ヤマハXSR700[新型バイクカタログ]:ユーロ5をクリアした’22モデルが欧州発表

XSR700 概要

先代のMT-07をベースとしたXSRシリーズの次兄で、ネオレトロなスタイルと扱いやすいエンジン&車体が融合したカジュアルなモデルだ。’21は兄貴分のXSR900と同様に’80年代ヤマハスポーツ車を模したラジカルホワイトと、バフがけのタンクカバーに赤ストライプを施してやはりクラシカルに仕上げたマットグレーが継続設定されていた。

欧州で発表された’22モデルはユーロ5をクリア、灯火類をLEDに刷新し、RZシリーズをモチーフとした2カラーをラインナップする。

’22 XSR700[欧州仕様]

'22 ヤマハ XSR700|ヒストリックホワイト

【’22 YAMAHA XSR700|EU MODEL】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 73.4ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm ■188kg シート高835mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:ヒストリックホワイト ヒストリックブラック ●国内版予想価格:調査中 ●国内版予想発売時期:調査中 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

'22 ヤマハ XSR700|ヒストリックブラック

【ブラックもRZ風!】ヒストリックホワイトとヒストリックブラックの2色を設定。青×白に加え、こちらのブラックも’80年代のRZを意識したカラーで、原点に忠実にゴールドホイールも採用する。 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 ヤマハ XSR700|エンジン

国内で’21年7月に発売された現行MT-07と同様、吸排気系の変更などでユーロ5をクリア。サウンドも魅力を増した。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ヤマハ XSR700|メーター

コーヒーカップ型燃料計が特徴的な丸1眼メーターは、新たに液晶を反転表示。手前だった取り付け位置を前方に変更したことでイメチェンにも成功した。 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ XSR700|ヘッドライト

新型で灯火類がフルLEDに。ヘッドライトは上下2分割式で、半円状のポジション灯も内蔵。フロントウインカーも細身となりラジエター横に移設した。 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ XSR700|タンク

3分割式のタンクカバーを採用し、着せ替えも簡単。従来はカバーごとに色を変更していたが、新型では統一し一体感のあるデザインになった。 [写真タップで拡大]

’20 XSR700

ヤマハ XSR700|ラジカルホワイト

【’20 YAMAHA XSR700】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 688cc 73ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm ■車重186kg シート高835mm 13L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=180/55R17 ●色:ラジカルホワイト マットグレーメタリック3 ●価格:91万6300円 ●発売日:’17年11月6日 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR700|マットグレーメタリック3

カラーバリエーションはホワイト/マットグレーの2色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

XSR700に関連する記事

その走りは”極み”の域!【ヤマハXSR700】丸山浩の試乗インプレッション

ヤマハのヘリテイジモデル、XSRシリーズ。その次兄であるXSR700が、XSR900に先立ち’22年4月8日に発売を開始した。ベースとなっているMT-07と比べて、その乗り味はどう違っているのか。XSRならではの魅力をヤングマシンメインテスター・丸山浩が試乗して掘り下げる。 ライディングポジションは個性的だが、面白いように曲がる ヤマハのミドルクラスヘリテイジに位置するXSR700がモ […]

Newモデルにペイントされるレジェンドカラーの由来って?

時代と共に変わってきたメーカーのイメージカラー バイクメーカーには、その名を聞けば思い浮かぶ代表的なイメージカラーがある。しかしヤマハは「イメージカラーといえば?」と聞かれて思い浮かぶカラーが、人や年代によって大きく異なる。 海外で発表されたXSR900は’80年代に世界GPで人気だったフランスヤマハのゴロワーズカラーを纏った。そうかと思えば真新しいXSR700は、長年GPマシンの純正カラーだった […]

新型ダックス125総力特集/CBX400F仕様車登場/ワークマンキャンプギア大全【ヤングマシン2022年5月号は3/24発売】

ヤングマシン2022年5月号のお知らせです! ホンダ『ダックス125』徹底解説は、なんと30ページの総力特集で早くもカスタム提案や2023年カラーも大予想! 次いでホーク11、スーパーカブ110、そしてCB400F仕様の“タイプX”もお届け。モーターサイクルショーはまさしくホンダ祭りだっ!! ニューモデル試乗ではブランニューモデルGSX-S1000GT、エンジンがアップデートされたXSR700、そ […]

RZ250/350カラー!! ヤマハ新型「XSR700」国内発売でエンジンは規制適合、足まわり強化も

ヤマハは、MT-07をベースとしたスポーツヘリテイジモデルの「XSR700」をマイナーチェンジし、2022年モデルとして4月8日に発売すると発表した。エンジンは平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、足まわりも強化。灯火類はLED化され、メーターもアップデートを受けた。価格は1万8700円アップの93万5000円だ。 XSR900のRZ-Rカラーに対し、こちらはRZ250/350カラーだ! ヤ […]

[’22前期版]国産大型ヘリテイジ総まとめ#2(〜800cc)【本年の注目モデル”Z650RS”登場|新型バイクカタログ】

ビッグバイクの中で、今もっとも人気が集まるヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズにマッチする。’22年の注目はカワサキZ650RSだ。 カワサキ Z650RS/50thアニバーサリー:アニキより約30kgも軽量! スリムな快速ツインZ ’18年の登場以来、大ヒットを続けているZ900RSの弟分。兄貴分は並列4気筒だ […]

RZ350カラーだ!! XSR700に新色登場/MTシリーズはシアンが特色/テネレ700&ラリーも新色

ヤマハは欧州で2022年モデルを相次いで発表している。主要な変更モデルについての情報はすでに記事化しているが、ここではカラーチェンジを受けたレギュラーモデルについて取り上げていこう。いずれも価格は未発表だ。 XSR700はRD350LC(RZ350)カラー、XSR700 XTributeは1981年のカラーリングを再現 ヤマハは欧州で、EICMA開幕直前のタイミングで2022年モデルを発表。EIC […]

ヤマハXSR700[新型バイクカタログ]:ユーロ5をクリアした’22モデルが欧州発表

XSR700 概要 先代のMT-07をベースとしたXSRシリーズの次兄で、ネオレトロなスタイルと扱いやすいエンジン&車体が融合したカジュアルなモデルだ。’21は兄貴分のXSR900と同様に’80年代ヤマハスポーツ車を模したラジカルホワイトと、バフがけのタンクカバーに赤ストライプを施してやはりクラシカルに仕上げたマットグレーが継続設定されていた。 欧州で発表された&# […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース