ホンダCB1000R[新型バイクカタログ]【熟成でより未来に近づくネオスポーツカフェ】

ホンダCB1000R 概要

先々代CBR1000RRをベースにした直4エンジンを独自のスチールバックボーンフレームに搭載するネオカフェスポーツ。’21ではFIセッティングの変更でユーロ5に対応したほか、外観を変更。LEDのヘッドライトは従来の丸形からスラントした馬蹄形となったほか、シートまわりもレールから変更。ホイールデザインも一新して軽快なイメージとなった、フルカラーとなったメーターはボイスコントロール機能も初採用。

’21 CB1000R

'21 ホンダCB1000R | マットバリスティックブラックメタリック

【’21 HONDA CB1000R】■水冷4ストDOHC4バルブ直列4気筒 998cc 145ps/10500rpm 10.6kg-m/8250rpm ■車重213kg シート高830mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:マットバリスティックブラックメタリック マットベータシルバーメタリック キャンディークロモスフィアレッド ●価格:167万900円 ●発売日:’21年3月25日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダCB1000R | マットベータシルバーメタリック
'21 ホンダCB1000R | キャンディークロモスフィアレッド

カラーバリエーションはマットバリスティックブラックメタリック/キャンディークロモスフィアレッド/マットベータシルバーメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]

'21  ホンダCB1000R | 5インチフルカラーTFTメーター
[写真タップで拡大]

【ボイスコントロールもOK】5インチのフルカラーTFTメーターは、スマホやインカムと接続して音声操作できるボイスコントロール機能も搭載。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB1000Rに関連する記事

ホンダCB1000R試乗インプレッション【電脳強化でより近未来的に】

ネオスポーツカフェをキーワードに、’18年に登場したホンダ新世代CBシリーズのフラッグシップ「CB1000R」。マイナーチェンジが施された’21モデルは、より流麗なイメージに進化するとともに、市販のインカムとスマホを連携させて各種操作を行うボイスコントロール機能も追加。これで価格据え置きは驚きだ。 マスの集中を感じる挙動。エンジンは音まで刺激的 CB900ホーネットの後継として&#82 […]

ホンダ公式限定カスタム!「CB1000R 5Four」がイギリスで突如発表された!

ホンダは英国で、カスタムビルダーである5Four モーターサイクルズのガイ・ウィリソンの手によるCB1000Rカスタム「CB1000R 5Four」を発表。クラシカルで粋なミニフェアリングやコンベンショナルなナンバープレートホルダーでガラリと雰囲気を変え、1万6954ポンドで発売される。 2019年にCB1100RS 5Fourを製作したビルダーの目に留まったのは…… 2021年モデルでスタイリン […]

ユーロ5対応完了のCB1000R、いよいよ派生車展開を発動するのか?!〈YM未来予想〉

派生機種の増加でコスパ向上を切望! ’21モデルでユーロ5対応に進化したホンダCB1000R。せっかく作ったこのエンジンをCB-Rだけにしか使わないのはビジネス的に見ると非効率的。いずれは何らかの動きが出てくるはずだ。そもそもCB1000R自体が旧CBR1000RRのエンジンを使って生まれた派生モデル。そのCBRと言えば、それこそ完全新設計で生まれたばかりのCBR1000RR-Rの存在 […]

ホンダ新型「CB1000R」国内モデル、3/25に発売! デザインも進化して価格据え置き

ホンダは、欧州で先行発表されていた新型CB1000Rを国内でも正式発表。2021年2月20日よりWEBで公開される「ホンダモーターサイクルフェス2021」にも出展する。価格は据え置きとなり、2021年3月25日に発売する。 デザインはアグレッシブに進化し、欧州仕様ではユーロ5に適合している 2018年モデルとして登場した初代から初のモデルチェンジとなったホンダ「CB1000R」は、CBR1000R […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

ホンダ新型「CB1000R」国内モデル正式発表! デザインも進化して価格は据え置き

ホンダは、欧州で先行発表されていた新型CB1000Rを国内でも正式発表。2021年2月20日よりWEBで公開される「ホンダモーターサイクルフェス2021」にも出展する。価格は据え置きとなり、発売日は2021年3月25日。 デザインはアグレッシブに進化し、欧州仕様ではユーロ5に適合している 2018年モデルとして登場した初代から初のモデルチェンジとなったホンダ「CB1000R」は、CBR1000RR […]

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得!

フェイスリフトでTFTカラー液晶も ネオスポーツカフェのフラッグシップモデル・CB1000Rの新型が欧州で発表。FIセッティングの変更でスムーズなパワーデリバリーの実現とユーロ5適合を果たしたほか、スタイルも一新。LEDヘッドライトは従来の直立丸型からスラントした涙滴型へと変更。サブフレームやホイールデザインも一新された。またメーターはTFTフルカラーとなり、スマートフォン接続によるボイスコントロ […]

ホンダ「レブル1100、X-ADV、CB1000R、NC750X、PCX、CB125R、グロム」を国内販売!

ホンダは欧州やアメリカで2021年モデルを続々と発表したが、これらの中から今後国内で販売を予定しているモデルを公式HPで紹介した。タイと欧州で最初に発表された「GROM」から、正式発表間もない「REBEL 1100」まで、一挙に7機種。正式発表が待ち遠しい! 海外発表済みの2021年モデルより国内販売予定車×7機種 ホンダは、公式HPにおいて2021年モデルとして国内販売を予定しているグローバルモ […]

ブラックエディション追加! ホンダ新型「CB1000R」スタイリング刷新で正式発表

ホンダは欧州で、ネオスポーツカフェのフラッグシップモデル「CB1000R」の新型モデルを発表した。エンジンはユーロ5に適合し、全体にシェイプアップを受けたほかスマートフォン接続のボイスコントロール機能も備える。新登場の特別仕様“ブラックエディション”もクールだ。 ユーロ5にはFIセッティングのみで適合、デザインはさらにアグレッシブに 2018年モデルとして登場した初代から初のモデルチェンジとなった […]

ホンダ新型CB1000Rのティーザー開始! 正式発表は11月10日、全面的に手が入る?

ホンダは欧州において新型CB1000Rのティーザー映像を展開開始。マシンのスタイリングはかなりの部分をきちんと見せており、そこからは、かなり大きく手が入ったモデルチェンジであることが見て取れる。正式発表は2020年11月10日だ! エキパイもヘッドライトも、シートもホイールも違う! ホンダのリッターネイキッドスポーツ「CB1000R」に新型が登場する! エンジンはCBR1000RR系の並列4気筒エ […]

ホンダCB1000RベースのCBR1000R/CB1000Xに期待【バイク近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ホンダが軽量&パワフルな直4ネイキッド・CB1000Rをベースに多彩なジャンルに展開すると予想する。 手頃な価格で多くのニーズへ。CB1000Rがさらに分身?! 軽量パワフルな […]

ホンダCB-Fコンセプト詳説#2/3【ベース車CB1000Rの高いポテンシャル】

’20年のホンダWEBモーターサイクルショーで初公開された、CB750Fモチーフの現代版「CB-Fコンセプト」。そのベース車となるホンダCB1000Rとはどんなマシンなのか、あらためておさらいする。 ベース車CB1000R:軽くてキビキビ走る、裸のファイヤーブレード CB1000Rは、いかにもホンダらしい正統派のスポーツネイキッドだ。’04初代CBR1000RRベースの水冷 […]

’20新作カスタムスタイル〈アクティブ〉×4モデル【KATANA etc.】

KATANAカスタム:令和にふさわしいハイスペックカタナ 往年のスタイルをオマージュしつつ、新しさを兼ね備えた令和のカタナを具現化した。Moto2やJSBで採用されるブレーキやホイール技術、ボルトオンで装着できる専用パーツ群などを用い、車両全体での調和を追求しカスタマイズされている。切れ味鋭いストリートファイターだ。 カワサキZRX1200ダエグカスタム:ハイパープロを追加し今なお進化が続く アク […]

「CB-Fコンセプトはアリ? ナシ?」CB750F/CB900Fに熱狂した男・丸山浩に聞く

昭和40年世代を直撃する「CB-Fコンセプト」がホンダのバーチャルモーターサイクルショーで公開されて話題に。そこで、CB750F/900Fがバイクの免許を取るきっかけになったという熱き“F”ファンである丸山浩に、実際のところアリなのかナシなのか、聞いてみた。 丸山浩は100%受け入れる! 当時の“F”を知らない世代にも刺さるのでは ホンダが4月27日から公開している「バーチャルモーターサイクルショ […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第2弾追加×14台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデル・追加第2弾として、ホンダ、CB1000R、ヤマハ MT-09 ABS、XSR900 ABS、トレーサー900 ABS/GT ABS、スズキ GSX-R125ABS、GSX-S125 ABS GSX-S1000F ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S750 ABS、ハーレーダビッドソン ファットボーイ30周年記念モデル、ロードグラ […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報