造り続けてヘリテイジとなるCB1300、そして国産空冷も見逃せない

令和に買いたい!【大型ヘリテイジスポーツ-02】2019ニューモデル大集合 #07

  • 2019/5/8

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、国産でも各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックはカタナだったが、一方で空冷エンジンのまま復活を遂げたW800も根強いファンから歓迎を受けている。CBシリーズは国産ビッグネイキッドの生き残りとしてヘリテイジ入りを果たした。

ロングセラーモデルに時代が追いついた?

1992年に登場したホンダCB1000スーパーフォアは、CBR1000Fというハイスピードツアラーのエンジンを転用したビッグネイキッド。前後18インチホイールを装着したこの大柄なマシンにはモチーフがあり、それは1981年~1983年に限定生産されたCB1100Rという最速の市販公道レーサーだった。その力強い造形の燃料タンクをオマージュしつつ「乗れるものなら乗ってみろ」と言わんばかりの威風堂々の車体と、ツボを押さえた乗り方ができれば意外なほどの俊敏さを発揮するという二面性から人気を呼び、その後のジャパニーズビッグネイキッド隆盛の原点となった。

現在のCB1300スーパーフォアは、2003年にフルモデルチェンジしたCB1300SFがベース。初代CB1000SFのイメージを最大限に尊重しつつ、よりシャープなデザインと扱いやすい特性が与えられ、2005年にスーパーボルドールが加えられたのちは熟成を繰り返しつつ現在に至っている。これが国産ヘリテイジスポーツの原点と言うこともできるが、造り続けたがゆえにヘリテイジの仲間入りを果たしたととらえることもできるだろう。

同じくホンダのCB110系は、CB1300のクランクケースをベースとしながら、今の時代にあえて空冷4気筒を復活させた意欲作だった。その後もバリエーションを展開しつつ人気モデルの地位を獲得し、現在はユーロ4にも対応する唯一の空冷直4ネイキッドとして君臨。他のヘリテイジスポーツは1000cc未満のものが多いなか、CB1300とともに旧き良き威風堂々路線を体現し続ける。

復活を果たしたW800は、空冷並列2気筒エンジンを搭載。1999年に発売されたW650がベースとなっており、美しいベベルギヤによるカムシャフト駆動などが引き継がれている。最新型ではユーロ4に対応したほか、ABSの標準装備とともにリヤブレーキのディスク化、フロントホイールの19→18インチ化などが施された。ストリートとカフェの2本立てとなったのもトピックだ。

水冷Vツインを搭載するSV650Xは、ネイキッドスポーツのSV650をベースにカフェレーサー仕立てとしたもの。味わいと扱いやすさで名機と言われるエンジンは健在で、セパレートハンドルの獲得に加え、’19年のマイナーチェンジでフロントブレーキキャリパーが変更されたことにより、気持ちのいいスポーツ性に磨きをかけている。

ホンダ CB1300スーパーフォア/SP・スーパーボルドール/SP:日本製ネイキッドの代表格、歴代初のSP仕様も誕生

’92年登場のCB1000SF以来、威風堂々とした体躯と「感動性能」のコンセプトを貫く。SFは、丸眼ライトに砲弾型メーター、リヤ2本サスという和製スタンダードのスタ イルを継承。ボルドールは適度に風を感じながら巡航できるハーフカウル仕様だ。豪快な加速を示す1284cc直4は、25周年の’18年型で新度排ガス規制に対応しながら、9ps増を達成。アシストスリッパークラッチのほか、ETC車載器、グリップヒーターなど装備も充実した。さらに’19モデルでは、オーリンズと共同開発した前後サスを備える初の「SP」を投入。より上質かつスムーズな走りを見せる。

【HONDA CB1300 SUPER FOUR SP/CB1300 SUPER BOL D’OR SP 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1284cc 110ps/7250rpm 12.0kg-m/5500rpm 268kg 21L シート高790mm ※諸元はSF SP ●価格:185万1120円[SF SP]/195万9120円[SB SP]

SPの正立フォークは伸/圧側とも20段階の調整が可能。さらにラジアルマウント化でCBR1000RR SPと同じブレンボキャリパーを奢る。

リヤはフル調整式で20段階式の圧側アジャスターを装備。シート高は+10mmとなる。

STDはショーワ製の前後サスを採用。こちらも作動性と乗り心地は十分優秀だ。’19では重厚感のあるブラックを新設定。赤×白は継続となる。

[CB1300 SUPER FOUR]

[CB1300 SUPER FOUR]

[CB1300 SUPER BOL DO’R]

[CB1300 SUPER BOL DO’R]

ホンダ CB1100/EX/RS:今や貴重な空冷直4を搭載、質感が一段とアップした

水冷直4のCB1300に対し、美しいフィンが並ぶ空冷直4や懐古的なスタイルを与えたネイキッド。厚いトルク感や野性的なサウンドで鷹揚な走りを追求している。’17で設定されたEXとRSは、溶接痕のないフランジレスタンクや各部の高級感のある仕上げが自慢だ。’19では、両者に金属の質感を最大限に引き出したアルミ製エアクリーナーカバーを採用し、新色も投入。細身タンクのSTDは、タンク容量を14→17Lに増量。他のグレードと同様、スムーズな減衰力特性のショーワ製SDBVフォークを獲得した。

【HONDA CB1100EX 2019】主要諸元■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm 255kg 16L シート高780mm ●価格:133万8120円

[CB1100EX]●価格:133万8120円

[CB1100RS]●価格:137万8080円 スポーツ仕様となるRSは、ヘアラインを施した黒アルマイトのサイドカバーを新採用。車体色を一新し、タンク上面にストライプを配置した。黒は各部をブラックで統一。

