カワサキ ニンジャZX-10Rシリーズ[新型バイクカタログ]:スーパーバイク6連覇の常勝モデルが熟成進化

カワサキ ニンジャZX-10R/KRTエディション/RR

[写真タップで拡大]

ニンジャZX-10Rシリーズ 概要

ジョナサン・レイ選手によりスーパーバイク世界選手権6連覇を達成したZX-10R/RRが、’21でモデルチェンジ。エンジンや車体の基本構成は先代から継承するものの全面的な熟成が図られている。

そのエンジンは最高出力こそ変わらぬものの、新たに空冷オイルクーラーを増設し、RRではレブリミットを500回転引き上げて高回転化を実現。さらに電子制御スロットルを活かしたインテグレーテッドライディングモードを導入し、トラクションコントロールやパワーデリバリーを効率的に設定できるようになった。

電子装備面ではツーリングに便利なクルーズコントロールが追加されたのもユニークなところ。車体面ではジオメトリがより実戦的なものに改められた。新カウルのヘッドライト脇にはダウンフォースを約17%高める一体型ウイングレットも備えている。

’21年10月5日には欧州でニューカラーが発表、Rの’22年モデルとして国内でも投入されることが決定している。黒を基調とした「メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック」が新規に追加され、継続のKRTカラーと共に販売される。

’22 ニンジャZX-10R

スタイリング&ライディングポジション

カワサキ ニンジャZX-10R|メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-10R】■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 203ps/13200rpm 11.7kg-m/11400rpm ■車重207kg シート高835mm 4L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック ●価格:231万円 ●発売日:2021年12月24日 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10R|ライムグリーン×エボニー

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-10R KRT EDITION】●色:ライムグリーン×エボニー ●価格:231万円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10R|ライディングポジション

ハンドルとシートがほぼ同じ高さで距離も近いため、前傾のきつさのわりにスーパースポーツとしては乗りやすい。足着きも良好で、両足とも指の腹まで着いてくれる。ライバル車とは一味違う安心感だ。[身長:168cm 体重:61kg]  [写真タップで拡大]

シャーシ/足まわり/装備

カワサキ ニンジャZX-10R|シャーシ

【基本を踏襲した超熟成タイプ】シャーシやエンジンレイアウトは20モデルを踏襲しつつ、21モデルからはスイングアーム長やピボットの位置がミリ単位で変更されている。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10R|オイルクーラー
[写真タップで拡大]

【空冷式オイルクーラーを配備】SBKマシンからフィードバックした空冷式オイルクーラーを装備。独立したオイル流路により高い冷却効果を実現し、エンジンパフォーマンスを底上げする。

カワサキ ニンジャZX-10R|フロントホイール
[写真タップで拡大]

【ワークスマシン直系の足まわり】ショーワφ43mmBFFにブレンボM50キャリパー&φ330mmディスクをセット。10Rは3本スポークの鋳造ホイールにBS製バトラックスRS11を履く。※写真は21カラー

カワサキ ニンジャZX-10R|アッパーカウル
カワサキ ニンジャZX-10R|リヤカウル

【前後にウイングレット】独特のニンジャ顔を持ったアッパーカウルはライト脇に、リヤカウルにも一体型のウイングレットを装備してダウンフォースを高めている。 ※写真は21カラー [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10R|ハンドルまわり
カワサキ ニンジャZX-10R|ハンドルスイッチ

【操作しやすいハンドルスイッチ】電子デバイス等の設定を直感的に操作できる左ハンドルスイッチ。新実装のクルーズコントロールはスロットルを前に回すか、ブレーキ等の操作でキャンセル。オプションでグリップヒーターも用意されている。※写真は21カラー [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10R|TFTカラー液晶メーター
カワサキ ニンジャZX-10R|TFTカラー液晶メーター

【10R待望のTFTカラー液晶メーター】待望のフルカラーTFTメーターが装備。サーキット用レイアウト表示も可能なほか、スマホ連動機能も搭載した充実装備だ。 [写真タップで拡大]

’21 ニンジャZX-10RR

RRはレースベース用を前提としたホモロゲーションモデルで世界限定500台。エンジン内部が強化されているほかホイールもマルケジーニ鍛造だ。

カワサキ ニンジャZX-10RR

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-10RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 204ps/14000rpm 11.4kg-m/11700rpm ■重量207kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ライムグリーン ●328万9000円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-10RR|エンジン内部パーツ
[写真タップで拡大]

【RRはエンジンがスペシャル】RRのエンジンは、レース対応とするために専用のカムシャフトやピストン、それにパンケル社製のチタンコンロッドといった内部パーツで強化。高回転化を推し進めてパワーを絞り出す。レブリミットは従来の1万4300rpmから1万4700rpmへと高められている。

新しいタブでプレビュー

RR専用装備としてマルケジーニ製の7本スポークアルミ鍛造ホイールを装着。慣性重量の軽減と強度のバランスに優れており、STDモデルにも装着可能だという。ブレーキパーツやサスペンションは10R/RRとも共通。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャZX-10Rシリーズに関連する記事

カワサキ「ニンジャZX-10R」国内2022年モデル登場! 新色スチールグレー&継続KRT

カワサキモータースジャパンは、海外で2022年モデル先行発表されていた「Ninja ZX-10R」のニューカラーを国内モデルにも投入する。スチールグレーと名付けられた新色は北米発表の赤い差し色と同じもので、発売日は2021年12月24日だ。 レースでのポテンシャルはスーパーバイク世界選手権6連覇で証明済み カワサキモータースジャパンは、ニンジャZX-10Rの国内2022年モデルを発売すると発表した […]

ZXR750レプリカ市販へ!? カワサキ「ニンジャZX-10R/RR」125周年カラーが来春発売か【海外】

カワサキUKは、2021年12月4日に開幕した「モーターサイクルライブ 2021」で、1990年式(日本では1989年式)ZXR750をモチーフにしたニンジャZX-10RRのKRT21カラーを展示した。以前お披露目されたレーサー版とは異なり、保安部品が装着されていた……! 購入したZX-10R/10RRをアップグレード!? カワサキUKは、12月4日に開幕した英国モーターサイクルショー「モーターサ […]

カワサキが「ニンジャZX-10R」レース用ベース車を発売! 受注は11月17日まで

カワサキモータースジャパンは、2022年モデルのニンジャZX-10Rをレース専用モデル(レース用ベース車)として特別販売することを発表した。受注生産で価格は176万円。スーパーバイク世界選手権7連覇を目指すジョナサン・レイ選手の最強ウエポンをその手に! 受注期間は2021年11月17日まで! カワサキモータースジャパンは、欧州と北米で発表されているニンジャZX-10Rの2022年モデルをベースとし […]

カワサキ「ニンジャZX-10R/RR」新色スチールグレーがイカス! 欧州で2022年型発表

カワサキは欧州で、2021年にモデルチェンジして大胆な顔つきに変貌した「ニンジャZX-10R(Ninja ZX-10R)」にニューカラーを設定し、ホモロゲーションマシンの「ニンジャZX-10RR」とともに2022年モデルとして投入する。 10RのKRTカラーと10RRのライムグリーンは継承、エボニーに変化アリ! カワサキは、10月5日に北米で先行発表していたニンジャZX-10R/10RRの2022 […]

感涙の初代ZXRカラー! SBK・第12戦に出場のカワサキZX-10RRがカッコ良すぎる!

史上最強のSBKチームとして、前人未到のスーパーバイク7連覇に挑んでいるカワサキワークス&ジョナサン・レイ。その第12戦・アルゼンチンに出走したZX-10RRを見て、思わず目を剥いた人も多いに違いない。だだだだってこれ、‘89年の初代ZXR750カラーじゃないの! 僚友ロウズはGPZ900Rカラー レイのワークスZX-10RRがまとうこのカラーは、カワサキ初のレーサーレプリカとして登場した‘89年 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

カワサキ ニンジャZX-10R 丸山浩試乗インプレ【乗りやすく高バランス。SBK7連覇への最適解】

スーパーバイク世界選手権の絶対王者・ジョナサン・レイが駆るカワサキ ニンジャZX-10RR。そのベース&ホモロゲーションマシンの最新バージョンが発進! 異形にして熟成された、勝つべくして生まれたマシンを徹底検証。マシンディテールの写真解説に続き、本記事ではヤングマシンメインテスター・丸山浩氏によるサーキット試乗インプレッションと、ZX-10R開発陣のインタビューをお届けする。 ギミックに頼らず従順 […]

カワサキ ニンジャZX-10Rディテール写真解説【勝てるバイクだから公道も乗りやすい】

スーパーバイク世界選手権の絶対王者・ジョナサン・レイが駆るカワサキ ニンジャZX-10RR。そのベース&ホモロゲーションマシンの最新バージョンが発進! 異形にして熟成された、勝つべくして生まれたマシンを徹底検証。サーキット試乗インプレッションの前に、まずはマシンディテールを写真解説する。 スタイリング&ライディングポジション シャーシ/足まわり/装備 ニンジャZX-10RR:ジョナサン・レイのため […]

ヨシムラ SERT Motulが世界耐久選手権 開幕戦「ル・マン24時間」を完全制覇!

フランスのル・マンで2021年6月12日から13日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第1戦「ル・マン24時間耐久レース」において、昨シーズンのチャンピオンチームにヨシムラが合流した最強チーム「ヨシムラSERT Motul」が、2位に8周差をつける855周で完勝した。 最終戦鈴鹿8耐(11月7日)を目指し、「2021 FIM世界耐久選手権」開幕戦で躍動 バイクの耐久ロー […]

V6王者の新しい顔! カワサキ新型「ニンジャZX-10R/RR」10Rが5/28発売、クルーズコントロールも装備

カワサキモータースジャパンは、海外で先行発表されていた新型「ニンジャZX-10R」および「ニンジャZX-10RR」の国内仕様を正式発表した。発売日は10Rが2021年5月28日で、10RRは6月25日。ベースモデルはリーズナブルに抑えつつ、ホモロゲ仕様では国産最高値という振り幅で、3年間のカワサキケアも含まれている。 さすがカワサキ割り切った! 狙うはスーパーバイク世界選手権7連覇 全身リファイン […]

【カワサキ ZX-10R/RR 試乗記】SBKチャンピオンマシンを駆る悦び! その優越感が味わえるのは10Rだけ!

「凄い顔だなぁ……」カワサキNew ZX-10RRが発表された時の印象だ。しかし、いつの時代も新しい物は違和感を抱くもの。写真を見ながらこうして10Rの記事を何本も書いていると見慣れてきた。さらに試乗会場で実際に対面すると、ダウンフォースを稼ぐ顔は僕の中でシャープな印象に変わっていった。 思ったよりも小顔だけれど…… ウイングレットの役割も果たすフロントマスク。この発想だけでかなり新しい。ヘッドラ […]

【カワサキ ZX-10R/RR】RRとR、たった1ps差なのに車両価格差は99万円……それはなぜ?

ZX-10RシリーズのRRとRのスペックを見て「ん?」と思った方も多いと思う。SBKのホモロゲーションマシンであるRRはさぞかし凄いのだろう! 速いのだろう! と思ってスペックを見たらスタンダードモデルとのパワー差はわずか1psしかないのだから、それは当然のこと。では99万円の差は一体どこにあるのだろう? エンジンを回せば回すほどにSBKで優位になる ZX-10RRは、限定500台のSBKのホモロ […]

【カワサキ ZX-10R/RR】ジョナサン・レイのスイートスポットがここにある! 迫力フェイスの2021年モデル

SBK絶対王者。それがカワサキNinja ZX-10RR×ジョナサン・レイのタッグだ。2020年もタイトルを獲得し、SBKで前人未到の6連覇を達成。鈴鹿8耐でも常に上位にいるためその最強タッグは日本でも有名だ。 空力を徹底追求。でも「羽だけじゃ面白くない」 2021年、SBK7連覇を目指すため、ジョニーの駆るZX-10Rシリーズがマイナーチェンジされた。その特徴は迫力のフロントマスクで、カワサキは […]

カワサキ新型ニンジャZX-10R/RR詳解【史上最強イカツイ系テンアール、すべては勝つために】

デザインを大胆変更。電子制御なども進化 正式発表時、そのあまりに大胆な顔立ちにバイク界がザワついた新型「ニンジャZX-10R/RR」は、スーパーバイク世界選手権で6連覇の金字塔を打ち立てたジョナサン・レイ選手がV7を狙うためのニューウェポンだ。 エンジンはユーロ5に適合させるとともにパワー特性を向上し、さらに冷却系なども含めてトータルで性能を追求。車体はスイングアームピボット位置を変更したほか、ホ […]

V6王者の新しい顔! カワサキ新型「ニンジャZX-10R/RR」国内正式発表、クルーズコントロールも装備

カワサキモータースジャパンは、海外で先行発表されていた新型「ニンジャZX-10R」および「ニンジャZX-10RR」の国内仕様を正式発表した。発売日は10Rが2021年5月28日で、10RRは6月25日。ベースモデルはリーズナブルに抑えつつ、ホモロゲ仕様では国産最高値という振り幅で、3年間のカワサキケアも含まれている。 さすがカワサキ割り切った! 狙うはスーパーバイク世界選手権7連覇 全身リファイン […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報