Kawasaki MEGURO K3×ライドハイ

突如現れた、MEGURO K3は我々に何を伝えるのか

1964年にカワサキと統合されるまで、1924年から日本初のスポーツバイクブランドとして大排気量・高性能・高品質のバイクを作り続けたのがメグロだった。当時のメグロは公道だけでなくレースでもトップを走り続け、その伝統はカワサキが誇るヘリテイジモデルのWシリーズに継承されることとなったのだ。

カワサキが大排気量を得意とするその源流はここにある

当時の川崎航空機株式会社は日本国内のモーターサイクル文化の礎を築いた目黒製作所を吸収し、大排気量エンジンの開発のノウハウを持ったメグロの技術者たちはのちに650ccのWシリーズで開発の中心的存在となったのだ。

MEGURO K3の “K”は、カワサキとメグロが業務提携をしてすぐの1961年に誕生したメグロ・スタミナK1の“K”が由来となっている。

そしてこのスタミナK1は、空冷OHVバーチカルツインエンジンを搭載し、カワサキの大型スポーツの世界戦略車W1のルーツとなったモデルだったのだ。

それから約60年の間進化を続けながら様々なバイクに受け継がれ、今度はかつてメグロK2からW1が開発されたように、W800から、先進機能を搭載したニューモデルとしてMEGURO K3が誕生した。

“メグロ”ブランドを起源とする“MEGURO K3”はカワサキ最古にして最長のモデルであり、その長い歴史に新たな1ページを刻むこととなった。

→全文を読む|写真5点+映像(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報