E-ビーノ、PCXエレクトリック、ベンリィ e:…

’20新車バイク総覧〈国産車|電動バイク〉ヤマハ ホンダ

国産メーカーによる電動バイク展開は、某人気テレビ番組でおなじみヤマハの原付一種・E-ビーノと、リース専用の原付二種ホンダPCXエレクトリックというラインナップだったが、’20年からはビジネス向けにホンダの「ベンリィe:」と「ジャイロe:」が加わることになった。


●文:沼尾宏明、宮田健一 ※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

リース販売のみとなる「PCXエレクトリック」。着脱式のリチウムイオンバッテリーをシート下に2個収め、定格0.98kW&最大4.2kWのパワーを発揮して、一充電あたり41kmの走行距離を実現した。充電はプラグインと専用充電の2通りが行える。

【’19 HONDA PCX ELECTRIC】■モーター ■定格出力0.98kW ■1.8kg-m ■144kg ●リース専用車

シート下48V着脱式リチウムイオンバッテリーユニット×2をエネルギー源にモーターで駆動。

プラグインで約6時間、着脱充電は約4時間で満充電となる。

メーターにはバッテリー残量やシステムの出力制限モード突入、シート開閉なども表示。

ホンダ PCXエレクトリック:着脱式バッテリー×2のパワフル原付二種

ジャイロe:と同時に発表された二輪版「ベンリィe:」。フロントまわりのデザインは共通だがリヤまわりは大きく異なり、ナックルガード装備やフットブレーキなど細かな違いも。ACC電源ソケットの位置も異なっている。

ジャイロe:に先行して、’20モデルが市場に投入されることになった。法人向けとして原付一種の「ベンリィe: I/プロ」と原付二種の「ベンリィe: II/プロ」の4車種展開。プロには大型フロントバスケット、大型リアキャリア、ナックルバイザー、フットブレーキが標準装備される。

【’20 HONDA BENLY e: SERIES】●73万7000円〜 ●発売時期:’20年4月

関連するアーカイブ

最新の記事