WSBKで勝つためにウイングレットも装備

【212ps/192kg】BMWから突如『M1000RR』が登場! バイク初の“M”モデルが誕生した

  • 2020/9/23
BMW M1000RR

BMWは、S1000RRをベースとしたピュアスポーツマシン「M1000RR(M RR)」を発表。数日前に流れたティーザーで風洞実験質が映し出されていたが、まさしくそれを反映してウイングレットを装備する、スーパーバイク世界選手権(WSBK)で勝つためのマシンだ。そのパワーはなんと212ps/14500rpm!

直4の“実測キング”がさらにパワーアップ! カーボンホイール標準装備、Mウイングレットほか……実用的なUSB充電ソケットも装備

数日前からティーザーが流れ始めていたBMW・M1000RRがその姿を現した。BMW自身による省略形の呼称ではM RRとなるようだが(S1000RRは“RR”)、このマシンはS1000RRをベースとした、BMWモトラッド(BMWのバイク部門)が初めて投入するMモデルとなる。

そもそもMモデルとは、BMWの四輪のほうで長年にわたって使われてきたモータースポーツ向け特別仕様のことで、オプション装着によるMバージョンとは一線を画した真のスポーツ仕様のことだ。

とはいうものの、このM1000RRはナンバー取得も可能な公道ベースのマシンであり、スーパーバイク世界選手権での勝利を目指したものではあっても、ロードゴーイングレーサー=公道走行可能なピュアスポーツとして仕立てられている。

RRに対するM RRの変更点は多岐にわたるが、要点はパワーアップと軽量化、そしてエアロダイナミクスの向上だ。実は、S1000RRはカタログ上では207psとされ、必ずしも現在の1000ccスポーツで最強とは言えないスペックに思えるが、実際に後輪出力を測定するとヤングマシンを含めた各メディアでカタログ表記以上の数値を発揮することで知られている。ということは、M RRの212psは実測でさらにライバル勢を突き放す可能性が大なのだ。

そして装備重量はRRの193.5kgからM RRは192kgとなっている。カーボン製とはいえウイングレットなどの追加パーツを装備しながら軽量化を促進しており、気合の程が伺える数値だろう。では、以下に順を追ってM RRならではの仕様を解説していきたい。

なお、日本仕様の登場も確実だが、BMWジャパンのホームページによれば価格と発売時期は未定となっている。 ※参考:英国における発売価格は3万935ポンド=約415万円

BMW M1000RR

【BMW M1000RR[2021 model]】主要諸元■全長2073 全幅848 全高未発表 軸距1457 シート工832(各mm) 車重192kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 212ps/14500rpm 11.53kg-m/11000rpm 変速機6段 燃料タンク容量16.5L■キャスター23.6°/トレール99.8mm ブレーキ形式F=φ320mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ220mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●価格:未定 ●国内発売時期:未定 [写真タップで拡大]

日本時間2020年9月23日16時に開始されるライブポッドキャスト

207ps/13500rpmから212ps/14500rpmへ! チタンコンロッド、チタンバルブ、2本リングなどを採用

M1000RRのエンジンはS1000RRをベースとしながら、207ps/13500rpmから212ps/14500rpmへと5psのパワーアップを果たしている。最大許容回転数は14600rpm→15100rpmとしており、約6000rpm以上の回転域ではS1000RRをパワー/トルクとも全て上回る。

新しい2リングの鍛造ピストンは12g軽く、圧縮比は13.3→13.5に。フィンガーフォロワーロッカーアームもスリム化と6%の軽量化を施したという。マシン加工された吸気ポートはRRから形状も変わっているほか、可変バルブタイミング&リフト機構のシフトカムにも新たなジオメトリーが与えられた。4本のチタンコンロッドはそれぞれ85gの軽量化を達成し、超高回転域のパワー向上に貢献している。

M RRで新採用となったバリアブルインテークファンネルは、サーボモーターによる駆動で11900rpmでファンネル長を変化させる。

そのほかアンチホッピングクラッチやローンチコントロール、3657gの軽量化を達成したチタン製エキゾーストシステム(11437g→7780g)などを新たに採用した。もちろんシフトアシストプロ(クイックシフター)は上下双方向対応だ。

bmw-m1000rr

軽量なエンジンブロックにチタンコンロッドやチタンバルブを組み合わせ、ポテンシャルアップを狙った。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

最高出力は207ps13500rpmから5psアップの212ps/14500rpmへ。最大トルクは11.53kg-m/11000rpmで不変。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

吸気/排気バルブはチタン製に。DLCコートが施されたフィンガーフォロワーロッカーアームは幅が8→6.5mmとされ、各6%(0.45g)の軽量化を達成した。またカムシャフトのドライブはチェーンによるダイレクトドライブを採用。バルブリフトは0.4mm増えたという。1本あたり85g軽いチタンコンロッドは2mm長い101mmとされ、水平方向の慣性力を低減した。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

上下双方向対応のクイックシフター、シフトアシストプロを採用。ステップ位置は回転式のアジャスタブルのようだ。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

フロントサイレンサーを5630g(RR:9158g)、リヤサイレンサーを2150g(RR:2279g)とし、トータルで7780g(RR:11437g)としたチタンエキゾーストシステム。 [写真タップで拡大]

その名も「Mウイングレット」でもっと開けられるように!

