BMW S1000RR M Package×ライドハイ

【BMW S1000RR Mパッケージ 試乗】Vol.1 4気筒SSをモノにしたBMW。「速さと楽しさが進化!」

●文:ライドハイ編集部(小川勤) ●写真:BMW

2009年の発表以来、BMW S1000RRは、“4気筒スーパースポーツ=国産”というイメージを払拭。そして2019年、そのS1000RRが初めてのフルモデルチェンジを実施。このクラスを楽しみたいユーザーが何を求めているか――。スペックだけでなく、価格やバリエーションも含めて、そこを徹底追求している。

4気筒スーパースポーツはどこまで進化する⁉︎ 2021年は、ついにM1000RRも登場

速いのは当たり前、しかし速さだけに特化していないのがBMW S1000RRの特徴だ。ニューモデルでサーキット、公道、さらにはウエット路面など様々なシチュエーションを走って感じたのは、速さやラップタイム、レースの成績に特化するのでなく、一般ライダーのフレンドリーさも考慮した進化を遂げていたことだ。いや、むしろ磨かれたのはそのフレンドリーさといっても良い。
このアプローチがとてもBMWらしい。

2009年に国産スーパースポーツに与えたインパクトはとても大きかったが、今度のS1000RRも凄い。

スーパースポーツを楽しむライダーの年齢は上がり続けている。これは世界共通の現象だ。だからこそその楽しみ方も変わりつつある。S1000RRを購入してタイムや順位を競い合うライダーは少ないし、207psを使い切るのはプロでも難しい。

もちろん公道での無理は厳禁だ。だからこそ純粋にスーパースポーツが好きなライダー、まだまだコーナリングを楽しみたい大人に向けS1000RRは進化した。

そして、このS1000RRをベースに、SBKで勝つためのマシンM1000RRが2021年に登場。こちらも国内に導入され次第、検証したいと思う。

→全文を読む|写真8点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報