カワサキ メグロK3 [’22後期 新型バイクカタログ]:半世紀の時空を超えて復活した伝説のメグロブランド

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月11日

カワサキ メグロK3 概要

昭和39年に川崎重工の前身・川崎航空機工業に吸収された、戦前最後のオートバイメーカー・目黒製作所。最後のモデルである「500メグロK2」は、カワサキWシリーズの先祖となった。そのメグロブランドを時を越えて復活させたのが、このマシン。W800シリーズをベースに、燃料タンクには銀鏡塗装や小傷を自動修復するハイリーデュラブルペイントを施し、車体各部を熟練工の手作業で塗られたエンブレムや美しいクロームメッキなどで装飾した。’22モデルでは美しい車体色をそのままに新排出ガス規制に適合した型式認定を取得。グリップヒーター/ETC2.0車載器/センタースタンド/ヘルメットロックといったものは引き続き標準装備だ。

’22 カワサキ メグロK3

主要諸元

カワサキ メグロK3|ミラーコートブラック×エボニー

【’22 KAWASAKI MEGURO K3】■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773cc 52ps/6500rpm 6.3kg-m/4800rpm ■車重227kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=130/80-18M ●色:ミラーコートブラック×エボニー ●価格:132万円 [写真タップで拡大]

エンジン

カワサキ メグロK3|エンジン

【赤丸べベルギアシャフト】エンジンはSOHC空冷2気筒。OHV風に見えるベベルギヤシャフトのカバーはK3専用の赤丸アクセント入りだ。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ メグロK3|スピードメーター

【メーターリングは黒色酸化皮膜】リングを黒色酸化皮膜処理する2連メーターはベースとなるW800に準じるが、文字盤デザインはレトロな専用デザインに。「メグロ」のカタカナロゴも入っている。 [写真タップで拡大]

カワサキ メグロK3|燃料タンク

【職人仕上げの手塗りエンブレム】燃料タンク本体は、うっとり見とれる銀鏡塗装に小キズを自動修復するハイリーデュラブルペイントがコーティングされている。アルミ製のエンブレムは職人による手塗り。 [写真タップで拡大]

カワサキ メグロK3

カワサキW1の元となったのが500メグロK2(左)。その子孫とも言うべきW800をベースに伝説ブランドを復活。カワサキ空冷バーチカルツインの歴史を確固なものとしている。 [写真タップで拡大]

カワサキ メグロK3

新旧メグロの走り。半世紀以上の時代を飛び越えても味わいには共通点があった。国内名門ブランドの灯は現代に受け継がれ、未来へとつながる。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキ メグロK3に関連する記事

カワサキ「メグロK3」の2023年モデル発売決定! 普遍のデザインと機構はそのままに

カワサキモータースジャパンは、W800をベースにスペシャル装備を施した「メグロK3」の2023年モデルを発表した。メッキを施したかのような銀鏡塗装や職人手塗りのエンブレムなどは一切変更なく、空冷2気筒エンジンも前年モデルを踏襲している。 伝説のメグロ大復活から2年、その姿を変えずに2023年モデルへ 2020年11月に一葉の写真が公開され、メグロ復活が高らかに宣言された。「伝統ト信頼ノ メグロ」の […]

カワサキW800シリーズ/メグロK3 今や国産唯一の空冷ビッグバイクは“癒やし力”も国産随一! 〈YM的新車バイクざっくり解説〉

「このバイクって、どこが良いの?」バイク好きなら一度は口にしているであろうこのセリフ。そんな疑問に一発回答! 日夜ニューモデルに触れまくっているヤングマシン編集部が、取材で得た裏話も交えて注目モデルの魅力のキモをピンポイントで伝えます。今回は、現行国産車では唯一、ユーロ5規制をクリアしている空冷大排気量車・カワサキW800系/メグロK3だ。 乗るだけで癒やされる希少な国産大型車 往年のW1シリーズ […]

カワサキ メグロK3 [’22後期 新型バイクカタログ]:半世紀の時空を超えて復活した伝説のメグロブランド

カワサキ メグロK3 概要 昭和39年に川崎重工の前身・川崎航空機工業に吸収された、戦前最後のオートバイメーカー・目黒製作所。最後のモデルである「500メグロK2」は、カワサキWシリーズの先祖となった。そのメグロブランドを時を越えて復活させたのが、このマシン。W800シリーズをベースに、燃料タンクには銀鏡塗装や小傷を自動修復するハイリーデュラブルペイントを施し、車体各部を熟練工の手作業で塗られたエ […]

【Q&A】スポークホイールは軽いのか? 重いのか?【バイクトリビア003】

競技用のモトクロッサーやエンデューロマシンはもちろん、公道用の市販オフロードバイクも、いかにも軽そうなスポークホイールを履いている。ところがオンロード車でスポークホイールを履くのは、旧車を除けばごく一部のネオレトロ系だけで、ほとんどがキャストホイール。ということは、スポークよりキャストの方が軽いのか? それならオフロード車はなぜスポーク? 一体どっちの方が軽いんだろう?? 市販バイクの登場以来、ス […]

カワサキ「メグロK3」に新排ガス規制適合の2022年モデル!【空冷2気筒/銀鏡塗装】

カワサキモータースジャパンは、W800をベースにスペシャル装備を施した「メグロK3」の2022年モデルを発表した。銀鏡塗装や職人手塗りのエンブレムなどは一切変更なく、空冷バーチカルツインを新排出ガス規制に適合して型式指定・認定番号を変更。スペック上はWMTCモード燃費がわずかに変わったのみだ。 伝説のメグロ大復活から1年、その姿を変えずに2022年モデルへ 2020年11月に一葉の写真が公開され、 […]

’21新型メグロK3×’65旧型K2 丸山浩試乗比較インプレ【比べてみたか? これは真正メグロだ!】

1924年(大正13年)に創業した目黒製作所。そのブランド名「メグロ」が令和に復活した! ベース車両に選ばれたのはWの末裔=W800。’65年製のカワサキ500メグロK2と比較検証し、この名車の後継「K3」を名乗るのにふさわしいのか、試乗経験豊富な丸山浩がガチでジャッジする! W800を選んだのは必然。高性能の象徴が令和に蘇る カワサキは自社の大排気量モーターサイクルの礎であるメグロブ […]

’65カワサキ500メグロK2試乗インプレッション【50年以上前の先代に丸山浩も大感激!!】

1924年(大正13年)に創業した目黒製作所。そのブランド名「メグロ」が令和に復活した。ベース車両に選ばれたのはWの末裔=W800。’65年製のカワサキ500メグロK2と比較検証し、この名車の後継=K3を名乗るのにふさわしいのか、試乗経験豊富な丸山浩がガチでジャッジする。前記事のヒストリー解説に続いて、本記事では現存する貴重な先代K2の試乗インプレッションを先にお届けする。 こんなによ […]

〈動画〉新型メグロK3&’65年型K2乗り比べインプレ【走りのDNAは現代に受け継がれる】

’24年創業の目黒製作所が’60年代に川崎航空機株式会社に吸収後、メグロブランドとして最後に生産されたビッグバイク=500メグロK2。このマシンがカワサキW1の基となり、その後の隆盛の礎となった。そのK2以来55年ぶりに”メグロ”の名を冠したモデルが「メグロK3」として’21年に復活した。ベースとなるのはW1の子孫となる現行のW800シリーズで、いわばK3は原点回帰とも呼べる。この新旧 […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース