第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

新たなカラーリングを纏って登場

スズキ SV650 ABS/SV650X ABSの2019年モデルは1月後半発売

  • 2019/1/11

SV650/SV650X

650cc V型2気筒(Vツイン)エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク・スズキ「SV650 ABS」と、SV650ベースでカフェレーサー的な外観を纏ったネオレトロ「SV650X ABS」の2019年モデルが発表された。カラーリングやマフラーカバー等に変更が施され、1月後半に発売される。

SV650 ABS:軽快・俊敏・扱いやすいロードスポーツ

「SV650 ABS」の最大の特徴は、スリムで軽量な車体(装備重量197kg)により、街乗りからツーリングまで幅広い走行条件において、軽快で優れたハンドリング性能を楽しめること。645ccVツインエンジンに「ローRPMアシスト」機能が組み合わされ、発進・停車を繰り返す市街地走行での操作性を高めている。また、ワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」や、前後輪のホイールスピードセンサーにより車輪ロックを一定範囲で防ぐABSも標準装備されている。

今回の仕様変更では、ブレーキキャリパが従来の2ポットから異形対向4ポットに変更される。直径290mmフロントダブルディスクと直径240mmのリヤシングルディスクと相まって、より強力な制動力とスムーズなブレーキ操作性が発揮されるだろう。

スタイリングについては、”スリム&シンプル”のコンセプトにより、すっきりとしていて飽きのこないボディラインが美しい。新しいボディカラーは(#1)グラススパークルブラック/パールグレッシャーホワイト(#2)オールトグレーメタリックNo.3(#3)グラススパークルブラックの3色展開。新デザインのマフラーカバーも装着される。

SV650 ABS

SUZUKI SV650 ABS(2019)グラススパークルブラック/パールグレッシャーホワイト

SV650 ABS

SUZUKI SV650 ABS(2019)オールトグレーメタリックNo.3

SV650 ABS

SUZUKI SV650 ABS(2019)グラススパークルブラック

SV650X ABS:ネオレトロ直球勝負

ベースモデルのSV650に対し、カフェレーサースタイルの個性的なスタイリングを施した「SV650X ABS」。左右のスリットでアクセント付けしたヘッドライトカウルやセパレートハンドル、立体感を強めたタックロールシート、”SUZUK”文字入りの燃料タンクなど、レトロ感満載のデザインだ。

こちらのもベースモデルと同様に、4ポットのブレーキキャリパやマフラーカバーが変更。新たなカラーリングは、オールトグレーメタリックNo.3のボディにブラウン/ブラックのシートが組み合わされる1色展開だ。

SV650X ABS

SUZUKI SV650X ABS(2019)オールトグレーメタリックNo.3

SV650X ABS

SUZUKI SV650X ABS(2019)オールトグレーメタリックNo.3

SV650 ABSは1月23日、SV650X ABSは1月29日に発売される。

車名 SV650 ABS SV650X ABS
全長(mm) 2,140
全幅(mm) 760 730
全高(mm) 1,090
軸距(mm) 1,450
シート高(mm) 785 790
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°00´/106
車両重量(kg) 197
エンジン型式 水冷4サイクルDOHC4バルブV型2気筒
総排気量 (cc) 645
内径×行程(mm) 81.0×62.6
圧縮比 11.2
最高出力(ps/rpm) 76.1/8,500
最大トルク(kgf・m/rpm) 6.5/8,100
燃料タンク容量(L) 14
変速機形式 常時噛合式6段リターン
ブレーキ前 油圧式ダブルディスク(ABS)
ブレーキ後 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ前 120/70ZR17
タイヤサイズ後 160/60ZR17
車両本体価格(税込) 73万8,720円 78万1,920円

※情報提供:スズキ

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)