骨太な従来型から艶っぽく変身

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得!

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得

●車両別アーカイブ:ホンダ CB1000R

フェイスリフトでTFTカラー液晶も

ネオスポーツカフェのフラッグシップモデル・CB1000Rの新型が欧州で発表。FIセッティングの変更でスムーズなパワーデリバリーの実現とユーロ5適合を果たしたほか、スタイルも一新。LEDヘッドライトは従来の直立丸型からスラントした涙滴型へと変更。サブフレームやホイールデザインも一新された。またメーターはTFTフルカラーとなり、スマートフォン接続によるボイスコントロールシステムも搭載され、さらに未来に近付いた。

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得

【’21 HONDA CB1000R】■水冷4 スト並列4気筒DOHC4 バルブ998cc 145ps/10500rpm 10.6kg-m/8250rpm ■装備重量212kg シート高830mm 燃料タンク容量16L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●予想価格:170万円前後 ●予想発売時期:’21年2月 ※写真/諸元は欧州仕様 [写真タップで拡大]

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得

【より艶っぽいパーツアレンジに】骨太感が際立っていた従来型(左)から、ラジエターシュラウドへと流れるようなティアドロップ型ライト、新形状のサブフレームで一体感が強まった新型のスタイル(右)。ナンバープレートホルダーも小型化された。 [写真タップで拡大]

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得
[写真タップで拡大]

【ティアドロップ型にスラント】新形状となったLEDヘッドライト。ウインカーはオートキャンセル式で、緊急制動時にストップランプが点滅するESS機能も備えている。

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得
[写真タップで拡大]

【ボイスコントロール付TFTカラー液晶】5インチTFTフルカラー液晶に進化したデジタルメーター。スマートフォンと接続してボイスコントロールする機能も新たに搭載された。

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得
[写真タップで拡大]

【サブフレームは形状変更】リデザインされたサブフレームはシルバーアルマイト処理されて、ハイライト演出。車体後方まわりの大きなアクセントとなった。

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得
[写真タップで拡大]

【よりアグレッシブな造形に】スポーク本数を減らしスーパースポーツ系と似たような形状とした新型ホイールで、速さ感やアグレッシブ感、そして鋭さ感が倍増。

新型ホンダCB1000Rはユーロ5適合。フェイスリフト&TFTカラー液晶も獲得
[写真タップで拡大]

【全身黒の特別車も】欧州仕様のカラバリは赤と銀、つや消し黒のほかに「The Black Edition」と名付けられた特別仕様も存在。こちらはフロントフォークインナーチューブもコーティングして何から何まで全身黒づくめとしたこだわりのモデルだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

●車両別アーカイブ:ホンダ CB1000R

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報