第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ ベンリィe:I/プロ [’22後期 新型バイクカタログ]:原付一種の電動ビジネススクーター

ホンダ ベンリイe:I/プロ

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年11月17日

ホンダ ベンリィe:I/プロ 車両概要

ベンリィe:シリーズは、電動スリーター・ジャイロe:と同様に、法人向けに販売/リースされている。原付一種区分のe:I(定格出力580W/積載30kg)と原付二種区分のe:II(定格出力980W/積載60kg)があり、それぞれにバスケット/大型キャリア/ナックルガード装備の「プロ」もラインナップされている。

’20 ホンダ ベンリィe:I

主要諸元

ホンダ ベンリィe:I|ロスホワイト

【’20 HONDA BENLY e:I】■交流同期電動機 定格出力0.58kW 3.8ps/3000rpm 1.3kg-m/2000rpm ■車重125kg シート高710mm ■タイヤサイズF=90/90-12 R=110/90-10 ●色:ロスホワイト ●価格:73万7000円 ●発売日:’20年4月 [写真タップで拡大]

動力装置

ホンダ ベンリィe:I|バッテリー

モバイルパワーパック(充電池)を横に並べて2個搭載する。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|バッテリー充電器

専用充電器で充電。ゼロから満充電になるまで4時間程度。 [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダ ベンリィe:I|フロントまわり

前後ともドラムブレーキだが、タッチは驚くほどソリッドで、利きもコントロール性も十分以上。見ないで乗ってディスクブレーキと言われたら信じるかもしれない。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|リヤまわり

モーターは原付一種のIと原付二種のIIでそれぞれEF07M(I)/EF10M(II)と型式が異なっているが、特性はほぼ同じだという。定格出力や最高出力の違いについては、制御によるものが大きいとのこと。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ ベンリィe:I|ヘッドライト

LEDヘッドライトを採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|ディスプレイ

シンプルでわかりやすいメーターには、充電残量が1%刻みで表示される。上の「READY」という緑のインジケーターは、スイッチONになっていてアクセルを回せば走る状態にあることを示す。音で判断できるエンジン車との違いを感じる部分だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|スイッチボックス

右スイッチにセルフスターター、左スイッチにその他。そしてセルスイッチと左手の前側のスイッチを同時押しすることでゆっくりとバックできる。電動モーターならではの転がり抵抗を考慮したのと、荷物を満載していても跨ったまま後退できたほうがよいという考え方に基づく。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|電源ソケット

スマートフォンなどを充電可能な電源ソケットも備えている。 [写真タップで拡大]

ホンダ ベンリィe:I|リヤキャリア

十分な積載能力のリヤキャリア。タンデムは想定していないというが、関係者によれば海外に展開することがあった際には考慮する必要があるかも……とのこと。 [写真タップで拡大]

’20 ホンダ ベンリィe:Iプロ

'21 ホンダ ベンリィe:Iプロ|ロスホワイト

【’20 HONDA BENLY e:I PRO】■交流同期電動機 定格出力0.58kW 3.8ps/3000rpm 1.3kg-m/2000rpm ■車重130kg シート高710mm ■タイヤサイズF=90/90-12 R=110/90-10 ●色:ロスホワイト ●価格:74万8000円 ●発売日:’20年4月 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース