日本仕様発売から半年で新色リリース

【いわば快適なスーパーバイク】カワサキ「ニンジャ1000SX」’21型はダーク系ツートンで本日9/1発売

  • 2020/9/1

2020年にモデルチェンジを受け、4月4日に発売されたカワサキ「ニンジャ1000SX(Ninja 1000SX)」が早くもニューカラーをまとって登場する。クイックシフターやクルーズコントロール、ライディングモード切替など充実の電子制御を加え、ますます進化した走りと主要スペック、価格もそのままに、2020年9月1日に発売される。

鮮やかなグリーンまたはメタリックグレーをブラックに組み合わせる

今回発表の2021年モデルはカラー&グラフィックの変更のみだが、わずか数か月前にモデルチェンジした2020年型が発売されたばかり。売れ行き好調なことから早期の次年度モデル登場になったと思われるが、ここで改めて2020年に何が変わったのかを振り返っておきたい。

「楽で速い」の代表格として世界中で多くのファンを獲得してきたニンジャ1000は、2020年にモデルチェンジを受けて車名も「ニンジャ1000SX」に。それまでは日本でニンジャ1000、欧州でZ1000SXと分けられていたが、この改名とともに統一された。

モデルチェンジ内容は熟成といえる範囲だったが、スタイリングがよりスポーティかつダイナミックになった。並列4気筒エンジンは優れたパフォーマンスを維持しながら排出ガスのさらなる清浄化を達成。これに合わせて左右出しだったマフラーは右1本出しとなって軽快感を増している。

電子制御の充実もめざましい。クルーズコントロールやクイックシフター、KTRC(カワサキトラクションコントロール)とパワーモードを組み合わせたインテグレーテッドライディングモード、スマートフォンとの接続機能を備えた新型4.3インチTFT液晶スクリーンなどを採用した。もちろんABSは標準装備だ。

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

[写真タップで拡大]

足まわりは従来同様の倒立フォーク+モノブロックラジアルマウントキャリバー、ホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションなどを装備しつつ、タイヤは最新のブリヂストン・バトラックスハイパースポーツS22を履く。

快適性を高めたシートや、工具扶養で4段階に角度調整できるウインドシールドを採用。グラブバーは純正アクセサリーのパニアケースが簡単に装着できる「クリーンマウントパニアシステム」だ。発売日は2020年9月1日、価格は据え置きの148万5000円だ。

なお、ニンジャ1000SXは「カワサキケアモデル」の対象となっていおり、カワサキプラザの購入特典である1年目の距離無制限のロードサービスと計3年間の新車保証に加え、「カワサキケアモデル」としてカワサキプラザでの定期点検5回・オイル交換3回のメンテナンスを無償で受けることができる。

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]

【KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]】主要諸元■全長2100 全幅830 全高1190~1225 軸距1440 シート高820(各mm) 車重236kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm 変速機6段 燃料タンク容量19L■キャスター24° トレール98mm タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:148万5000円 ●色:緑×黒、灰×黒 ●発売日:2020年9月1日 ※ETC2.0搭載

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]メタリックカーボングレー×メタリックディアブロブラック [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]オプション装着車

スムーズにインストールできるパニアケースは片側28Lずつの容量で9万9000円(左右セット)。47Lの大容量を誇るトップケース(3万8500円/パニアケースとの併用不可)や大型ウインドシールド(クリア1万5070円/スモーク1万6390円)、ローシート(1万6610円)など、多数の専用アクセサリーをラインナップする。

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]※オプション装着車 [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]※オプション装着車 [写真タップで拡大]

2021 カワサキ ニンジャ1000SX

KAWASAKI Ninja 1000SX[2021]※オプション装着車 [写真タップで拡大]

最新の記事

固定ページ:

1

2