KTM EXCシリーズ[新型バイクカタログ]:絶滅危惧種の2ストだ!

KTM EXCシリーズ

※情報更新日:2022年8月16日

EXCシリーズ 概要

FIの採用で2ストながら排ガス規制をクリア。レーサーの300を公道用に仕上げたのが250で、150とともに公道OK仕様だ。’22年モデルはEXC-Fと同様にサス設定などを改良。ギヤレシオ変更で低速域の加速を向上した。250にはカラーリングの異なる上級仕様、シックスデイズも用意。

’23年モデルではSTD、シックスデイズともにカラー&グラフィックを変更。また車名から「TPI」の文字が取れたが、エンジン制御には従来どおりコンチネンタル製のTPIシステムを採用。

’23 250 EXC

250 EXC

【’23 KTM 250EXC】■水冷2スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 出力未発表 ■103.4kg(半乾) シート高960㎜ 約9L ●色:オレンジ ●価格:130万円 [写真タップで拡大]

’23 250 EXC シックスデイズ

250 EXC シックスデイズ

【’23 250 EXC SIX DAYS】■水冷2スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 出力未発表 ■103.9kg(半乾) シート高960㎜ 約9L ●色:ホワイト×ブルー×レッド ●価格:142万5000円 [写真タップで拡大]

’23 150 EXC

KTMエンデューロモデルの中で唯一、セルとキックスターター方式を両立。シックスデイズの設定はない。

150 EXC

【’23 150 EXC】■水冷2スト単気筒DOHC4バルブ 143.99cc 出力未発表 ■96.8kg(半乾) シート高960㎜ 約9L ●色:オレンジ ●価格:117万6000円 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース