スズキSV650X[新型バイクカタログ]:欧州では’21でユーロ5に対応済み

SV650X 概要

STDのSV650にビキニカウル/ローダウンハンドル/タックロール入りの専用シートが与えられ、カフェレーサー調のスタイルとなったバリエーションモデルだ。’21は金フレームにマフラーエンドやステッププレートまで漆黒でまとめたボディカラーの1色を新色として設定。日本仕様に先行して’21欧州仕様ではユーロ5対応とそれに伴う触媒大型化やホースの一部取りまわし変更が行われている。

’21 SV650X

'21 スズキ SV650X|グラススパークルブラック(YVB)

【’21 SUZUKI SV650X】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 76.1ps/8500rpm 6.5kg-m/8100rpm ■車重197kg シート高790mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:グラススパークルブラック ●価格:82万9400円 ●発売日:’21年1月28日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ SV650X|スピードメーター
[写真タップで拡大]

扇型の液晶メーターを採用。バーグラフ型タコメーターやギヤポジション表示を持つ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

SV650Xに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ヘリテイジクラス【新生Zをヒットさせたカワサキがメグロを再始動】

世界的なブームが当分終わりそうにないヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズとマッチする。’21も老舗メグロの復活やCB1300のユーロ5対応、人気のZ900RSも上級仕様SEが発表されるなど話題は豊富だ。 ヘリテイジブームはますます盛んになりそうだ 今や世界的な潮流となった、往年の名車たちを現代の最新技術で復刻していくヘリテイ […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス〉KATANA etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型ヘリテイジ 最新潮流解説 KAWASAKI:Z900RS/カフェ|メグロK3|W800シリーズ SUZUKI:KATANA|SV650X HONDA:CB1300SF/SB|CB1100/EX/RS YAMAHA:XSR900|XSR700 KATANA:鮮烈なレッドの限定100台は完売御礼[新色] 日本刀をイメージした革新スタイルでバイクの歴史を大きく […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。 大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場 最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味の […]

スズキの名作Vツインスポーツ「SV650、SV650X」にブラック×ゴールドほか新色! 1/28発売

スズキは、645ccのV型2気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツ「SV650」および「SV650X」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。ニューカラーは黒×金などがラインナップされ、それぞれフレーム色も専用とされた。発売日は2021年1月28日。 「SV650 ABS」は3色、「SV650X ABS」は1色が登場 スズキは、国産ミドルクラスでは稀少な存在となったVツインエンジ […]

スズキの名作Vツインスポーツ「SV650、SV650X」にブラック×ゴールドほか新色登場!

スズキは、645ccのV型2気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツ「SV650」および「SV650X」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。ニューカラーは黒×金などがラインナップされ、それぞれフレーム色も専用とされた。発売日は2021年1月28日。 「SV650 ABS」は3色、「SV650X ABS」は1色が登場 スズキは、国産ミドルクラスでは稀少な存在となったVツインエンジ […]

今や貴重な国産Vツインスポーツ! スズキ「SV650、SV650X」に2020年モデル新色が登場

645ccの90度Vツインエンジンをトレリスフレームに搭載し、スタンダードスポーツとして人気のSV650と、セパレートハンドルやヘッドライトカウルでカフェレーサースタイルに仕立てた兄弟車のSV650Xが2020年モデルとしてカラーチェンジを受けた。ともに価格据え置きで、発売日は2020年3月18日だ。 名機と名高い650Vツインエンジン搭載のロードスポーツ 1999年に登場し、欧州で大人気となった […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#4/4〉スズキ ヤマハ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。本ページではスズキからは’19年に復活し世間を賑わせたKATANAとVツインのSV650X、ヤマハのXSR900/700を紹介する。 スズキ KATANA:令和に鍛造されしモダン新”刀” 切っ先鋭いノーズや角型ヘッドライト、サイドに刻まれたエッジなど […]

