第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

2019世界の新車総図鑑#10

スズキ V-ストローム/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデルをチェック

  • 2018/12/27

2019世界の新車総図鑑(スズキ)

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではスズキのV-ストロームシリーズ/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデル情報についてまとめた。

[新型]V-ストローム1000XT/アドベンチャー

キャストホイールであるV-Strom1000に、本格オフロード対応のワイヤースポークホイール装着車として設定されているのがXT。さらに’19USでは、このXTにアルミ製パニアケースやグリップヒーター、センタースタンドを装備した最上級仕様の“XTAdventure”が登場し、全3タイプが揃うこととなった。爽快なイメージを感じさせるブルー×ホワイト×グレーの新色は、XTとXT Adventure の双方に設定されている。

V-ストーム1000アドベンチャー(2019)

主要諸元 ■全長2280 全幅930 全高1470 軸距1555 シート高850(各mm) 車重233kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1037cc 101ps/8000rpm 10.3kg-m/4000rpm 燃料タンク容量20L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=110/80R19 R=150/70R17(諸元はXT)(写真色:パールビガーブルー×パールグレイシアホワイト[Adventure])

[新色]V-ストローム1000

90度リッターVツインを搭載したスズキのフラッグシップアドベンチャーは、’18のマイナーチェンジでIMUの搭載を受け、コーナリング時のブレーキングでもバンク角に応じたABSの作動が可能になったほか、フロントブレーキが一定圧以上入力されると自動でリヤブレーキ圧を発生させて車体姿勢を安定させてくれるようになった。’19ではこの’18から諸元かわらずビビットなレッドを新車体色としてスタンダードにラインナップしている。

V-ストローム1000(2019)

主要諸元 ■全長2280 全幅930 全高1470 軸距1555 シート高850(各mm) 車重232kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 1037cc 101ps/8000rpm 10.3kg-m/4000rpm 燃料タンク容量20L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=110/80R19 R=150/70R17(写真色:キャンディダーリングレッド)

[新色]V-ストローム650

SV650と同系のVツインエンジンを持つV-Stromの次兄は、1000と共通の上下2灯のヘッドライトとLEDテールランプを採用。ウインドスクリーンは4本のボルトにより上下3段階の調整が可能となっている。スタンダードの’19モデルはブラック×ホワイトのツートンと、クチバシにシルバーグレーの差し色が入ったブラックの新色2つを用意。レッドも継続される。諸元まわりについては、’18モデルから変更なしだ。

V-ストーム650(2019)

主要諸元 ■全長2275 全幅835 全高1405 軸距1560 シート高835(各mm) 車重213kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 645cc 71ps/8800rpm 6.3kg-m/6500rpm 燃料タンク容量20L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=110/80R19 R=150/70R17(写真色:グラススパークルブラック)

[新型]V-ストローム650XT/ツーリング

XTは、本格オフ対応のワイヤースポークホイールやアドベンチャーイメージを高めるエンジンアンダーカウル、それに手元への風を防いでくれるナックルカバーを標準装備。’19USではこのXTにパニアケース、ガード類、センタースタンドをあらかじめ装着した“Touring”も新たにラインナップされている。カラーバリエーションについては、レッドやホワイトの新色に加え、イエローの従来色も継続となっている。

V-ストーム650ツーリング(2019)

主要諸元 ■全長2275 全幅910 全高1405 軸距1560 シート高835(各mm) 車重216kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 645cc 71ps/8800rpm 6.3kg-m/6500rpm 燃料タンク容量20L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=110/80R19 R=150/70R17(諸元はXT)(写真色:キャンディダーリングレッド)

[モデルチェンジ]SV650X

近年のネオレトロブームにスズキが送り出した第1弾が、SV650をカフェレーサー風にしたSV650Xで’18デビュー。ビキニカウルやセパレートハンドル、タックロール入りのブラウンシートが奢られ、軽快なスポーツモデルに仕上がっている。’19モデルではSTDと同じくマフラー位置やブレーキにマイナーチェンジ。新色としてホワイト×ブラックのツートンカラーに赤いラインを差し入れてシャープにまとめたものがリリースされている。

SV650X(2019)

主要諸元 ■全長2140 全幅730 全高1090 軸距1445 シート高790(各mm) 車重198kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 645cc 76ps/8500rpm 6.5kg-m/8100rpm 燃料タンク容量14.5L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=160/60ZR17(写真色:グラススパークルブラック×パールグレイシアホワイト)

[モデルチェンジ]SV650

スズキが長年熟成を重ねてきた90 度Vツインを搭載するベーシックネイキッド。’19ではバンク角を増やすためにマフラー位置を変更。さらにTOKICO製フロントブレーキキャリパーを従来の片押し2ポットから対向4ポットにあらためて制動力をアップするマイナーチェンジが行われている。初の採用となる青のトラスフレーム×黒と、青フレーム×ホワイト、それに赤フレーム×グレーの新色が’19では用意されている。

SV650(2019)

主要諸元 ■全長2140 全幅760 全高1090 軸距1445 シート高785(各mm) 車重198kg ■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 645cc 76ps/8500rpm 6.5kg-m/8100rpm 燃料タンク容量14.5L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=160/60ZR17(写真色:グラススパークルブラック×パールグレイシアホワイト)

[新色]ハヤブサ

’19ではユーロ4対応となるモデルチェンジは行われず、’18モデルからの仕様変更はなしとなっている。カラーチェンジのみとなり、ツヤのある灰色にコンストラストの効いた赤をロゴとホイールにあしらった「メタルオールトグレイNo.3」と、黒を基調とした「グラススパークルブラック」の2色をUSスズキから展開。日本の排ガス基準はユーロ4とほぼ同等だが、’18USモデルはモトマップが逆輸入している。

ハヤブサ(2019)

主要諸元 ■全長2190 全幅735 全高1165 軸距1480 シート高805(各mm) 車重266kg ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1340cc 馬力・トルク未発表 燃料タンク容量21L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=190/50ZR17(諸元はUS)(写真色:メタルオールトグレイNO.3)

※ヤングマシン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)