マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国内販売業者とも接触

日本でも発売?! 650版 KATANA(カタナ)となるSV650/X 短刀(Tantō)の価格が発表に

2018年10月の独インターモトショーに出品されたSV650/X 短刀(Tantō)の正式リリースが製造元のS2 CONCEPT(フランス)から配信された。各パーツの価格も記載されており、製品化が完了。また、この短刀には日本の販売業者も興味を示しているという。

アッパーカウルはフランスで899ユーロ(約11万7000円)

1980年代のGSX1100S KATANAをモチーフにしたスペシャルモデルを製作することは、S2コンセプトのスタッフが何年も温めていたアイデアだったが、それがSV650Xの販売促進のオファーに応える形で実現したという。短刀(Tantō)については、武士が混戦で用いる武器として紹介されており、モチーフとなったGSX1100S KATANAの半分程度の排気量から小回りが利くモデルとして命名されたと思われる。今回配信されたリリースには各パーツの価格も記載されており、塗装済みのアッパーカウルは899ユーロ(約11万7000円、カウル&メータステー、スクリーン、ヘッドライト込み)と判明。これだけのイメージチェンジを果たすのであれば、決して高くはないだろう。カウルはすでにS2 CONCEPTのオンラインストアで発売しており、海外からでも購入可能ということだ。また、このSV650/X 短刀(Tantō)が出品されたインターモトショーでは、複数の日本の業者とも接触があったとS2 CONCEPTの担当者は話しており、交渉がまとまれば国内正規販売の可能性もあるだろう。 ※ここで記載している価格はフランス国内の税込価格となります。

【S2 CONCEPT SV650/X 短刀(Tantō)】SV650Xをベースにカタナルックに仕上げたカスタム車。前回の発表時は、「SV650 短刀(Tantō)」としていた車名は「SV650/X 短刀(Tantō)」に改められた。デモ車はセパハン化されたXのハンドルまわりをそのまま活用しているが、パイプハンドルのSV650にも対応するという事だろう。

【CARÉNAGE AVANT TANTō 価格:899ユーロ(約11万7000円)】短刀のアッパーカウルはアルミ製のサブフレームを用いたフレームマウント方式なので、ベースのSV650/X よりもハンドル操作が軽くなるだろう。さらに防風効果も期待できる。サブフレームはラジエーターの側面をカバーし、Fウインカーの取り付けベースも兼ねている。

【SABOT MOTEUR NOIR 価格:315ユーロ(約4万円)】アンダーカウルもカタナルックのアッパーカウルに合わせて製作。黒仕上げにステッカー(別売り)を貼り付けている。

【KIT DÉCO GARDE BOUE + SABOT 価格:72ユーロ(約9300円)】ステッカーキットは写真のフロントフェンダーとアンダーカウルのセットで販売。ペイントしなくてもSV650Xの欧州純正色にマッチする。

他にもEXANのステンレス製スリップオンサイレンサー(399ユーロ、約5万2000円)やフェンダーレスキット(99ユーロ、約1万3000円)、LEDウインカー(59~66ユーロ、約7600円~約8600円)なども装着している。

S2 CONCEPTが配信したリリース。フランスの製品だが漢字の「短刀」が正式名となる。

ニュース提供:S2 CONCEPT
「インターモトショーで650版 KATANA(カタナ)となるSV650短刀(Tantō)が公開」記事はこちらへ。
「【正式発表】スズキが2019年新型KATANA(カタナ)をインターモトショーで初公開」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018