BMW S1000RR [新型バイクカタログ]:狙うは勝利! 日本車とシノギを削る直4SS

BMW S1000RR

※情報更新日:2022年7月19日

S1000RR 概要

’09年の誕生以来進化を重ね、’19で初の全面刷新を受けて現行型に。M1000RRを除いて直4リッターSSでは最軽量で、馬力も強力な207psをマークする。車体は軽量なフレックスフレームを採用。エンジンはシフトカムにより幅広いパワーバンドを獲得した。さらにカーボンホイールのMパッケージでは車重200kgを下回る。また電サスやグリップヒーター、クルコンなどの実用装備も選択可能だ。

海外では’22モデルが発表され、新色のグレーが登場。調整可能なスイングアームピボットなどを備えたMシャーシキットが標準となった。また、M仕様のレバーやステップを組み合わせたビレットパックを追加し、従来のスポーツパッケージが消滅。ダイナミックパッケージに専用モードのProを加えた。



’22 S1000RR[海外仕様]

BMW S1000RR

【’22 BMW S1000RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 210ps/13500rpm 11.52kg-m/11000rpm ■197kg シート高824mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース  ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

BMW S1000RR

’22では精悍なミネラルグレーメタリックを追加。標準でリヤの車高調整も可能になった。 [写真タップで拡大]

BMW S1000RR

様々なパッケージが用意されるが、好みで組み合わせて選べる。2種類のMホイールは、各車体色の単一オプションとなる。 [写真タップで拡大]

’21 S1000RR

BMW S1000RR

【’21 BMW S1000RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 207ps/13500rpm 11.5kg-m/11000rpm ■200kg シート高824mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース  ●色:ライトホワイトユニ ブラックストームメタリック ホッケンハイムシルバーメタリック ●価格:236万円〜(’22年前期は233万円~) [写真タップで拡大]

BMW S1000RR

[写真タップで拡大]

BMW S1000RR

カラーバリエーションはホワイト/ブラック/シルバーの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。





新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース