一時代を築いたホンダのV4エンジンが市販車から消滅……

ついに終焉。さよならホンダV4!【数々の栄光と苦悩。あのサウンドとハンドリングを思い出しながら名車を振り返ろう!】

ホンダといえばCB750FOURに始まり、現在もCB1300SF/SBやスーパースポーツのCBR1000RR-Rなど「直4エンジン」がイメージ。だけど、かつてはV4エンジンがスポーツバイクとしてラインナップされ、レースでも活躍していた。いまだってMotoGPマシンはV4なのに……市販車は、本当に無くなっちゃうの?

●文:伊藤康司 ●写真:ホンダ

最後のV4エンジン搭載車が生産終了

さる4月28日、ホンダが「法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了について」というリリースを出した。厳しさを増す排出ガス規制に対し、一部機種を生産終了するニュースだが、いまだ人気の高いCB400SF/SBの生産終了にショックを受けた方もいるのではないだろうか。

そして生産終了モデルに含まれたVFR800FとVFR800X。現在では注目を集めるモデルではないかもしれないが、じつはホンダの国内販売モデルの中で、最後に残っていたV型4気筒エンジンを搭載するバイクなのだ。

VFR800F|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

VFR800F [写真タップで拡大]

VFR800X|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

VFR800X [写真タップで拡大]

近年バイクに乗り始めたユーザーなら「それがどうしたの?」と思うかもしれないが、V型4気筒はホンダの中で一時代を築いたエンジン型式。80年代のバイクブームからその後のレプリカブームを通じてレースで大活躍し、スポーツバイクとしても人気を集めたモデルも数多い。

そんなホンダのV4が消滅してしまうのはかなり残念。以前は「CBRの後継モデルはV4搭載か!?」といった噂もたびたび上がったが、これも数年前から耳にしなくなった。というワケで、消えゆくホンダV4に哀悼の意を表し、その歴史と車両を振り返ってみよう。

WGP復帰で生まれたV4エンジン

NR500|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

NR500
ホンダがWGP(ロードレース世界選手権)に復帰するにあたって開発した4ストロークマシン。楕円ピストンに8バルブのV型4気筒という革新的なエンジンを、新素材のモノコックフレームに搭載する。 [写真タップで拡大]

ホンダは1954年にマン島TTの出場宣言をしてから13年、世界ロードレース選手権で50ccから500ccまで5クラスを制覇。その成果と四輪開発を理由に、ホンダは1967年をもってGPから一時撤退を発表した。

それから9年後の1979年にGPレース活動再開に向けて開発されたのがNR500だ。当時のGP500クラスは2ストローク4気筒が主流だったが、ホンダは敢えて4ストロークでチャレンジ。2ストロークと対等なパワー、そして部品点数や重量で不利な4ストロークで戦うために、楕円ピストンのV型4気筒という革新的なエンジンを作り上げた。しかし結果としてNR500はGPレースで満足の行く戦績を収めることができず、82年には2ストロークのNS500にシフトしたのだった。

しかしNR500の開発で得たノウハウや数々の新機構は、TT-F1クラスや耐久レースを戦うレーシングマシンに投入され、それまでの直4エンジンを搭載するRCBやRS1000に代わり、新型の水冷V4エンジンを搭載するRS1000RWが登場。ここからホンダV4の快進撃が始まった。

1982 RS1000RW|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1982 RS1000RW
NR500を原資に開発した新型V4エンジンを搭載。84年のTT-F1クラスのレギュレーション改定(1000cc→750cc)に向け、83年にはRS850Rに進化した。 [写真タップで拡大]

レーシングマシンと市販車が補完してV4が進化

1982年にV4レーシングマシンのRS1000RWが登場したが、同年にはV4の市販モデルのセイバーとマグナが発売された。このタイミングを考えるとV4エンジンはレーサーと同時開発か、もしくは市販モデルの方が先に着手されていたのかもしれない。

そして82年のVF750FをベースにレーシングマシンのRS750Rが開発され、その技術を次期市販モデルのVFR750Fにフィードバック。そしてVFR750FをベースにレーシングマシンのRVF750を開発……を繰り返し、V4エンジンは磨きをかけていった。

世界初の水冷V型4気筒エンジンを搭載する市販モデル

1982 VF750 SABRE|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1982 VF750 SABRE
デジタル表示のワーニングシステムなど先進的な電子装備を搭載した高級大型バイク。 [写真タップで拡大]

1982 VF750 MAGNA|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1982 VF750 MAGNA
当時人気の高かったアメリカンモデルにもV4エンジンを搭載してラインナップ。 [写真タップで拡大]

市販車とレーシングマシンが交互に登場!

1982 VF750F|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1982 VF750F
セイバー/マグナ発売から10カ月後に登場した本格スポーツモデル。NR500の技術をフィードバックした二輪初のバックトルクリミッターを装備。レーサーと同様の角断面フレームを採用し、プロリンク式リヤサスペンションやトルク応答型のアンチダイブ機構(TRAC)を装備する。 [写真タップで拡大]

1985 RVF750|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1985 RVF750
ホンダは1984年の鈴鹿8時間耐久レース用に、VF750FをベースにRS750Rを開発。翌85年に、アルミツインスパーフレームのワークスマシンRVF750が登場した。 [写真タップで拡大]

1986 VFR750F|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1986 VFR750F
RVF750の技術をフィードバックしたアルミツインスパーフレームに、カムギアトレーン方式の新型V4を搭載。このエンジンをベースに同年の鈴鹿8耐用レーサーRVF750Rが開発される。 [写真タップで拡大]

1987 VFR750R|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1987 VFR750R
型式のRC30で呼ばれる生粋のスーパースポーツ。86年の耐久レーサーRVF750Rをそのまま公道仕様にしたような作りで、この後の耐久レーサーRVF750のベースになる。 [写真タップで拡大]

1990 VFR750F|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1990 VFR750F
バルブ駆動をロッカーアーム式から直押しバケットタイプにしたりバルブの狭角化、エンジンのコンパクト化を図り、片持ち式のプロアームを投入するなどスポーツ性を追求しつつ、タンデムの快適性なども両立。 [写真タップで拡大]

1994 RVF/RC45|MIGLIORE|ミリオーレ|ホンダ|V4|ディスコン|生産終了|

1994 RVF/RC45
耐久レースで幾多の勝利を収めたレーサーRVF750の技術を惜しみなく投入したスーパースポーツ。耐久レースがレギュレーション改定で94年から市販車ベースのスーパーバイク仕様になったため、ホモロゲーションマシンとしての役目をおった。 [写真タップで拡大]

〈次のページは…〉400ccクラスもV4が闊歩!
WEBヤングマシン|新車バイクニュース