ニッポンのフラッグシップ、ついに終焉!?

ホンダCB1300 30thアニバーサリー:30周年記念車=ファイナルエディションとなるのか!?〈YM未来予想〉

‘92年のデビュー以来、30年間走り続けてきた唯一の400cc直4、CB400SF/SBの生産終了が決まった。 とはいえ、まだ兄貴分のCB1300は健在…、と心を落ち着かせたCBファンも多かったことだろう。しかし、ナント1300にも「‘23年型でファイナル」との情報が流れているのだ!

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

事実ならとても淋しい。ファンは買い時を逃すな!

 CB1300は‘21年型でユーロ5相当の国内新排ガス規制に適合したばかり。 ‘22年11月の全面適用以降も当面は安泰のハズだった。しかしCB1300は国内専用モデルの上、‘21年の販売実績は900台(二輪車新聞調べ)。大型クラス 12位と人気が低迷している。これ以上存続させてもコスト回収は見込めないと判断されたのか…。終了が本当なら、たいへん残念な話である。

ちょうど’22年は初代CB1000SFの誕生30周年。それにあたり「記念モデルが設定される」との情報をつかんだ。”ファイナル仕様”とは謳わないものの、これがラストモデルになるとの情報。 CB400SF/SBにファイナルは用意されなかったが、同じプロジェクトビッグ1シリーズとして、兄貴分が有終の美を飾るのだろうか。

その詳細は不明だが、ヤングマシン編集部では「スペンサーカラー」を熱烈希望。これは、後の伝説的WGP王者=F・スペンサーがデイトナAMAスーパーバイクで駆ったCB750Fレーサーのレプリカカラーで、現行1300(SC54)には一度も設定されていない。また、初代ビッグ1カラーもテッパンだろう。 登場は秋〜年末と予想。殿堂入りとなれば、CB1100ファイナルを上回る争奪戦になりそうだ――。

30周年記念車を予測

〈その1〉ビッグ1カラー

CB1300|30th Anniversary

【’23? HONDA CB1300SUPER FOUR|IMAGE CG】‘92年に登場した初代・CB1000 SUPERFOURのグラフィックを再現(エンジンカバーなどの配色も寄せてみました)。堂々としたタンクにデカデカと配された「HONDA」のロゴが硬派! [写真タップで拡大]

〈その2〉スペンサーカラー

CB1300|30th Anniversary

【’23? HONDA CB1300SUPER FOUR|IMAGE CG】CB系では定番カラーと言えるのが、F.スペンサーが駆ったCB750Fレーサーのレプリカカラーとなる“スペンサーカラー”。過去のCB1300では採用例があるものの、現行SC54型では未採用。可能性は高い!? [写真タップで拡大]

ボルドールもSFと同様に設定か

CB1300SUPER BOL D'OR

【’21 HONDA CB1300 SUPER BOL D’OR/SP】SBはフレームマウントのハーフカウルを備え、高速巡航が得意。カウル左右にそれぞれ容量約1Lの収納スペースを設置する。400と同様、’05年から現在まで設定されてお り、’21でSFと同じく電子制御スロットルなどを備えた。 基本設計はSFと同じなので、SFが生産終了すれば運命を共にするだろう。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1284cc 113ps/7750rpm 11.4kg-m/6250rpm ■272kg シート高780mm 21l ●167万2000円(SP204万6000円) ※諸元はSTD [写真タップで拡大]

最後のCB1100には記念仕様を設定

CB1100|ファイナルエディション

【’22 HONDA CB1100RS/EX FINAL EDITION】唯一の空冷直4を積むCB1100は、’21年10月にファイナル仕様が発表。専用カラーとエンブレムが与えられ、1600台超が早期に完売した。■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm ■255kg シート高780mm 16l ●136万2900円(RS140万3600円) ※諸元はEX [写真タップで拡大]

1992-2022“プロジェクトBIG-1”の30年

新時代のロードスポーツを創造する「プロジェクト BIG-1」を標榜し、’92年11月に初代1000がデビュー。 以来、威風堂々としたホンダの旗艦ネイキッドに君臨し続けている。大まかに3世代が存在するが、頻繁に細やかな熟成を実施。400とともに国内を代表するロングセラーだ。

※下記の参考スペックはSTDモデルで、車重は装備重量です。価格はSTDのツートーンカラー車で、発売当時の税抜価格となります。

1992|CB1000SUPER FOUR|SC30

【’92 HONDA CB1000SUPER FOUR[SC30]】’91東京モーターショーでコンセプト車が披露され、 ほぼ同じ姿で市販化。圧倒される巨体を乗りこなすのが醍醐味の硬派な怪物ネイキッドだった。心臓はCBR1000F譲り。 ■998cc 93ps 260kg 92万円 [写真タップで拡大]

1998|CB1300SUPER FOUR|SC40

【’98 HONDA CB1300SUPER FOUR[SC40]】初のフルモデルチェンジ。X4譲りの1300直4を専用バックボーンフレームに搭載し、 当時の最大排気量ネイキッドに。豪快な初代に対し、排気量を拡大しつつも扱いやすさを追求した。 ■1284cc 100ps 273kg 94万円 [写真タップで拡大]

2003|CB1300SUPER FOUR|SC54

【’03 HONDA CB1300SUPER FOUR[SC54]】新エンジンやダブルクレードルフ レームなどでほぼ全面刷新。2代目で増加した車重を徹底的に軽量コンパクト化し、21kgもの軽量化に成功。スポーティさを増した。■1284cc 100ps 254kg 99万円 [写真タップで拡大]

2021|CB1300SUPER FOUR|SC54

【’21 HONDA CB1300SUPER FOUR[SC54]】電子制御スロットルの新採用で、3段階の走行モード/トラクションコントロール/クルーズコントロールを獲得 。吸排気系も変更され、次期排ガス規制に適合した。■1284cc 113ps 266kg 142万円 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース