ホンダVFR800F [’22後期 新型バイクカタログ]:ついに生産終了発表!

ホンダVFR800F

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

ホンダVFR800F 概要

RC30やRC45直系のホンダ伝統90度V4エンジンを今に伝える生き証人。’18から変更なしで続くインターセプターカラーが現行型で、トラクションコントロールやETC2.0車載器も標準装備だ。バルブ休止機構のハイパーVTECも特徴だったが、ついに’22年10月で生産終了することが正式に発表された。

’19 VFR800F

主要諸元

ホンダVFR800F

【’19 HONDA VFR800F】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 781cc 107ps/10250rpm 7.9kg-m/8500rpm ■243kg シート高789/809mm 21L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●パールグレアホワイト ヴィクトリーレッド ●価格:152万2400円(赤は144万5400円) [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|フロント/リヤ

【高コストなパーツを惜しみなく多用】ピボットレスのアルミツインチューブフレームやダイキャスト製のシートレール、質感に優れた中空ホイール、高剛性なモノブロックキャリパーなど、注目すべき部分多し。シングルシートカウルが同梱される。 [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|ヴィクトリーレッド

【カラーバリエーション】カラーバリエーションはインターセプターカラーと赤の2色。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ホンダVFR800F|ライディングポジション

シート高は789mmと809mmの2段階に調整でき、写真は高い方にセットした状態。上半身は軽く前傾し、適度にスポーティなライポジとなる。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン/足まわり

ホンダVFR800F|エンジン

【2-4バルブ可変のハイパーVTECを採用】781ccの水冷90度V4は180度クランクや、2バルブと4バルブを切り替えるハイパーVTEC、トラクションコントロールなどを採用。最高出力は’17年型で105psから107psへ。最大トルクも微増した。 [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|エンジン

ホンダテクノロジーの代名詞だった90度V4エンジン。やはり兄弟車のVFR800Xも生産終了が決まり、ホンダV4マシンはMotoGP以外に存在しなくなってしまいそうな雰囲気だ。 [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|足まわり

フロントはカートリッジ式のφ43mm正立式フォーク、リヤは片持ち式スイングアーム+リンク式モノショックで、前後ともプリロードと伸び側減衰力が調整可能。ABSを標準装備する。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダVFR800F|灯火類

ロー2灯+ハイ2灯ヘッドライトとポジションランプ、ストップ+テールランプにLEDを採用。 [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|コックピット

ハンドルバーは純正アクセサリーのプレート追加でグリップ位置を上方に13.5mm、手前に6.5mm移動することが可能。多機能なメーターはグリップヒーターの温度段階も表示する。 [写真タップで拡大]

ホンダVFR800F|シート

フロントシートは高さを2段階に調整可能。リヤシート裏面には荷掛けベルトを備える。標準装着のETC車載器は’17年型から2.0となった。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダVFR800Fに関連する記事

ホンダVFR800F [’22後期 新型バイクカタログ]:ついに生産終了発表!

ホンダVFR800F 概要 RC30やRC45直系のホンダ伝統90度V4エンジンを今に伝える生き証人。’18から変更なしで続くインターセプターカラーが現行型で、トラクションコントロールやETC2.0車載器も標準装備だ。バルブ休止機構のハイパーVTECも特徴だったが、ついに’22年10月で生産終了することが正式に発表された。 ’19 VFR800F 主要諸元 ライ […]

生産終了決定ッ!! CB400スーパーフォア/スーパーボルドール、さらにVFR系やゴールドウイングまで……

ホンダは、2022年11月生産分より国内向け二輪車に対して「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、 一部機種について2022年10月生産分をもって生産終了とすることを発表した。そこに含まれていた機種には、V4エンジンのVFR800F/X、ゴールドウイング、ベンリィ110も、そして誕生から30年の歴史を刻んだCB400SF/SBが……。 法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了に […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツ&ツーリングクラス|日本車最新潮流解説〉

高速クルージングとスポーツ性能を併せ持つ大型ツアラークラス。近年は軽快な1000ccクラスに人気が移行していたこのクラスだが、’21年はいよいよオーバーリッターのハヤブサが復活。メガスポーツの復権なるか、見逃せない1年になりそうだ。 大型スポーツツーリング:いよいよハヤブサ復活。’21最大の注目となるか 余裕ある排気量とウインドプロテクションに優れたカウリングで、高速道路や […]

’20新車バイク総覧〈大型スポーツ&ツーリング|国産車#3/3〉ホンダ スズキ

高速クルージングのみならず、スポーツ性能も併せ持つ1000㏄オーバー大型ツアラーから、軽快さが売りの600㏄クラスまでが入り乱れる大型スポーツ&ツーリングクラス。前ページまでのカワサキ・ヤマハ勢に続き、ホンダからはスポーティさに磨きがかかったCBR650Rとクラス唯一のV型エンジンを積むVFR800F、スズキからはSSエンジンを積むGSX-S1000Fと人気の衰えを知らぬハヤブサが顔を揃え […]

2019新車走評:大型スポーツツーリング編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #04]

のんびりクルージングだけではなく、ワインディングまでこなすスポーティさを重視したツアラー群が集合。このカテゴリーの顔役は長らくハヤブサとZX-14Rだったが、スーパーチャージャー搭載のH2SXや、フロント2輪のナイケンら新機軸が話題を呼んでいる。H2SXは、国産ツアラーでは珍しいセミアクティブサス搭載バージョンにも注目だ。 快適さだけじゃなく操る楽しさも濃厚 余裕のある排気量と快適なエアロフォルム […]

ホンダ VFR800F試乗インプレッション【変わらないこと。そこに価値のある無二のV4ツアラー】

’17年にサイレンサーを変更するなどモデルチェンジを実施したVFR800Fに、新色のトリコロールが登場。新色のパールグレアホワイトの元ネタは、’86年に北米で販売されたVFR750Fインターセプターだ。今回は、長年ハイテクイメージで押してきたVFRシリーズの最新モデルの試乗を通し、スポーツツアラーとしての実力を再検証する。 (◯)手の内にある107ps トリコロールは好印象 ’14年にラインナップ […]

令和に買いたい!【ミドル~大型スポーツ ツーリング】2019ニューモデル大集合

街乗りから超高速クルーズ、ワインディングまでこなすスポーティツアラーが集合。リッター超級において、従来までの重厚長大路線に待ったをかけたのが、H2SXだった。一方でヤマハLMWの旗艦であるナイケンには、早くもツーリング仕様のGTが登場。ホンダはCBR650FをCBR650Rにモデルチェンジし、ちょうどいいスポーツバイク像を提案する。 あらゆる状況で“疲れずに楽しめる”のが真価 同じ排気量のエンジン […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース