KATANA、SV650X、XSR900/700

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#4/4〉スズキ ヤマハ

  • 2020/3/6
’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#4/4〉スズキ ヤマハ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。本ページではスズキからは’19年に復活し世間を賑わせたKATANAとVツインのSV650X、ヤマハのXSR900/700を紹介する。

●文:沼尾宏明、宮田健一
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

スズキ KATANA:令和に鍛造されしモダン新”刀”

切っ先鋭いノーズや角型ヘッドライト、サイドに刻まれたエッジなど、日本刀をイメージした革新スタイルで、二輪史に名を刻んだ初代GSX1100Sカタナ。’00年に生産終了した後、そのフォルムと車名を19年ぶりに甦らせたマシンがこの「KATANA」だ。”Forginga New Street Legend(新たなるストリートの伝説を鍛造する)”をコンセプトに、初代を思わせる横長の角眼LEDヘッドライトやボリュームのあるタンクなどをアレンジして採用。ベース車はGSX-S1000で、148psの心臓部やφ43mm倒立フォーク+ブレンボ製ラジアルキャリパー、3パターン+オフのトラクションコントロールほかスポーティな装備を踏襲する。’19年5月の発売以来人気を呼び、この年を代表する1台となった。

スズキ KATANA

【’19 SUZUKI KATANA】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 148ps/10000rpm 10.9kg-m/9500rpm ■215kg(装備) シート高825mm 12L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:154万円 ●販売中 [写真タップで拡大]

スズキ KATANA

メーターは現行GSX-R1000と共通ユニットに専用パネルを採用。キーONで”刀”ロゴが現れ、その部分に多彩な情報を示す。弧を描くタコは初代カタナを思わせる意匠だ。パネルは輝度調整も可能。 [写真タップで拡大]

スズキ SV650X:Vツインのカフェレーサー

1気筒あたり2本のスパークプラグを持つ90度Vツインを搭載したヨーロピアンネイキッドのSV650をベースに、ビキニカウルやセパレートハンドル、タックロールシートでドレスアップしたカフェレーサーモデル「SV650X」。フロントフォークにはプリロードアジャスターを備えており、好みに応じたサスセッティングが可能となっている。液晶メーターは6段階に輝度調整することができ、視認性に優れている。

スズキ SV650X

【’20 SUZUKI SV650X】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 76.1ps /8500rpm 6.5kg-m/8100rpm ■ 197kg(装備) シート高790mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●YM予想価格:76万6400円 ●発売予想時期:’20年春頃 [写真タップで拡大]

スズキ SV650X

バーグラフ式のタコメーターを上部に備える液晶デジタルメーターは、スピードメーター右横に大きくギヤポジションインジケーターを表示。 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR900:’20年モデルにラジカルホワイトが追加

伝統や遺産を意味する”ヘリテイジ”をテーマにしたXSRシリーズの長兄「XSR900」。MT-09の並列3気筒エンジンとフレームをベースに、ネオレトロ系の専用外装や独自セッティングのサスペンションを装備。そのサスペンションはMT-09よりも固められた設定で、オンロードスポーツらしい味付けとなっている。2段階+OFFのトラクションコントロールや3段階パワーセレクトのD-MODE、ABSといった電子制御機能を搭載。アシスト&スリッパークラッチも装備し、日常からワインディングまでファン&エキサイトメントな走りを可能にしている。容量14Lの燃料タンクはインナー方式でカバーを交換することで手軽に着せ替えカスタムが可能。ワイズギアから初代RZ250風にできるキットが発売されているほか、欧州仕様’20年モデルでは、初代RZの黒を彷彿とさせる新色の”80Black”が標準色として登場している。

ヤマハ XSR900

【’20 YAMAHA XSR900】水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 845cc 116ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm ■195kg(装備) シート高830mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:106万1500円 ●販売中 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR900

カラーバリエーションはラジカルホワイトとマットグレーメタリックの2色。 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR900

欧州仕様では「80ブラック」の他に「ガレージメタル」も継続販売。こちらの2色については今のところ国内導入なし。 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR900

メーターは、丸形1眼のハウジング内に速度計やバーグラフ式回転計、トラコンやDMODE表示などが豊富に詰め込まれている。 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR700:国内’20モデルを発表

MT-07譲りの並列2気筒エンジンを搭載したXSRシリーズのミドルモデル「XSR700」。国内仕様として設定されているXSRシリーズは、900とこの700の2モデルだ。700は日常ユースを中心としたカジュアルなライダーをターゲットに、FIとABS以外の電子制御を排したシンプルな構成でまとめられた軽快マシン。3000~6500rpmの実用域での粘り強いトルクを重視したセッティングで、特に4~6速使用時はギヤレシオとの相乗効果で扱いやすさ、楽しさ、コントロール感をもたらしている。海外ではスクランブラースタイルにカスタマイズされたXTributeもラインナップ。さらに欧州仕様’20では、往年のレーサーカラーを模した新色が発表されている。

ヤマハ XSR700

【’20 YAMAHA XSR700】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 688cc 73ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm ■186kg(装備) シート高835mm 13L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:白、マットグレー ●価格:91万6300円 ●発売日:’20年5月28日 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR700

カラーバリエーションは、「ダイナミックホワイト」と「マットグレーメタリック3」の2色。 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR700

700のメーターデザインは900と同系で、こちらの液晶は通常表示となっているほか、トラコンやD-MODEなど電子制御システムのモード表示が省略されているのが違いとなっている。 [写真タップで拡大]

関連するアーカイブ

最新の記事

固定ページ:

1

2