第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

ナイケンGT、4気筒勢も充実!

令和に買いたい!【中~大型スポーツツーリング】2019ニューモデル大集合 #05

  • 2019/5/5

街乗りから超高速クルーズ、ワインディングまでこなすスポーティツアラーが集合。リッター超級において、従来までの重厚長大路線に待ったをかけたのが、H2SXだった。一方でヤマハLMWの旗艦であるナイケンには、早くもツーリング仕様のGTが登場。ホンダはCBR650FをCBR650Rにモデルチェンジし、ちょうどいいスポーツバイク像を提案する。

あらゆる状況で“疲れずに楽しめる”のが真価

同じ排気量のエンジンを搭載していても、スーパースポーツに比べて低回転のトルクが充実し、現実の公道における扱いやすさや、攻めたりしない領域でのスポーツ性を追求しているのがこのクラス。前記事で紹介したニンジャH2 SXやR1250RS/RTのようにハイメカ満載のものだけでなく、よりスポーティな味付けのものやシンプルなつくりで価格を抑えたものなど多様な車種が展開されるのも特徴だ。

昨年の登場から注目されているナイケンには、ツーリング仕様の『GT』が追加されたほか、CBR1000RRに寄せた“センダブ顔”でスポーティにイメージチェンジを果たしたCBR650Rの登場もトピック。

この650~900クラスは日本車が中心となっているが、ドゥカティのスーパースポーツも気を吐いているのは見逃せない。

ヤマハ ナイケン/GT:前2輪の新次元ハンドリング、快適さを磨いた旅仕様も追加

安心して大胆にバンクできる前2輪+後1輪の車体に、MT-09譲りのパワフルな847cc 3気筒を搭載した革新的スポーツのナイケン。絶大な安定感とオートクルーズなどによって巡航性能も抜群だ。その楽しさに磨きをかけたツアラー仕様のGTが、登場2年目の’19で早くも追加。ロング&ワイドなスクリーンや厚みを増した前後コンフォートシート、グリップヒーター、センタースタンドを標準で備え、快適性が一段とアップした。加えて、片側25L容量のセミソフトケースが悠々とした旅を演出。タンデムグリップを兼ねるリヤキャリアで2人乗りも一段とラクになった。

【YAMAHA NIKEN GT 2019】主要諸元■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 847cc 115ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm 267kg 18L シート高820mm ●価格:194万4000円

反転液晶メーターを採用。GTのみグリップヒーターの温度設定レベルを表示し、メーター左脇以外にも12Vソケットが増設される。

[GT]●価格:194万4000円 ※NIKEN取扱店にて受注生産

[STD]●価格:178万2000円 車体色はGTが艶消し青、グレーの2色設定。STDはダークグレーのみ。3車とも車体色に合わせ、アウターフォークの色が異なる。

カワサキ ニンジャ1000:ラクで速い、忍者のツアラーバージョン

安楽なライポジで走りは鋭い「ラクッ速」の代表格。’11年にデビューし、’17の3代目で6軸センサーによる精緻な制御と防風性能に優れる外装を獲得した。スクリーンは3段階の角度調整が可能。走行モード×2とトラコン×3で様々な状況に対応できる。オプションのパニアが簡単に装着できるマウントシステムも特徴だ。’19では新色のキャンディライム×艶消しグレー、メタリック黒×艶消しグレーを設定。

【KAWASAKI Ninja 1000 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒 1043cc 141ps 11.3kg-m 235kg 19L シート高815mm ●価格:127万4400円

アナログタコと反転液晶をスタイリッシュにデザイン。ギヤポジの視認性も良い。ETC1.0車載器を標準装備し、インジケーターをパネルに表示する。

スズキ GSX-S1000F:傑作SSの心臓を持つ駿足ランナー

名機として評判が高い’05~’08GSX-R1000(K5~8)ベースのエンジンを公道向けに大幅リファイン。これをアップハンドルと適度に剛性を抜いた専用アルミフレームに積み、’17年にデビューを果たした。走りは刺激的で、ブレンボキャリパー+ABSの足まわりや3段階+オフのトラコンがサポート。’19はブルーの車体色を変更。ブラックはアウターフォークを金→銀に。従来の黒×赤は廃止された。

【SUZUKI GSX-S1000F 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒 998cc 148ps 10.9kg-m 214kg 17L シート高810mm ●価格:118万5840円

フルカウル仕様のFは、高速クルーズが快適。バータイプのタコメーターにはピークホールド機能を備える。レンサル製バーハンドルも特徴。

ホンダ CBR650R:F系とR系の長所を融合し、攻めの万能スポーツに深化

万能スポーツのCBR650Fが全面刷新でCBR650Rに生まれ変わった。直4エンジンは、新型ピストンによる圧縮比アップや新作の吸排気系で、最高出力発生回転が1000rpm上昇し、4psアップ。スチール製フレームは、従来の鋳造からプレスのピボットプレートとするなど各部の熟成で剛性の最適化と軽量化を両立し、車両全体で6kg減を達成している。さらにフロントフォークを正立→倒立に変更。オンオフ可能なトラコンも投入した。実用的ながらステージを問わずスポーツできる従来の「F」系と、レーシーな「R」系の長所を併せ持つマシンに進化している。

【HONDA CBR650R 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm 207kg 15L シート高810mm ●価格:103万6800円(黒)/106万9200円(赤)

CB1000Rと同様、薄型&軽量のフラットなメーターを新採用。ピークホールド表示やシフトアップインジケーターなどスポーティな装備も与えた。

ショーワ製φ41mm倒立SFFは軽さが利点。ハンドルは前&下側に各30mmずつ下げ、トップブリッジ下に移設。ステップは後ろに3mm、上に6mm移動した。

顔は1眼から過激な2眼LEDに変貌。カウルのデザインとカラーリングを含め、CBR-RR系のDNAを色濃く注入した。

カワサキ ニンジャ650/KRTエディション:軽量で扱いやすいパラツイン中忍

’12で登場したパラツイン搭載の軽快ミドルニンジャ。’17の全面新設計で、シンプルな鋼管トレリスフレームと中空プレス構造のリヤアームなどを採用し、193kgという軽さを手に入れた。分厚い低中速トルクと高回転パワーを兼ね備えた出力特性と相まって、ビギナーでも自在に駆け回れる。’19では、青×黒を廃止し、グラフィックをあしらった新色の黒を設定。’18と同様、SBKワークスカラーをイメージしたKRTエディションも用意する。

【KAWASAKI Ninja 650 KRT Edition 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 649cc 68ps 6.6kg-m 193kg 15L シート高790mm ●価格:82万9440円(STD=80万7840円)

ホンダ VFR800F:栄光のV4スポーツにファン垂涎カラー投入

伝統のV4やプロアームに加え、ハイパーVTECなどのハイテクを有するVFR。フラットに吹け上がる出力特性とコンパクトな車体で、走りは実にスポーティだ。’17でユーロ4に対応。’19では’80年代の米国で活躍したインターセプター風トリコ×白ホイール を採用した。

【HONDA VFR800F 2019】主要諸元■水冷4ストV型4気筒 781cc 107ps 7.9kg-m 243kg 21L シート高809/789mm ●価格:141万9120円~149万4720円

ドゥカティ スーパースポーツ/S:懐の深い走りを満喫したい人に

ハイパーモタード系の水冷Lツイン937ccを鋼管トレリスフレームに積み、ストリート重視のスポーティさを追求した。Sは前後オーリンズや上下対応クイックシフターを備える上級版。’19で日本限定で艶消しのチタニウムグレーを追加し、3色設定となった。

【DUCATI SUPERSPORT S 2019】主要諸元■水冷4ストL型2 気筒 937cc 111.5ps 9.5kg-m 210kg 16L シート高810mm ●価格:180万9000円~(STD=162万9000円)

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX)の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX)

カワサキ ニンジャ1000 (Z1000SX)

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 20 価格種別 中古車 82

本体

127.75万円

価格帯 113.5~136.61万円

本体価格

本体

84.52万円

価格帯 54.99~117.27万円

諸費用

2.61万円

価格帯 0.99~6万円

諸費用

諸費用

4.53万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

130.37万円

価格帯 119.5~137.6万円

乗り出し価格

乗り出し価格

89.06万円

価格帯 76.6~101.67万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

スズキ GSX-S1000Fの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

スズキ GSX-S1000F

スズキ GSX-S1000F

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 107 価格種別 中古車 35

本体

120.97万円

価格帯 109.87~123.36万円

本体価格

本体

81.81万円

価格帯 65.99~129.35万円

諸費用

5.35万円

価格帯 4.55~7.55万円

諸費用

諸費用

13.35万円

価格帯 5.23~14.12万円

乗り出し価格

126.33万円

価格帯 117.42~127.91万円

乗り出し価格

乗り出し価格

95.17万円

価格帯 80.11~134.58万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ VFR800Fの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ VFR800F

ホンダ VFR800F

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 2 価格種別 中古車 2

本体

145.69万円

価格帯 141.91~149.47万円

本体価格

本体

77.94万円

価格帯 70.99~84.9万円

諸費用

7.19万円

価格帯 7.19万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

152.88万円

価格帯 149.1~156.66万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す