにした車両が多い。ロングセラーのCB1300をはじめ、近年はZ900RSが大ヒットを記録。’19年は新生カタナがデビューし、注目を集めている。外国車勢に比べ、総じて現代的に洗練されており、高性能な走りが特徴的だ。 中身はスポーツ車が主流。テイスト系もしっかりアリ 見た目は懐古 […]

令和に買いたい!【ヘリテイジスポーツ CB1100、W800、CB1300、SV650X】2019ニューモデル大集合

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、国産でも各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックはカタナだったが、一方で空冷エンジンのまま復活を遂げたW800も根強いファンから歓迎を受けている。CBシリーズは国産ビッグネイキッドの生き残りとしてヘリテイジ入りを果たした。 ロングセラーモデルに時代が追いついた? 1992年に登場した […]

ホンダCB1300スーパーフォアSP 試乗インプレッション【さらに乗り心地アップ】

2018年7月のホンダCBオーナーズミーティングで世界初公開された、オーリンズやブレンボを装備するCB1300シリーズのSPバージョン・CB1300スーパーフォアSP [2019]。STDプラス36万7200円の実力をじっくりと検証する。 (○)さらに乗り心地アップ。ブレーキの安心感絶大 CB1300SFに採用されているショーワ製の前後ショックは、正立式&2本サスというトラディショナルな形式の中で […]

ホンダ2019新型CB1300SF/SBの新色とCB1300SF/SB SPが正式発表

初代1000から数え、25年目を迎えた王道ネイキッドのCB1300シリーズ。四半世紀に及ぶ歴史の中で、初めて「SP」の名を冠する最高峰モデルが衝撃デビューを果たすことになった。今回は過去の詳細記事に加え、2018年10月19日に正式発表された内容を盛り込んで2019年モデルの全容を紹介したい。 SPの価格は36万7200円アップで確定、STDに黒が登場 2018年7月8日のCBミーティングで初公開 […]

2018CB1300スーパーボルドール試乗インプレ

平成28年度排ガス規制に対応し、モデルチェンジを行ったCB1300シリーズ。ハーフカウル版のスーパーボルドールで新旧の違いを確認してみよう。 ※ヤングマシン2018年3月号(1月24日発売)より 【〇】本質は大きく変わらず操安性がナチュラルに エンジンを始動した瞬間、ダイレクトなサウンドを響かせる新型CB1300スーパーボルドール。新排ガス規制に対応しつつ9psもパワーアップできたのは、排気抵抗を […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報