RZ250の伝説カラーが復活

ヤマハEU・XSR900/700の’20新色はRZ250オマージュの「80ブラック」など

  • 2020/1/8
'20 YAMAHA EU XSR900

’20ヤマハ欧州仕様のXSR900には、初代RZ250の黒をオマージュした新色の「80ブラック」が登場する。またXSR700のメイン車体色となるのは、900にも設定されたオールドレーサーイメージの新色「ダイナミックホワイト」。赤フェンダーや金ホイールもまさにヤマハの歴史を体現している。XSRの’20モデルはヘリテイジな雰囲気をさらに強調したものになっている。

欧州XSR900は標準色であの伝説カラーが入手可!

欧州仕様XSR900には、初代RZ250の黒をオマージュした新色の「80ブラック」が登場する。日本では白RZカラーがワイズギアからオーセンティック外装キットとして現在も入手できるが、黒RZカラーは’17年に限定外装キットとして発売されたことがあるのみ。人気色が最初から〝吊るし〞で買える欧州が羨ましい〜! 他にも往年のヤマハレーサーを彷彿とさせる「ダイナミックホワイト」が新色として設定。ヘリテイジなXSRの雰囲気をさらに強調した新色、日本国内への導入も強く願いたいところだ。

’80 YAMAHA RZ250:このXSR900のイメージベースとなる’80年登場の初代RZの黒には、「ニューヤマハブラック」という車体色名が与えられていた。

'20 YAMAHA EU XSR900

【’20 YAMAHA XSR900】主要諸元 ■全長2075 全幅815 全高1135 軸距1440 シート高830(各mm) 車重195kg ■水冷並列3気筒DOHC4バルブ 847cc 115ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 燃料タンク容量14 L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●発売未定

'20 YAMAHA EU XSR900

【オールドレーサーカラーも’20欧州仕様の新色だ】赤いセンターストライプが’60年代から’80年代初期にかけて活躍したヤマハのロードレーサーを彷彿とさせるこちらは、700にも使われる’20新色だ。

'20 YAMAHA EU XSR900

’19登場のガレージメタルは、’20も欧州で継続。日本では未導入のままとなっているカラーだ。

XSR700/XTribute:新色「ダイナミックホワイト」はまさにヤマハの歴史

欧州’20XSR700のメイン車体色となるのは、900にも設定されたオールドレーサーイメージの新色「ダイナミックホワイト」。赤フェンダーや金ホイールもまさにヤマハの歴史を体現している。これに単色の「テックブラック」を従来から継続して設定。また、XT500をモチーフにオフ風味のパーツが与えられたバリエーションモデルのXTributeも継続販売となる。

【’20 YAMAHA XSR 700】■全長2075 全幅820 全高1130 軸距1405 シート高835(各mm) 車重186kg ■水冷並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 74.8ps/9000rpm 6.9kg-m/6500rpm 燃料タンク容量14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:ダイナミックホワイト(左)、テックブラック(右)

【’20 YAMAHA XSR 700 XTribute(テックブラック)】スペシャルシートやオフロードスタイルのハンドルバー&ステップバーを持つ派生モデルで日本未発売。

関連記事リンク

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。