トライアンフ タイガー800シリーズ[新型バイクカタログ]:ハイパワーなミドルの虎

'21 トライアンフ タイガー800シリーズ

トライアンフ タイガー800シリーズ 概要

’10のデビュー以来、熟成を重ねてきたADV。’21時点での現行型は’18に登場した。エンジンは等間隔爆発の高回転型で、800cc ながら900版と同等の95psを発生。オン系のXR、オフ向けのXCともに上級グレードを設定する。

’21 トライアンフ タイガー800 XRX

'21 トライアンフ タイガー800 XRX|ルツェルンブルー

【’21 TRIUMPH TIGER 800 XRX】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 800cc 95ps/9500rpm 8.1kg-m/8050rpm ■車重200kg シート高810-830mm 19L ■タイヤサイズF=100/90­-19 R=150/70 R17 ■ブルートゥース(オプション) ●色:ルツェルンブルー ジェットブラック クリスタルホワイト マットジェットブラック ●価格:164万4500円~ [写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XRX|ジェットブラック
'21 トライアンフ タイガー800 XRX|クリスタルホワイト

[写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XRX|マットジェットブラック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブルー/ブラック/ホワイト/マットブラックの4色展開。

’21 タイガー800 XRT

'21 トライアンフ タイガー800 XRT|シルバーアイス

【’21 TRIUMPH TIGER 800 XRT】■車重202kg ●色:シルバーアイス マットコバルトブルー クリスタルホワイト ●価格:184万7000円~
[写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XRT|マットコバルトブルー
'21 トライアンフ タイガー800 XRT|クリスタルホワイト

カラーバリエーションはシルバー/ブルー/ホワイトの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 タイガー800 XCX

'21 トライアンフ タイガー800 XCX|ジェットブラック

【’21 TRIUMPH TIGER 800 XCX】■車重205kg シート高840-860mm ■タイヤサイズF=90/90-­21 R=150/70 R17 ●色:ジェットブラック クリスタルホワイト ルツェルンブルー マットカーキグリーン ●価格:173万1300円~ [写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XCX|クリスタルホワイト
'21 トライアンフ タイガー800 XCX|ルツェルンブルー

[写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XCX|マットカーキグリーン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ブルー/グリーンの4色展開。

’21 タイガー800 XCA

'21 トライアンフ タイガー800 XCA|コロシレッド

【’21 TRIUMPH TIGER 800 XCA】■車重208kg シート高840-860mm ■タイヤサイズF=90/90­-21 R=150/70 R17 ■ブルートゥース(オプション) ●色:コロシレッド クリスタルホワイト マリン バハオレンジ マットカーキグリーン ●価格:189万400円~ [写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XCA|クリスタルホワイト
'21 トライアンフ タイガー800 XCA|マリン

[写真タップで拡大]

'21 トライアンフ タイガー800 XCA|バハオレンジ
'21 トライアンフ タイガー800 XCA|マットカーキグリーン

カラーバリエーションはレッド/ホワイト/ダークブルー/オレンジ/グリーンの5色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トライアンフに関連する記事

トライアンフ「スラクストン」「ストリートツイン」「ロケット3」にモダンブリティッシュムードの特別仕様車が登場

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、『スラクストンRS トンアップエディション』、『ストリートツイン EC1スペシャルエディション』、『ロケット3 221スペシャルエディション』の4種の特別仕様車を発売する。いずれも今期のみの限定生産となっており、トライアンフの歴史と伝統をさらに強調するモデルとなっている。 『スラクストンRS トンアップエディション』●価格:202万7000円 車名に冠され […]

トライアンフ ストリートスクランブラー試乗インプレッション【おおらかでクラシカルな世界観に没入】

トライアンフ ボンネビルT100の派生車である「ストリートスクランブラー」に試乗した。ボンネビルT100は’21年にユーロ5に対応しつつ55→65psとなったが、こちらは’19年にひと足早く同様のメニューを実施しており、’21年モデルは小変更のみ。ボンネビルT100とは異なるフロント19インチの走りやいかに? ’21 トライアンフ ストリートスクラン […]

【今季限定】ハンドペイントの金色ライン! トライアンフがボンネビル系の7車種に特別仕様を設定

トライアンフ モーターサイクルズジャパンは、同社の熟練アーティストによるハンドペイントを施した「Gold Line Edition」を発売する。モダンクラシックシリーズ7車種に専用のカラーリングとハンドペイントのディテールをもたらし、今季限りの限定生産となる。価格は137万3500円~で、2021年11月5日以降に随時デリバリー予定だ。 毛先の柔らかいソードブラシで一筆書きされるゴールドライン 以 […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

トライアンフ新型バイク総まとめ【’21はシンボルの3気筒に新たな旗艦が誕生】

古き良き英国車の香り漂うモデルも 歴史ある英国ブランドのトライアンフ(TRIUMPH)。古き良き英国の香りが漂うようなネオクラシックモデルから、モト2レーサーまで幅広く手掛けている。 同社のシンボルとも言えるのが3気筒。’21年には新たな旗艦、スピードトリプル1200RSが誕生した。1050ccだったスピードトリプルRSを全面刷新し、排気量は1160ccに。180psを発揮し、その走り […]

超コスパ!! トライアンフ新型「タイガースポーツ660」は112万5000円の3気筒アドベンチャー!

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ミドルウェイトのアドベンチャーカテゴリーに660ccのトリプルエンジンを搭載した「タイガースポーツ660」を投入する! 核となるエンジンは、懐かしいシルエットと扱いやすさで好評のトライデント660と同スペックだ。 81ps/シート高835mm/装備重量206kgの軽快スポーツ! トライアンフモーターサイクルズジャパンは、かねてよりティーザーを展開してきたタ […]

トライアンフがMoto2へのエンジン供給を2024年まで延長!市販車にも同型のエンジンが搭載されている!

様々な記録を塗り替えてきたMoto2エンジンが2024年まで延長に! 日本時間2021年8月27日2時15分からシルバーストンで行われたMoto2記者会見で地元イギリスのバイクメーカー・トライアンフがMoto2へのエンジンサプライヤー契約を2024年までの3年間延長したことを発表した。 トライアンフは2019年からMoto2へのエンジン供給を開始し、今年で3年目のシーズンを送っていた。今までの3シ […]

トライアンフ「タイガースポーツ660」は10/5発表と判明! トライデント660のアドベンチャー版

トライアンフモーターサイクルズは、イギリス時間の8月24日12時(日本時間20時)にティーザー動画と一部写真を公開。アドベンチャーモデル・タイガーシリーズの末弟、その名はタイガースポーツ660と判明した。さらに昨日、SNS投稿で追加素材の写真が公開されたのでお伝えしたい。 ミドルクラスのアドベンチャースポーツカテゴリーで新たなベンチマークになる! トライアンフモーターサイクルズが8月24日に公開し […]

【タイガースポーツ660】トライアンフから新型ミドルクラスアドベンチャーが発表された!

現在開発段階のアドベンチャーモデル。ベースはトライデント660 トライアンフがトライデント660をベースにしたミドルクラスアドベンチャーモデルを発表! 現在開発最終段階とのことで詳細は、今後発表されるとのこと。 トライデント660が99万3000円という価格設定なので、このアドベンチャーモデルもかなり手が届きやすい価格に収まってくるはずだ。 続報が入り次第、お知らせする。

トライアンフ新型「タイガー1200」開発順調! Tプレーン3気筒のビッグアドベンチャー

トライアンフモーターサイクルズは、新型「TIGER 1200」がオフィシャルプロトタイプテストの段階へ進んだことを発表した。タイガー900が採用していたTプレーンクランクをオーバーリッタークラスとして初めて搭載し、力強いトルクとトラクション、胸のすく高回転サウンドを得ているという。 ティーザー動画を公開! サウンドも聞ける 高回転までよく回る2気筒、あるいはV4エンジン的な……。トライアンフモータ […]

大型ビギナーに最適! トライアンフ ボンネビルT100試乗インプレッション【完成度の高いエンジンを搭載】

’21年、トライアンフはボンネビルシリーズ8車についてユーロ5適合に伴うアップデートを実施した。その中から今回は、伝統の名車のテイストを色濃く反映した「T100」に試乗。排気量を増やさずに10psアップし、足回りもグレードアップを果たした。 ’21 トライアンフ ボンネビルT100 [◯] スムーズさ極まれり。大型ビギナーに最適 排ガス規制適合のため、低下するパワーを補うべ […]

トライアンフ新型「スピードトリプル1200RR」登場! 3気筒のジャジャ馬がネオクラレーサーに

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、180psの強烈な3気筒エンジンを搭載するスピードトリプル1200RSをベースに、特徴的な丸眼1灯ヘッドライトやハーフフェアリング、クリップオンハンドルバーなどを備えたネオクラシックスタイルのスーパースポーツ「スピードトリプル1200RR」を正式発表した。 プレミアムなディテールと最高の装備が“トリプルパワー”を包む トライアンフモーターサイクルズジャパン […]

【トライアンフ スピードツイン インプレ】モダンクラシックの枠で語れないスポーツ性の高さ

ユーロ5対応のNEWスピードツインは、クラシックとスポーツを高レベルで両立 トライアンフのモダンクラシックカテゴリーは、代表的なボンネビルを軸にスクランブラーやカフェスタイルのスラクストンなど、その名の通り、往年の英国車をオマージュしたスタイルが基本だ。 スピードツインのエンジンは、もちろん伝統のバーチカルツイン(リヤの車高が上がり前下がりの姿勢のため、正確にはエンジンが前傾しているのでバーチカル […]

【トライアンフ ロケット3 インプレ】2457ccの世界最大排気量の量産車は、世界一の高級バイクだった

未知なる世界。いままで知らなかったのが悔しい。バイクにこんなカテゴリーがあったなんて! ロケット3、2台で走りに行く。2台で約5000cc! そのインパクトだけでやってみたかった企画だ。皆さんには、市販車最大排気量の2457ccのバイクは、どんな風に映っているだろう? 一緒に走りに行ったライター高橋剛さんの記事は「RIDE HI NO.6」を見ていただきたい。ロケット3 GTと世界1,000台限定 […]

トライアンフ「タイガースポーツ660」のティーザー始まる! トライデントのアドベンチャー版

トライアンフモーターサイクルズは、イギリス時間の8月24日12時(日本時間20時)にティーザー動画と一部写真を公開。アドベンチャーモデル・タイガーシリーズの末弟、その名はタイガースポーツ660だ。ミドルウェイトのロードスター・トライデント660をベースとするようだが……。 ミドルクラスのアドベンチャースポーツカテゴリーで新たなベンチマークになる! トライアンフモーターサイクルズが公開したティーザー […]

トライアンフ「スピードトリプル1200RR」ティーザー動画公開! ハーフカウルで9月に登場?

英国トライアンフモーターサイクルズは、「New Speed Triple 1200 RR Design Prototype」と題したティーザー動画をYouTubeで公開。デビューしたばかりのスピードトリプル1200RSをベースとしたハーフカウルモデルで、丸眼1灯のモダンレトロであることがうかがえる。 じゃじゃ馬マシンを正統派カフェレーサーに仕立てる? トライアンフモーターサイクルズは本国のオフィシ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報