Mスポーツの協力によって生み出されたカーボン製“Mウイングレット”は、ドゥカティのようなオープンタイプではなくボックス形状を採用。ブレーキングからコーナリングのスタビリティを向上し、さらにウイリー抑制による効果でスロットルをもっと早く開けられる。エアロダイナミクスの研究成果により、最高速は犠牲になっていないという。

ダウンフォースは300km/h時点でフロント13.4kg/リヤ2.9kgとし、トータル16.3kgとしている。50km/hからのダウンフォース数値については下記を参照していただきたい。

bmw-m1000rr

50km/h刻みで前後それぞれのダウンフォース数値を公開するのがいかにもBMWらしい。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

カーボン製のMウイングレットを装備。ちなみに、どこのコースか明かされてはいないが、スリックタイヤを装備したのみのM RRは、Markus Reiterberger選手のライドによりBMWのスーパーバイクファクトリーマシンのトム・サイクス選手のラップタイムから“たったの”2.101秒遅れ、そしてそのチームメイトからは1.590秒遅れに留まったという。ファクトリーマシンはM RRよりも15kg軽く、15psパワフルだそう。 [写真タップで拡大]

もちろん電子制御満載! ローンチコントロールやピットレーンリミッターも

ライディングモードは「Rain」「Road」「Dynamic」「Race」そして「Rece Pro 1-3」が用意されており、6軸IMUによるダイナミックトラクションコントロールとDTCウイリーファンクションも装備。スロットルレスポンスは2段階に切り替えられるほか、3段階のエンジンブレーキ調整も「Race Pro」モードで可能だ。

ローンチコントロールとピットレーンリミッターに加え、公道で実用的なヒルスタートコントロールPROやUSB電源ソケットも備えているのがBMWらしいところ。

メーターパネルは6.5インチのTFTディスプレイを採用。スタートアニメーションではMのロゴが表示される。M GPSロガーとM GPSラップトリガーも装備する。

bmw-m1000rr

電子制御の各モード詳細。 [写真タップで拡大]

カーボンホイールにMブレーキ、機械式倒立フォーク

M RRはカーボンホイールを標準装備。マルゾッキ製の倒立フォークは電子制御式ではなく機械式で、組み合わせるブレーキキャリパーにはMの名が刻印されている。

シャーシのジオメトリーもM RR専用とされるほか、スイングアームピボットは-2mm~+2mmの可変タイプを採用。フロントフォークのオフセット量は26.5㎜で、RRのトレール93.9mmからM RRはトレール99.8mmとした。スイングアーム長は618.3mm(RR:606.6mm)。フロント荷重はRRの53.8%から52.1%へと軽減された。

さらにリヤアクスルも新設計として、クイックリリースに対応したリヤブレーキピストンの採用により、素早いリアホイール交換が可能となっている。

bmw-m1000rr

ホイールベースはRRの1440mmから1457mmへと長くなった。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

Mの名が刻印されたキャリパー。その名もMブレーキだ。φ320mmのブレーキディスクは5mm厚(RR:4.5mm)。 [写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

26.5mmオフセットされたマルゾッキ製の倒立フォークは機械式。上下クランプはアルミ削り出しだ。前後ホイールトラベルはF=120mm/R=118mm(RR:117mm)。 [写真タップで拡大]

軽量バッテリー、USB電源ソケット、クルーズコントロール、グリップヒーター

M RRの電気的な装備は基本的にRRを踏襲しているという。というわけで、5AhのUSB電源ソケットやアダプティブクルーズコントロール、そして信じがたいことにグリップヒーターまで装備しているようだ。これだけレーシングマシンとしてのポテンシャルを売りにしているにもかかわらず、公道での快適性や安全性を謳うのもBMWならでは。バッテリー重量は1288gだ。

bmw-m1000rr

BMWのMシリーズ(四輪)の間にM1000RR。ちなみにM RRは、FIMが定めるスーパーストック/スーパーバイクのレギュレーションに則り、最低500台の生産とレギュレーションが定める価格帯での発売が予定されている(参考:英国における発売価格は3万935ポンド=約415万円)。さらに、キットエンジン(タイプ5-7)、キットエレクトロニクス(STK & SBK)、レースエキゾーストシステム、タンク/シートコンフィギュレーション、レースボディキットもラインナップされる予定だ。 [写真タップで拡大]

BMW M1000RR[2021 model]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

bmw-m1000rr

[写真タップで拡大]

●情報提供:BMW Motorrad
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2