2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス

ユーロ5対応とともに電脳進化が進む大型ネイキッドクラス。’21年はGSX-S1000がフォルムも未来を先取したかのようなサイバーな雰囲気になって新生。MT-09&07兄弟もモノアイのニューフェイスで国内登場した。迎え撃つ既存モデルも熟成にて勝負を挑む。

スズキとヤマハの新作ネイキッド対決に注目

フルカウルを持たず、むきだしのエンジンが存在を主張するネイキッドクラスは、どんな時代でも”バイクらしさ”を表現する王道のスタイル。アップライトなポジションは街中での取り回しも抜群だ。

そんなネイキッドだが、近年は往年の名車をオマージュした懐古的デザインのネオクラシックやヘリテイジと呼ばれるモデルが独立したカテゴリーに成長して確立。そのためか、先進的な電脳装備やスポーツ性能をセールスポイントとするネイキッドモデルは、逆に積極的に大胆なフォルムを取る傾向になっている。

そんな先進ネイキッドの最新トピックは、電脳時代にふさわしいメカメカしいフォルムで電撃発表されたスズキの新型GSX‐S1000だろう。大理石調の表面処理など演出面も新しい。ヤマハMT‐09&07兄弟もモノフォーカスのヘッドライトでこれまたサイバーな出で立ちに。好評のスーパーチャージャーネイキッド・カワサキZ H2は電子制御サスペンション装備の上級版SEを投入してクラスの限界を突破する。ホンダCB1000Rもボイスコントロール採用という独自の試み。いずれもアツい進化が進んでいる。

日本車大型ネイキッドクラスの最新潮流

  • GSX-S1000がマイナーチェンジ
  • 新型MT-09&07が発売
  • 好調Z H2に上級版SEが追加
  • CB1000Rがアップデート
  • Z900&650が’22新色披露
  • ネオクラジャンルが確立し、先進ネイキッドは大胆なフォルムに

日本車大型ネイキッドクラス ラインナップ

排気量751〜1000cc

排気量401〜750cc


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報