第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

鈴菌じゃないアナタにも推薦したい安心感

スズキVストローム650/XT「玄人絶賛! バイク版おふくろさん」〈YM的新車バイクざっくり解説〉

スズキVストローム650/XT

「このバイクって、どこが良いの?」バイク好きなら一度は口にしているであろうこのセリフ。そんな疑問に一発回答! 日夜ニューモデルに触れまくっているヤングマシン編集部が、取材で得た裏話も交えて注目モデルの魅力のキモをピンポイントで伝えます。今回は2輪メディア業界の裏人気機種・スズキのVストローム650だ。


●文:ヤングマシン編集部(マツ) ●外部リンク:スズキ



どんな場面でも絶大な安心感。最強のツアラーだ!

包容力と書いてVストローム650と読む…と言っても過言ではないくらい、全方面全シチュエーション全ライディングシーンにおいて、絶対的な安心感をキープし続ける最強無敵のツーリングマシン。今や希少なVツインエンジンはほどよい鼓動感に調律され、刺激と快適性を絶妙なバランスで実現。抜群にしなやかな車体は、100km/h台後半での安定感と、路面を手で撫でるかのごとき豊かなフィードバックをこれまた両立。結果「あ、北海道行こう」と、角にタバコを買いに行くかのようにロングツーリングに出撃できる、最良の旅の伴侶だ。

そんな最強ツアラーは2004年に初代が登場し、2013年の2代目から国内販売がスタート。クチバシ付きのアドベンチャールックを得た現行型は2017年の登場で、この3代目からトラクションコントロールが装備され、さらにスポークホイールやナックルガードを装備したXTが追加されるなど、ラインナップが充実した。

Vストローム650|初代

2004年に登場した初代Vストローム650。90度Vツインやアルミツインスパーフレーム、前110/80R19/後150/70R17のタイヤサイズといった基本設計は現行型まで踏襲される。燃料タンクは、2代目や3代目より2L大きな22Lだ。 [写真タップで拡大]

Vストローム650|2代目

2013年には2代目に進化。外観デザインを一新し、二眼ヘッドライトは同年登場のスカイウェイブ650にも似た丸みを帯びた形状に。この2代目から国内仕様が登場している(初代は逆輸入車のみ)。 [写真タップで拡大]

このバイクはとかく口うるさい2輪メディア関係者の評価が異常に高く、走り味に関してはまったくと言っていいほど悪い話を聞かない。”乗ったらすごくイイんだよ〜!”という、走りの作り込みの奥深さは全スズキ車に共通する特徴なのだれけど、その中でもVストローム650が出色と感じられるのは、初代以来、アルミツインスパーフレームを核とする車体やそのディメンション、水冷90度Vツインエンジンの基本構成を大きく変えず、20年近くに渡って熟成を続けてきたから、かもしれない。

あとは兄貴分1050と共通の、イカした砂漠の怪鳥系デザインにモデルチェンジしてくれれば…と望んでいるライダーも多いのでは? ともあれ、ハヤブサがスズキの誇り・GSX-Rをスズキの魂とするならば、コイツはスズキファン=”鈴菌”を優しく包み込む「おふくろさん」とでも言えばよい!? ユーザーの声を見ると燃費も良好とのこと。さらにXTでも100万円少々という価格も魅力!

「Vストローム650/XT」はこんな人にオススメ!=”どんな状況でも疲れず楽しく、そこそこのペースで長距離を走り続けたい人”



【SUZUKI V-STROM 650/XT ABS】([ ]内はV-Strom650 ABS) ■全長2275 全幅910(835) 全高1405 軸距1560 シート高835(各mm) 車重215(212)kg ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ645cc 最高出力69ps/8800rpm 最大トルク6.2kg-m/6300rpm 変速機6段リターン式 燃料タンク容量20L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=150/70R17 ●色:[XT]チャンピオンイエローNo.2/ブリリアントホワイト/パールビガーブルー×マットソードシルバーメタリック/グラススパークルブラック [STD]ブリリアントホワイト/グラススパークルブラック ●価格:[XT]100万1000円 [STD]95万7000円

Vストローム650|エンジン

今や希少となってしまった国産Vツインは、90度のバンク角を持ち、81✕62.6mmのボア✕ストロークから69ps/6.2kg-mを発生。1気筒あたり2本のプラグや2枚のスロットルバルブ(SDTV=スズキデュアルスロットルバルブ)などを備える。兄弟車のSV650同様、令和2年排出ガス規制(≒ユーロ5)にも対応している。 [写真タップで拡大]

Vストローム650|フレーム

トラクションコントロールはOFF/介入小/介入大の3パターンが選択可。発進時や低速走行時にエンジン回転数の落ち込みを緩和するローRPMアシストや、セルボタンのワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムなども搭載する。 [写真タップで拡大]

Vストローム650XT|

Vストローム650XT ABS(チャンピオンイエローNo.2) ●価格:100万1000円 [写真タップで拡大]

Vストローム650XT|

Vストローム650XT ABS(ブリリアントホワイト) ●価格:100万1000円 [写真タップで拡大]

Vストローム650XT|

Vストローム650XT ABS(パールビガーブルー/マッドソードシルバーメタリック) ●価格:100万1000円 [写真タップで拡大]

Vストローム650XT|

Vストローム650XT ABS(グラフスパークルブラック) ●価格:100万1000円 [写真タップで拡大]

Vストローム650|

Vストローム650 ABS(ブリリアントホワイト) ●価格:95万7000円 [写真タップで拡大]

Vストローム650|

Vストローム650 ABS(グラススパークルブラック) ●価格:95万7000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

スズキ Vストローム650の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ Vストローム650

スズキ Vストローム650

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 50価格種別 中古車 12

本体

87.67万円

価格帯 75.9~95.7万円

本体価格

本体

61.08万円

価格帯 46.99~70.39万円

諸費用

5.04万円

価格帯 8.7~8.75万円

諸費用

諸費用

4.38万円

価格帯 2.13~8.48万円

乗り出し価格

92.72万円

価格帯 84.6~104.45万円

乗り出し価格

乗り出し価格

65.46万円

価格帯 55.47~72.52万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース