BMW M1000RR/50イヤーズM [新型バイクカタログ]:全身を極限まで磨き上げた、バイク初の“M”

BMW M1000RR

※情報更新日:2022年7月19日

M1000RR/50イヤーズM 概要

象徴のボクサーツインを筆頭に幅広いジャンルを手掛けるドイツ総合メーカー・BMW。M1000RRは、プレミアムな高性能4輪で知られるBMW M社の名を2輪で初めて与えられたハイエンド機だ。ベースはS1000RR。レースでの勝利を狙い、全身に徹底チューンを施している。馬力は、新作ピストンや圧縮比アップなどで5ps増の212psに到達。車重はカーボンホイールほかの投入で8kg減の192kgとした。車体ディメンジョンも最適化しつつ、空力性能を劇的に向上。ボックス状のカーボン製ウイングを導入し、様々なシーンで安定性が増した。さらにカーボンパーツなどで武装した上級版のMコンペティションパッケージは、車重191.8kgをマークする。

’22年6月には、Mシリーズの50周年を記念した限定車”50Years M”をリリース。国内向けは50台のみ、申込みは’22年6月末までと既に終了している。

’22 M1000RR 50イヤーズM

'22 M1000RR 50イヤーズM

【’22 BMW M1000RR 50YEARS M】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 212ps/14500rpm 11.52kg-m/11000rpm ■192kg シート高 832mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:サンパウロイエロー ●価格:439万5000円 [写真タップで拡大]

'22 M1000RR 50イヤーズM

カラーバリエーションは鮮やかなイエローの1色設定。50台の限定モデルだ。 [写真タップで拡大]

’21 M1000RR

BMW M1000RR

【’21 BMW M1000RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 212ps/14500rpm 11.52kg-m/11000rpm ■192kg シート高 832mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ライトホワイト ●価格:383万8000円〜(’22年前期は378万3000円〜) [写真タップで拡大]

BMW M1000RR

’21 BMW M1000RR [写真タップで拡大]

BMW M1000RR

’21 BMW M1000RR [写真タップで拡大]

BMW M1000RR

’21 BMW M1000RR [写真タップで拡大]

BMW M1000RR | 走り
BMW M1000RR | BMWの"M"

’70年代からM3などレース直系の高性能カーを手掛けてきたBMW M社。バイクで初のM仕様が本作で、’21年にデビューした。走りは激速でいて上質。 [写真タップで拡大]

BMW M1000RR|エンジン

燃焼室形状の変更やチタンコンロッドの軽量化などの大幅変更で、最高回転数はベース車から+500rpmの1万5100rpmに。もはや別物だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

BMWに関連する記事

チュート徳井、ガンダムみたいな攻めすぎデザインの電動バイクに「うほぉ~♪」「マジで近未来のバイクですね!」

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが、自身のYouTubeチャンネル『徳井video』にて、最新型の電動バイクでツーリングキャンプに出かけた様子を披露しました。 徳井さんはご存じこだわりなバイク&キャンプ好き芸人。今回は毎月恒例という某バイク誌の企画にて、試乗車を借りてツーリングキャンプの撮影へ出かけました。自身の愛車トライアンフ ボンネビルT120(関連記事)だけでなく、注目の新型車を毎 […]

【Q&A】国産バイクの2本ショックは絶滅寸前!? モノショックの方が高性能なの?【バイクトリビア020】

いかにも「衝撃を吸収しています!」と言わんばかりの2本ショックは、カスタムした際のアピール度も抜群……だったけれど、最近はなんだか少ないような……。いまやスーパースポーツから小排気量のネイキッドまでモノショックばかりだけど、もはや2本ショックは「昔のメカニズム」なんですか? スイングアーム式のリヤサスペンションが2本ショックの始まり 市販車もモノクロスサスペンションを装備 リンク式でさらに性能アッ […]

BMW [’22後期新型バイクカタログ]:”M”を冠するSSに限定車が登場! 各モデルとも熟成&新色導入実施だ

SSからスクーターまで揃える名門ドイツブランド スーパースポーツのみならず、スポーツツアラーやアドベンチャー部門においても、広く受け入れられる名モデルを有するBMW。ネオクラシック/クルーザー/スクーターなども揃えており、豊富なジャンル展開が特徴の総合ブランドだ。各車に搭載される心臓部も、同社の象徴であるボクサーツインを筆頭に、並4/並2/シングルなど多彩。 ’22後期ではスーパースポ […]

BMWから新型車「G310RR」登場! 後方排気のスーパースポーツはG310シリーズの第3弾【海外】

BMWはインドで、G310R、G310GSに続くG310シリーズの第3弾となる「G310RR」を発表した。いずれもインドでの現地生産だが、G310RおよびG310GSは日本にも導入されていることから、G310RRもこれに続くことが期待される。 ライディングモードやコーナリング対応ABSも装備 BMW・G310シリーズに最新モデルが登場した! 日本でも販売されているG310R、G310GSに続くシリ […]

BMWのバイクレンタル「RENT A RIDE」が日本国内でサービスを開始!

BMWが本国ドイツなどで展開していたバイクレンタルサービス「RENT A RIDE」を、ついに日本国内でも開始! ライダーは日本国内だけでなく「RENT A RIDE」を展開している国およびディーラーがあれば、どの国でもサービスを利用することが可能になる。 国内だけでなく世界21カ国で利用できるレンタルサービス モビリティサービスの提供において、シェアリングエコノミーの取り組みが国内でも注目を集め […]

バイクの“味わい”見つけたり!! BMWの電動スクーターCE04 試乗インプレッション【電動モーターの鋭い加速が地面を蹴る】

BMWの電動スクーターが第二世代のCE04へと進化! 永久磁石式電気モーターならではの鋭い加速はそのままに、スロットルレスポンスに操る楽しさが加わった!? ファンライドの“芽”は出た。次は車体の楽しさだ BMWの電動スクーターに乗るのは’15年に国内テスト導入されたCエボリューション以来。あれから約6年。後継機であるCE04に乗ると、かなりの進化を体感ことができた。先代は正直なところ“ […]

【Q&A】リヤタイヤの回し方は様々。じつはチェーンよりも高効率なシャフトドライブ【バイクトリビア016】

BMWやモト・グッツィなどが積極的に採用しているシャフトドライブは、頑丈そうなルックスだけど一般的なチェーンより何だか構造が複雑そうだし、重そうな感じもする……。バイクに採用されている理由って何ですか? バイクの後輪、どうやって回してる? 現行バイクのほとんどが後輪駆動。そしてエンジンが後輪を駆動する方法はチェーンが主流で、双璧を成す……まではいかないかもしれないが「シャフトドライブ」もけっこうメ […]

縦置きエンジンって?

飛行機エンジンに端を発した水平対向から縦置きの世界が進化! 縦置きエンジン!? ……エンジンに縦とか横とか、それすら何のことやらという方もいるだろう。 しかし機種こそ多くないマイノリティではあるものの、100年も続いた実績といまも「最強」と認めるライダーが多いそのポテンシャルは知っておいても損はないはず。 その縦置きの原型は水平対向エンジン。そもそものルーツはBMWだ。 BMWのエンブレムは本拠地 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース