スズキ Vストローム650/XT[新型バイクカタログ]:20年以上の熟成が続く水冷Vツインのミドル

Vストローム650/XT 概要

高剛性を誇るアルミ製フレームに水冷90度Vツインエンジンを搭載。2段階+オフにできるトラクションコントロール/3段階調整式スクリーンを備える。前後19/17インチキャストホイールのSTDに対して、XTは同サイズのまま前後ホイールがスポーク化され、ナックルガード/アンダーガードも装備する。

’21 Vストローム650 XT

スズキ Vストローム650XT|オールトグレーメタリックNo.3(QEB)

【’21 SUZUKI V-STROM650 XT】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 69ps/8800rpm 6.2kg-m/6500rpm ■車重215kg シート高835mm 20L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=150/70R17 ●色:チャンピオンイエローNo.2 ブリリアントホワイト グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド オールトグレーメタリックNo.3 ●価格:96万8000円 ●発売日:’21年3月12日 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム650XT|チャンピオンイエローNo.2(YU1)
スズキ Vストローム650XT|グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド(AV4)

[写真タップで拡大]

スズキ Vストローム650XT|ブリリアントホワイト(YUH)
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはイエロー/ホワイト/ブラック×レッド/グレーの4色展開。

’21 Vストローム650

スズキ Vストローム650|オールトグレーメタリックNo.3(QEB)

【’21 SUZUKI V-STROM650】■車重212kg ●色:ブリリアントホワイト オールトグレーメタリックNo.3 ●価格:92万4000円 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム650/XT|ブリリアントホワイト(YUH)
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト/グレーの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Vストローム650/XTに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型アドベンチャークラス【新型トレーサーなどオンロード重視系が台頭】

旅先で遭遇したダートも走破できる性能を…というのが本来のコンセプトとなる大型アドベンチャークラスだが、近年は舗装路でのツアラー性能を重視した”オンロードアドベンチャー”系が台頭。ゆったりとしたライディングポジションや優れた積載性で長旅にいざなう! 電子制御の高度化により、旅の快適性を磨くのが主流 ’20年型では、オフロード性能も高められたホンダ アフリカツインシ […]

スズキ「Vストローム650/XT」に2022年モデルの新色が登場!【海外】

英国スズキは、日本でも隠れ名車の呼び声が高い「Vストローム650」および「Vストローム650XT」にニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売する。SV650とベースを共有する645ccV型2気筒を搭載し、XTはワイヤースポークホイールとナックルガード、アンダーカウルを標準装備したバージョンだ。 スクエアデザインの1050に対し、ラウンドデザインを来年も継承 英国スズキは、Vストローム650 […]

名作Vツイン搭載! スズキのミドルアドベンチャー「Vストローム650/XT」ニューカラー発売

スズキはVストローム650シリーズの2021年モデルとしてカラーリングを変更し、3月12日に発売した。「Vストローム650 ABS」と「Vストローム650 XT ABS」は、水冷V型2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーツアラーで、2003年より欧州や北米、日本で人気を集めるロングセラーモデルだ。 定評あるアドベンチャーツアラーがカラー変更でさらに魅力アップ このたびの変更で、Vスロトーム650シ […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉Vストローム1050/650

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー 最新潮流解説 YAMAHA:トレーサー9/GT|トレーサー7/GT|テネレ700 HONDA:NC750X/DCT|CRF1100Lアフリカツインシリーズ|VFR800X SUZUKI:Vストローム1050/XT|Vストローム650/XT KAWASAKI:ヴェルシス1000SE/SE+ Vストローム1050/XT:現代に蘇ったファラオの […]

2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス|日本車最新潮流解説〉

“高速ツアラー”としての安定性と”オフ性能”という二律背反の要素を、電子制御を使って高次元で両立させるアドベンチャータイプ。そのキャラクターは、オン寄りとオフ寄りでハッキリ分かれる。’20はオフ寄りのモデル刷新が目立ったが、’21年はオン系が台頭しそうな雰囲気だ。 大型アドベンチャー:最新装備がベーシックモデルへ波及 電子制御 […]

スズキ Vストローム650のツーリング性能をさらに高めるアイテム×9選〈キジマ〉

バイクパーツでおなじみにキジマが、国産アドベンチャーマシンとして人気のスズキVストローム650に様々なアイテムを装着。便利に使いやすくカスタムされた「Vストローム650ツーリングスタイル」をぜひチェックしてほしい。 スズキのアドベンチャーモデル「Vストローム650」は、日本人でも取り回せるサイズで、林道走行や長距離などタフな旅をこなすライダーから支持を得ているが、アフターパーツのラインナップは多く […]

’20年3月に発売された新車バイク情報まとめ

各車両メーカーから’20年3月にリリースされたニューモデルとして、ホンダ(CBR1000RR-Rファイヤーブレード/SP・グロム・レブル250)、ヤマハ(MT-25/03・MT-07・X-MAX)、スズキ(ジクサー・Vストローム650 ABS/XT ABS、バーグマン200)、ハーレダビッドソン(ロードグライドスペシャル)の11台をまとめて紹介する。 ’20年3月リリース【ホンダ】 RC213Vの […]

疲れず楽しい実力派! スズキ「Vストローム650/XT」に各3色のニューカラー[2020]

扱いやすく、しかも疲れず楽しいスズキのミドルクラス・スポーツアドベンチャーツアラーの「V-Strom 650/V-Strom 650 XT」が2020年モデルのニューカラーにチェンジ。それぞれに3色がラインナップされる。価格は据え置き、発売日は2020年3月18日だ。 SV650と同系の645cc、Vツインエンジンを搭載するアドベンチャーモデル ビッグアドベンチャーのような重厚さやハイパワーはない […]

’20新車バイク総覧〈大型アドベンチャー&オフロード|国産車#4/4〉スズキ カワサキ

オンもオフも、街乗りもロングツーリングもを楽しめるアドベンチャーモデルは、近頃特に勢いのあるカテゴリー。本ページでは全面刷新したスズキのVストローム1050/XTとその弟分・Vストローム650、カワサキのフラッグシップ・ヴェルシス1000SEの3台を紹介する。 スズキ Vストローム1050/XT:怪鳥のDNAを注入、快適性を高めつつオフテイストも強化 スズキのADV旗艦「Vストローム1000」は、 […]

スズキ V-ストローム/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデルをチェック

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではスズキのV-ストロームシリーズ/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデル情報についてまとめた。 [新型 […]

ヤマハ トレーサー900 vs スズキ Vストローム徹底試乗比較

世界的に人気のアドベンチャーは、リッターオーバーの大柄なモデルが主流だ。そんな中、ヤマハ・トレーサー900とスズキ・Vストローム650は扱いやすい「ミドルクラス」として好評を博している。さて、その両車の実力やいかに!? ヤングマシン本誌でおなじみ丸山浩氏がプロ目線で、ライター高橋剛氏が一般人目線で徹底的に試乗インプレ! 同じ旅バイクでも旅の捉え方が違う。刺激的なトレーサー/マイルドなVストローム […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報