[CB1100RS]

[CB1100RS]

[CB1100]●価格:123万1200円

カワサキ W800ストリート/カフェ:Wの魂を現代に伝える1台、ビキニカウル仕様もデビュー

往年のW1やW3を思わせる、シリンダー直立の空冷バーチカルツインを有するW800。’16年に生産終了したが、’19モデルで見事復活する。心臓部は773ccの排気量と空冷のままユーロ4の排ガス規制に適合。スチールフレームは、新設計でガセットやブラゲットを簡略化し、軽さと美観を両立した。足まわりは、リヤブレーキをドラム→ディスクとしてABSを備え、フロントを19→18インチに変更。LEDヘッドライトとアシストスリッパークラッチも獲得した。STDは「W800ストリート」を名乗り、ビキニカウルをなど備えた「W800カフェ」を追加。

【KAWASAKI W800 CAFE 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm 223kg 13L シート高790mm ●価格:111万2400円

[CAFE]カフェはニーパッドとシングル風シートも特徴だ。

[CAFE]低く構えたスワローハンドルは幅も狭く、コンパクトなライディングポジションを実現。

[STREET]ストリートはワイドなアップハンドルを採用。こちらは従来のスタンダード版に相当する。 ●価格:99万3600円

[STREET]メーターの文字盤も異なり、カフェは白盤、ストリートは黒盤となっている。

スズキ SV650X:自在に振り回せる軽快カフェレーサー

自在に振り回せるSV650の魅力はそのままに、レトロテイストをプラス。ヘリテイジ感を演出するヘッドライトカウルやタックロールシート、低すぎないセパハンも専用設計だ。’19ではベース車と同様、Fキャリパーを2ポット→異形対向4ポットに変更し、新作のマフラーカバーを採用した。さらに茶×黒のツートンシートが導入され、レトロ感が増している。車体色は、欧州仕様に新色の白×黒を設定。国内仕様は銀が継続となる。

【SUZUKI SV650X 2019】主要諸元■水冷4ストV型2気筒 645cc 76.1ps 6.5kg-m 
197kg 14L シート高790mm ●価格:78万1920円

LCDメーターはSTDとの共通パーツで、6段階の輝度調整が可能。一般的な情報に加えて、瞬間/平均燃費や航続可能距離なども表示できる。

S2コンセプト SV650短刀:カタナ外装キットも登場!

GSX110Sカタナ風のアッパーカウルなどをSV650Xに装着したコンセプト車。昨秋、仏のカスタムビルダー=S2コンセプトが披露したモデルだが、早くも各パーツの製品化が完了。塗装済みアッパーカウルは10万9296円で国内でもネット通販が可能だ(カウル&メータステー、スクリーン、ヘッドライト込み)。

【S2コンセプト SV650短刀】

ホンダ CB1300スーパーフォアの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CB1300スーパーフォア

ホンダ CB1300スーパーフォア

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 54

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

61.56万円

価格帯 24.8~134.8万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

56.45万円

価格帯 43.07~92.8万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CB1300スーパーボルドールの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CB1300スーパーボルドール

ホンダ CB1300スーパーボルドール

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 70

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

74.28万円

価格帯 39.8~174.9万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

3.17万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

77.45万円

価格帯 50.95~125.2万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CB1100の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CB1100

ホンダ CB1100

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 47

本体

166万円

価格帯 166万円

本体価格

本体

69.21万円

価格帯 44.9~230万円

諸費用

13万円

価格帯 13万円

諸費用

諸費用

46.41万円

価格帯 11.15~12.86万円

乗り出し価格

179万円

価格帯 179万円

乗り出し価格

乗り出し価格

115.62万円

価格帯 57.76~241.15万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CB1100 EXの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CB1100 EX

ホンダ CB1100 EX

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 28

本体

126万円

価格帯 126万円

本体価格

本体

85.48万円

価格帯 69.9~122.8万円

諸費用

10万円

価格帯 10万円

諸費用

諸費用

8.89万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

136万円

価格帯 136万円

乗り出し価格

乗り出し価格

94.38万円

価格帯 84.8~103.96万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CB1100 RSの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CB1100 RS

ホンダ CB1100 RS

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 15

本体

130万円

価格帯 130万円

本体価格

本体

106.92万円

価格帯 99.9~115万円

諸費用

10万円

価格帯 10万円

諸費用

諸費用

13.03万円

価格帯 4.96~20.06万円

乗り出し価格

140万円

価格帯 140万円

乗り出し価格

乗り出し価格

119.96万円

価格帯 119.96万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ W800 STREETの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ W800 STREET

カワサキ W800 STREET

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 7 価格種別 中古車 1

本体

99.02万円

価格帯 96.98~99.36万円

本体価格

本体

102万円

価格帯 102万円

諸費用

7.1万円

価格帯 7.51~8.38万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

106.12万円

価格帯 105.36~106.87万円

乗り出し価格

乗り出し価格

102万円

価格帯 102万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

スズキ SV650Xの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ SV650X

スズキ SV650X

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 65 価格種別 中古車 9

本体

74.56万円

価格帯 59.83~82.8万円

本体価格

本体

66.73万円

価格帯 58.9~74.8万円

諸費用

0.05万円

価格帯 8.54~8.97万円

諸費用

諸費用

10.6万円

価格帯 6.79~10.7万円

乗り出し価格

74.61万円

価格帯 68.37~91.77万円

乗り出し価格

乗り出し価格

77.33万円

価格帯 69.6~81.59万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)