2019新車走評:国産ヘリテイジスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05]

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。国産勢は、往年の名車をモチーフにした車両が多い。ロングセラーのCB1300をはじめ、近年はZ900RSが大ヒットを記録。’19年は新生カタナがデビューし、注目を集めている。外国車勢に比べ、総じて現代的に洗練されており、高性能な走りが特徴的だ。 中身はスポーツ車が主流。テイスト系もしっかりアリ 見た目は懐古 […]

令和に買いたい!【650/750/900ネイキッド MT-09/07、CB650R、Z650、SV650、etc】2019ニューモデル大集合

ヘリテイジ系と真逆の現代的かつ過激なルックスを持ち、SS由来の強心臓を搭載するモデルも多数――。「ストリートファイター」や「スーパーNK」と呼ばれるマシンが居並ぶリッターネイキッドが幅を利かせてきた中、2014年に登場したMT-09がダウンサイジングの流れを決定的に。そのMT-09の最新型をはじめ、オーバー600cc~アンダー1000ccの間に魅力的なモデルが揃う。 レースレギュレーションに縛られ […]

令和に買いたい!【ヘリテイジスポーツ CB1100、W800、CB1300、SV650X】2019ニューモデル大集合

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、国産でも各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックはカタナだったが、一方で空冷エンジンのまま復活を遂げたW800も根強いファンから歓迎を受けている。CBシリーズは国産ビッグネイキッドの生き残りとしてヘリテイジ入りを果たした。 ロングセラーモデルに時代が追いついた? 1992年に登場した […]

スズキSV650Xの試乗インプレッション【ブレーキ変更でもっと自在に!】

SV650にセパレートハンドルを装着し、ビキニカウルでカフェレーサーらしく仕立てたのがSV650Xだ。2019年型となって、従来型と変わっているのはシートレザーとマフラーカバー、フロントブレーキキャリパーの3点のみ。だがʼ19年型SV650Xは、予想外の躍進を遂げていたのだ。 TEXT:Tomohiko NAKAMURA PHOTO:Toru HASEGAWA 変更点はわずかでも、明確な進化が実感 […]

スズキ SV650 ABS/SV650X ABSの2019年モデルは1月後半発売

650cc V型2気筒(Vツイン)エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク・スズキ「SV650 ABS」と、SV650ベースでカフェレーサー的な外観を纏ったネオレトロ「SV650X ABS」の2019年モデルが発表された。カラーリングやマフラーカバー等に変更が施され、1月後半に発売される。 SV650 ABS:軽快・俊敏・扱いやすいロードスポーツ 「SV650 ABS」の最大の特徴は、 […]

スズキ V-ストローム/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデルをチェック

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではスズキのV-ストロームシリーズ/SV650シリーズ/ハヤブサの2019年モデル情報についてまとめた。 [新型 […]

日本でも発売?! 650版 KATANA(カタナ)となるSV650/X 短刀(Tantō)の価格が発表に

2018年10月の独インターモトショーに出品されたSV650/X 短刀(Tantō)の正式リリースが製造元のS2 CONCEPT(フランス)から配信された。各パーツの価格も記載されており、製品化が完了。また、この短刀には日本の販売業者も興味を示しているという。 ↓その後、Webikeが取り扱いを開始↓ S2 Concept S2コンセプト:TANTO TOP FAIRING KIT 9万2150円 […]

インターモトショーで650版 KATANA(カタナ)となるSV650X短刀(Tantō)が公開

2018年10月2日、独インターモトショーでスズキが2019新型KATANA(カタナ)を正式発表したのは周知の通り。さらに、別のブースでは新たなKATANAが出品されていた。 排気量は645㏄でKATANAではなくTantō インターモトショーの会場には、メーカーの新車だけでなくカスタム車両やバイク用品も展示されており、フランスのS2 CONCEPTが出品していたのがこれ。645㏄Vツインエンジン […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報