第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スズキSV650X [’22後期 新型バイクカタログ]:ビキニカウル装備のVツイン優等生カフェ

スズキSV650X

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月12日

スズキSV650X 概要

STDのSV650に対し、サイドスリット入りビキニカウル/セパレートハンドルタックロール入り専用ツートーンシートが与えられ、カフェレーサースタイルにまとめあげられたVツインスポーツモデル。’22モデルで新排出ガス規制に適合した。メーターは6段階の輝度調整が可能なモノクロLCDで、速度計/タコメーター/オド&トリップ/ギヤポジションほかがきれいにレイアウトされている。電子制御については、発進時や低回転走行時のスムーズさを補助するローRPMアシストと、ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムを装備。車体色は’21モデルの継続で、ゴールドフレームとマフラーまで漆黒でまとめあげたボディの対比がシックなグラススパークルブラックの1色設定だ。

’22 スズキSV650X:排ガス規制適合。まだまだ行くぜ

主要諸元

スズキSV650X

【’22 SUZUKI SV650X】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 72ps/8500rpm 6.4kg-m/6800rpm ■車重199kg シート高790mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:グラススパークルブラック ●価格:84万7000円 [写真タップで拡大]

エンジン

スズキSV650X

【いまや貴重な国産Vツイン】エンジンは今では数少なくなった国産Vツイン。バンク角90度で扱いやすさや素性の良さは定評が高く、Vストローム650にも採用される。ユーロ5にも対応し、当面安泰だ。※写真は旧モデル [写真タップで拡大]

主要装備

スズキSV650X

縦スリットがレーシーなビキニカウルを装備。ヘッドライトやウインカーはハロゲンバルブを継続している。※写真は旧モデル [写真タップで拡大]

スズキSV650X

スリムなメーターはホワイトのバックライトを持つモノクロ液晶タイプで、輝度調整が可能。中央にあるスピードメーターの右に、ギヤポジションインジケーターを備えている。※写真は旧モデル [写真タップで拡大]

スズキSV650X

タックロールが入り、ライダー側とタンデム側で色の異なる専用のツートーンシートを採用。クラシカルな雰囲気を大きく高めている。シート高はSTDより5mm高い設定だ。※写真は旧モデル [写真タップで拡大]

スズキSV650X

テールカウル自体は、STDモデルと同形状となるシャープなもの。高い被視認性と耐久性を備えるLEDテール&ストップランプを横に2つ並べてレイアウトしている。※写真は旧モデル [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース