ホンダ”CB-Fコンセプト”もし市販化していたら? 妄想カスタムCG再録【こんなFが見たかった…!】

残念なニュースが飛び込んできた。’20年春に発表され大きく話題を呼んだ、ホンダによるネオクラシックの提案モデル“CB-Fコンセプト”の開発が断念されていたのだ。このニュースの反響がかなり大きかったので、今後のCBの未来に期待する意味も込めて、CB-Fコンセプト発表当時にヤングマシンが妄想したカスタムバージョンの予想CGをここに再録する。


●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

CB-Fコンセプトとは:CB750F/900Fモチーフのコンセプトモデル

今をもってなお人気の高い名機”エフ”ことCB750F/900F。このマシンをモチーフとし、’20年にホンダが現代版のコンセプトモデルとして発表したのが”CB-Fコンセプト”だ。ベース車はCB1000Rで、バックボーンフレームや片持ちスイングアーム&モノショックなどの車体を踏襲しつつ、ロングタンクやWホーンを採用して当時の車両の特徴を再現していた。

しかし、先日ホンダ本社で行われたCB1000/1300シリーズのトークショーにて、本機の市販化モデル開発が断念されていたことが明言。我々としては悔やまれるばかり…だが、その一方でこれからもCBの開発は続くという。今後の展開に対する期待も込めて、’20年当時にヤングマシンが妄想した”CB-Fコンセプト”市販バージョンのCGをここに再録する。

CB-Fコンセプト

’20年に発表されたホンダのコンセプト車「CB-Fコンセプト」。全体的なフォルムは元祖CB-F系を見事に再現しつつ、細部はモダン化されていた。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その1:”アイツ”の愛車バージョン〈FB改〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

一世を風靡したバイク漫画「バリバリ伝説」主人公の巨摩郡の愛車 CB750FBをイメージした。原作通りセパハン仕様としたが、このハンドル位置は無理があるかも…? [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その2:ファーストカラーは外せない!〈FZ/FA〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

’79年に国内デビューしたCB750F。当然のことながら初期型カラーは押さえておきたい。こちらは’79年のCB750FZおよび’80年のCB750FAに用意されたシルバーをイメージ。流麗なスタイリングに刻まれたシンプルなラインが爽やかだ。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その3:珍しい深蒼のホンダ〈FZ/FA〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

CB750FZ/FAのキャンディタンザナイトブルーも設定。深い青味が色っぽくて似合いすぎるぞ! CGはライト位置高め+大型ウインカー+ローダウン想定。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その4:定番のツートーンも安定感アリ〈FC〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

’82年式の最終型 CB750FCの赤×白ツートーンカラーもスポーティでカッコイイ。もう1色としてラインナップされている青×白も抜群だ。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その5:RCBとして活躍した900Fバージョン

CB-Fコンセプト[イメージCG]

欧州耐久選手権で活躍したRCBを思わせるレースイメージの赤。初期型の900Fがまとったカラーだ。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その6:今風カラーも見てみたい!〈ETC〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

新展開として今風のカラーも考えてみた。最近の定番はモノトーンに蛍光色の差し色が入った派手地味系だ。 [写真タップで拡大]

CB-Fコンセプト妄想その7:スペンサー仕様の草レース車はいかが?〈Spencer R〉

CB-Fコンセプト[イメージCG]

フレディ・スペンサーが’82のデイトナ100マイルで優勝したマシンをイメージ。もし実現していれば、テイストオブツクバが盛り上がりそうだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース