第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤマハXSR700 [’22後期 新型バイクカタログ]:モデルチェンジで各部の質感がグレードアップ

ヤマハXSR700

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月11日

ヤマハXSR700 概要

MT-07の使いやすさとスポーツバイクとしてのポテンシャルの高さはそのままに、レトロな装いでまとめあげたヘリテイジネイキッド。’22でモデルチェンジを行い、新排出ガス規制に対応すると同時に、丸1眼のヘッドライトやウインカーをLED化し、タンク&ラジエターのサイドカバーやライトステーをアルミ製に替えて質感が大きく高められた。車体は基本的に先代から踏襲しているが、フロントブレーキ径はφ282→298mmへと拡大。これに合わせてフロントフォークのアウター形状も変更されている。またタイヤ銘柄も新しくなった。車体色にはホワイトとブラックの2色が用意され、タンクにはRZ350風のストライプがあしらわれているのも話題のひとつだ。

’22 ヤマハXSR700

主要諸元

ヤマハXSR700

【’22 YAMAHA XSR700】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ688cc 73ps/8750rpm 6.8kgm/6500rpm ■188kg シート高835mm 13L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:93万5000円 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR700

【カラーバリエーション】車体色はラジカルホワイトとブラックメタリックXの2タイプで、価格は共通。ブラックはホイールがゴールド仕上げだ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ヤマハXSR700

XSR700はシート高835mmと高めだが、車体がスリムで足もまっすぐ下に伸ばせるので両足指がしっかり着く。ポジションはほとんど前傾なしの直立スタイルだ。[身長168cm/体重61kg] [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハXSR700

MAX73psを発揮するエンジンは’22でユーロ5に対応したが、エンジン本体へはほとんど手が入らず、FIと吸排気系の見直しだけで適合できたという。 [写真タップで拡大]

足まわり

ヤマハXSR700

ブレーキディスクは従来より16mm大径化されてスポーティな走りに磨きをかけた。またタイヤはミシュランのスポーツツーリングラジアルであるロード5となった。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハXSR700

ヘッドライトは待望のLED 化が行われ、ハウジングも新デザインとなって、従来よりもモダンな雰囲気に。上下2段式でロービームでは上側のみ点灯。ハイビームでは両方が点灯する。 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR700

ウインカーもLED化。フロント側はマウント位置も従来のヘッドライト脇からMT-07と同じラジエターサイドへと変更。リヤ側は従来通りナンバープレートステー脇となる。 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR700

メーターは’22で反転液晶にグレードアップ。速度計の上にギヤポジションインジケーター、外周に沿うようにバーグラフ式のタコメーターがレイアウトされている。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース