カワサキ ニンジャ1000SX[新型バイクカタログ]街中/長旅/峠までマルチにお任せ

ニンジャ1000SX 概要

ウインドプロテクション性能に優れたフルカウルボディに、4種類のライディングモードやアップライトなセパレートハンドル、工具いらずの可変スクリーンなどを装備したモデルで、街中から峠まで幅広く活躍できるマルチなスポーツツーリングモデル。

熟成を重ねた現行型は’20に登場し、’20年8月末に発表された’21モデルは色変更のみ実施された。4-2-1マフラーとなって2kgの軽量化に貢献したほか、新たに電子制御スロットルを採用したことによって、きめ細かいエンジン制御を実現。さらにスマホ連動のカラー液晶メーター/クルーズコントロール/上下両対応のクイックシフターといった機能も追加されて、旅性能が大きく強化。フロント倒立フォークも内部ピストンが改良されて、乗り心地が向上している。

’21 ニンジャ1000SX

カワサキ ニンジャ1000SX

【’21 KAWASAKI Ninja1000SX】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm ■236kg シート高820mm 19L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック ●価格:148万5000円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX
[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】’21国内モデルのカラーバリエーションは、ライムグリーン×ブラックと、グレー×ブラックの2種。車両価格はどちらも同じだ。

カワサキ ニンジャ1000SX|クイックシフター
[写真タップで拡大]

【クイックシフターは上下対応】アップダウン両方向に対応したクイックシフターを標準装備。クラッチ操作からライダーを開放して疲れを軽減してくれる。

カワサキ ニンジャ1000SX|スクリーン
[写真タップで拡大]

【4段階調整式スクリーン】スクリーンの角度調整はメーター脇にあるリリースボタンを押すだけ。工具いらずで4段階に簡単調整が可能で、ツーリングで非常に便利だ。

カワサキ ニンジャ1000SX|メーター
カワサキ ニンジャ1000SX|スイッチボックス

【全部入りTFTメーター】SXになった’20型でメーターはフルカラーTFTパネルに。各種操作は手元スイッチで可能。スマホとの連動機能も付いた全部入り仕様だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX|シート
[写真タップで拡大]

【シートは6種あり】8mmダウンのローシートと前後セットで15mmアップのコンフォートシートやシングルシートカバーなどがオプションで揃う。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャ1000SXに関連する記事

と、通り過ぎちゃった!? ビモータ「KB4」は10月正式発表に向け開発順調!

ビモータは、2019年のEICMAで発表したテージH2に続き予告していたKB4の正式発表を10月とし、SNSではコロナによる混乱を乗り越えて順調な開発が進んでいるをアピール。今回は、ストッピーで通り過ぎるKB4の動画を公開したほか、工場での生産方式を検討している場面(?)も。 シート下にラジエターを配置した、先進のネオクラシックカフェ! ビモータは、カワサキのニンジャ1000SX系・並列4気筒エン […]

カワサキ「ニンジャ1000SX」の2022年カラー、欧州で発表! 純正OPで3つの仕様も

カワサキは欧州でニンジャ1000SXのニューカラーを設定し、2022年モデルとして発表した。2020年モデルで右1本出しマフラーや全灯LEDなどを採用したモデルチェンジを実施し、ユーロ5に適合してから2度目のカラーチェンジとなる。 もはや快適なスーパーバイク! クルーズコントロールやクイックシフターも装備 カワサキは欧州で、1043ccの4気筒エンジンを搭載するスポーツツーリングモデル「ニンジャ1 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スポーツツーリングクラス【新ハヤブサ効果でメガスポーツ復権なるか?】

余裕ある排気量による快適ツーリング性能とワインディングを楽しめるスポーツ性能が同居する大型スポーツツーリングクラス。’21年はついに『ヤングマシン』誌が主催する『マシン オブ ザ イヤー』で9度も頂点に輝いた「ハヤブサ」が3代目となって登場し、このクラスの話題を独占した。 極上3代目ハヤブサが待望のデビュー! ZX-14Rをも呼び起こす? ウインドプロテクションに優れたフルカウルを身に […]

ニンジャZX-25R/ニンジャ1000SX用フルエキゾーストマフラー登場〈アールズギア〉

リッタークラス向けハイスペックマフラーでおなじみのアールズギアは、カワサキ車向けラインアップも豊富。待望のニンジャZX-25R用フルエキゾーストマフラーも登場し、充実したスペックを堪能できる。 低中速トルクを向上し、速さと乗りやすさを体感 元ワークスライダーの樋渡氏が代表を務めるアールズギアは、その品質の高さから多くのファンの支持を集めている。サーキットやストリートで実際に体感できるスペックは、同 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツ&ツーリングクラス|日本車最新潮流解説〉

高速クルージングとスポーツ性能を併せ持つ大型ツアラークラス。近年は軽快な1000ccクラスに人気が移行していたこのクラスだが、’21年はいよいよオーバーリッターのハヤブサが復活。メガスポーツの復権なるか、見逃せない1年になりそうだ。 大型スポーツツーリング:いよいよハヤブサ復活。’21最大の注目となるか 余裕ある排気量とウインドプロテクションに優れたカウリングで、高速道路や […]

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈前編|ニンジャ&Zシリーズ〉

ニンジャ400:ニンジャシリーズにも’21注目色が登場 専用ユニットと250並みの170kgを切る車体で、圧巻の動力性能を示す人気400スーパースポーツ・ニンジャ400。’21は3色すべてがニューカラーとなる。ライム×黒は、アンダーカウルなどを白とした最新KRT仕様。全身ブラックも投入した。青は、注目のパールナイトにロゴが大きく入る斬新なイメージだ。 ニンジャ1000SX: […]

ベビーフェイス ニンジャ1000SXカスタム【定番パーツで機能性/快適性を向上】

スーパースポーツツアラーの高機能をベースアップ ’19年のEICMAで発表されたシリーズ4代目となる’20ニンジャ1000SX。その進化において、新たな電子制御を搭載し、あらゆるロードコンディションに対応するパフォーマンスと様々な装備が充実。快適性が向上し、スーパースポーツツアラーとしての完成度を高めた。 そのニンジャ1000SXのパフォーマンスや快適性をベースアップさせる […]

’20年9月のおすすめカスタムパーツ×8選【レブル250用フロントパイプetc.】

モリワキエンジニアリング|’17~ レブル250B.R.S フロントパイプ モリワキより、レブル250用のエキゾーストパイプがリリース。φ50.8の太いパイプでスタイリングが向上。さらに二重管構造のレゾネーターエリアにより、減速時のエンジンブレーキと加速時のドン付きを軽減してくれる。 ヨシムラ|’18 Z900RS/CAFE アルミフューエルタンク ヨシムラより、Z900R […]

【いわば快適なスーパーバイク】カワサキ「ニンジャ1000SX」’21型はダーク系ツートンで本日9/1発売

2020年にモデルチェンジを受け、4月4日に発売されたカワサキ「ニンジャ1000SX(Ninja 1000SX)」が早くもニューカラーをまとって登場する。クイックシフターやクルーズコントロール、ライディングモード切替など充実の電子制御を加え、ますます進化した走りと主要スペック、価格もそのままに、2020年9月1日に発売される。 鮮やかなグリーンまたはメタリックグレーをブラックに組み合わせる 今回発 […]

カワサキ ニンジャ1000SX試乗インプレッション【さらなる電脳化で上質に】

’17年より国内の正規ラインナップに登場したカワサキ ニンジャ1000が、ユーロ5の対応に伴いモデルチェンジし、車名の末尾に「SX」を加えた。18万7000円アップの実力をチェック! [〇]全てが1ランクアップ。これぞ理想的な進化形 ストリートファイターのZ1000が’10年にスチール→アルミフレームとなり、そのプラットフォームを利用して’11年に誕生したスポーツツアラーが […]

【スーパー“楽”スポーツ】カワサキ「ニンジャ1000SX」2021年はダーク基調のツートンに

2020年にモデルチェンジを受け、4月4日に発売されたカワサキ「ニンジャ1000SX(Ninja 1000SX)」が早くもニューカラーをまとって登場する。クイックシフターやクルーズコントロール、ライディングモード切替など充実の電子制御を加え、ますます進化した走りと主要スペック、価格もそのままに、2020年9月1日に発売される。 鮮やかなグリーンまたはメタリックグレーをブラックに組み合わせる 今回発 […]

ホンダCB1000RベースのCBR1000R/CB1000Xに期待【バイク近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは、ホンダが軽量&パワフルな直4ネイキッド・CB1000Rをベースに多彩なジャンルに展開すると予想する。 手頃な価格で多くのニーズへ。CB1000Rがさらに分身?! 軽量パワフルな […]

’20年8月のおすすめカスタムパーツ×8選【テネレ700ヘッドライトプロテクター他】

RC甲子園|テネレ700 ヘッドライトプロテクター RC甲子園より、’20年モデルのテネレ700用ヘッドライトプロテクターがリリース。面積の広いプロジェクターヘッドライトを飛び石から防いでくれる。 エンデュランス|ADV150 ロングウインドスクリーン ドレスアップ効果だけでなく、高い防風効果を有しているロングスクリーン。純正スクリーンと比べて100mmほど延長されている。 ヨシムラジ […]

カワサキNinja 1000SX BEETカスタム【ナサートエボリューションタイプ2】

ナサートエボリューション タイプ2:性能とサウンドを追求し、あえて2本出しマフラーもリリース ビート製のマフラーといえば、カワサキワークスチームが採用するブランドとしておなじみの存在。カワサキフリークなら、指名買いするユーザーも多いことだろう。当然、新型車であるニンジャ1000SXのオーナーは発売を心待ちにしていると思うが、そのラインナップは悩ましいほどのバリエーションで、嬉しい悲鳴となりそうだ。 […]

’20カワサキ新型1000cc×2台を跨ぎ比べ【ニンジャ1000SX|Z H2】

’20年のカワサキは、スポーツ性能と扱いやすさを高次元にバランスさせたニンジャ1000が第4世代に突入し「SX」に。一方、スーパーチャージドエンジンを搭載し、Zシリーズの新たなフラッグシップとして「Z H2」が登場。話題の2台を跨り比べた印象をお届けする。 ニンジャ1000SX:電脳オールイン進化が150万円斬り! スポーツ性能と扱いやすさを高次元にバランスさせたニンジャ1000が、いよいよ第4世 […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報