セパハン、黒、舘ひろし?!

インターモトショーで650版 KATANA(カタナ)となるSV650短刀(Tantō)が公開

2018年10月2日、独インターモトショーでスズキが2019新型KATANA(カタナ)を正式発表したのは周知の通り。さらに、別のブースでは新たなKATANAが出品されていた。

排気量は645㏄でKATANAではなくTantō

インターモトショーの会場には、メーカーの新車だけでなくカスタム車両やバイク用品も展示されており、フランスのS2 CONCEPTが出品していたのがこれ。645㏄VツインエンジンのSV650XにGSX1100S KATANAイメージのカスタムを施したSV650短刀(Tantō)で、HEADLIGHT FAIRING(ヘッドライトフェアリング)が装着されている。このフェアリングは車両にマウントするためのサブフレームやメーター装着用サポート、ヘッドライトがセットになったキットで、他にもレバーガードや各種ガード類、ステンレス製マフラーなどでカスタムされている。

【S2 CONCEPT SV650短刀(Tantō) 2018年インターモトショー出品車】SV650Xのステムからタンクにつながるカバーの造形を巧に採り入れてオリジナルカタナ風のアッパーカウルをマウント。セパハン化されたXのハンドルまわりはそのまま活用しているようだ。

【SUZUKI SV650X 2018年型欧州仕様】2017年10月の東京モーターショーで発表されたXの欧州専用カラーとなるグラススパークルブラック×メタリックオールトグレーNo.3がベースモデルだ。■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645㏄ 76.1ps/8500rpm 78万1920円(国内)

シートカウルはそのままだが無理なくカタナルックに

SV650Xをベースにカタナスタイルを製作する際のメリットは、セパハンがそのまま使えるという事と、V2エンジンの恩恵で車体がスリムなので往年の長細いタンクのイメージをそのままにスタイルを形作れる事、エアクリーナーボックスの位置があまり上に寄らないため横からのシルエットも自然に収まる、といったところだろうか。カタナ本来の並列4気筒エンジンではないが、これはこれで短刀としては十分見応えあり。ぜひ、日本でもキットを発売して欲しい。

右下がSV650Xのハンドルまわり。短刀のキットの内容にハンドルパーツはなかったので、ノーマルをそのまま活用しているようだ。あまり低すぎずちょうどいい高さとなっている。

タンクからアッパーカウルのラインも自然にフィッティングされており、テールまわりがSV650XのままでもGSX1100 KATANAの雰囲気が見事に再現されている。

【SUZUKI GSX1100 KATANA 1982年】参考までにこちらはインターモトショーのスズキブーズに展示されていた初代カタナ。短刀のレーシングスタンドを下ろせば、横のシルエットもよりオリジナルに近づくだろう。

「【正式発表】スズキが2019年新型KATANA(カタナ)をインターモトショーで初公開」記事はこちらへ。
「2019新型KATANA(カタナ)のローハンドルイメージはこうなる」記事はこちらへ。
「【動画】2019新型KATANA(カタナ)の解説と足つき&ライディングポジション比較」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事