ヤマハ トリシティ300[新型バイクカタログ]:LMWツーリングスクーター

トリシティ300 概要

片側2本ずつのテレスコピック式フロントサスペンションを、平行を保とうとする2本のアームなどで構成されたパラレログラムリンクで支持する、ヤマハ独自のフロント2輪機構=LMWを採用。欧州向けスクーターのXMAX300を土台に用いつつ設計されているが、フレームをはじめとして専用パーツは多い。前後連動ブレーキ/3輪独立制御ABS/トラクションコントロールを搭載。約45L容量のシート下トランクもある。

’20 トリシティ300

'20 ヤマハ トリシティ300|ブルーイッシュグレーソリッド4

【’20 YAMAHA TRICITY 300】■水冷4スト並列単気筒SOHC4バルブ 292cc 29ps/7250rpm 3.0kg-m/5750rpm ■車重237kg シート高795mm 13L ■タイヤサイズF=120/70-14 R=140/70-14 ●色:ブルーイッシュグレーソリッド4 マットグレーメタリック6 マットダークグレーメタリックA ●価格:95万7000円 ●発売日:’20年9月30日 [写真タップで拡大]

'20 ヤマハ トリシティ300|ブルーイッシュグレーソリッド4

[写真タップで拡大]

'20 ヤマハ トリシティ300|マットグレーメタリック6

[写真タップで拡大]

'20 ヤマハ トリシティ300|マットダークグレーメタリックA
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはグレー/マットグレー/マットグリーニッシュグレーの3色展開。

'20 ヤマハ トリシティ300|LMW機構
'20 ヤマハ トリシティ300|自立機能

【前脚は4本のサスペンション&自立機能も!】LMW機構のリンク部をロックすることで自立させられる機能を搭載。この状態でもサスペンションはストロークする。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トリシティ300に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型&ミドルスクータークラス【進撃X-ADVを追う新たなSUV系誕生に期待】

国内メーカー製に限定すると、かなり少数精鋭となるのが大型&ミドルスクータークラス。その代わり、現在新車販売されている機種はどれも大きな魅力や圧倒的な個性を備えている。海外市場向けモデルの国内仕様化にも期待したい! 選べる車種は限られるが、利便性と個性に注目すべき 15年ほど前のビッグスクーターブームが嘘のように、日本では静けさに包まれる大型&ミドルスクータークラス。日本で正規購入できる国内メーカー […]

2021年新車バイクラインナップ〈日本車251〜400ccスクーター〉トリシティ/バーグマン

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 ヤマハ トリシティ300:LMW×トラクションコントロール×ABS […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

ヤマハ トリシティ300試乗インプレッション【安定性と運動性を両立する熟成のLMW技術】

トリシティ125/155、ナイケン/GTに続くヤマハのLMWシリーズ第5弾として登場したトリシティ300。125/155とは車体から全くの別物で、初のスタンディングアシスト機構を採用。292cc水冷エンジンによる走りやいかに。 [〇] 排気量の大きさに納得。LMWの安心感は秀逸だ ネーミングからして誤解されそうだが、このトリシティ300は125/155の単なる排気量拡大版ではない。フレームから専用 […]

本当に転ばないバイクへ、また一歩! ヤマハ「トリシティ300」自立アシスト機能を携えて本日9/30発売

ヤマハのフロント2輪バイク、LMWシリーズの最新作であるトリシティ300が発表された。今までのトリシティ125/155やナイケン(NIKEN)との最大の違いは、停車時の自立をサポートする「スタンディングアシスト」を装備していることだ。これで絶対に立ちゴケしないバイクの実現となるか? 発売日は2020年9月30日、価格は95万7000円だ。 スタンディングアシストや新フレーム採用、300ccはこの車 […]

ヤマハ新3輪「トリシティ300」試乗インプレション&スタンディングアシストを試してみた

ヤマハのLMWシリーズ最新モデルとなる「トリシティ300」が間もなく発売になる。先行してテスト車両をお借りできたので、2日間にわたって通勤などで使用したインプレッションをお届けしたい。気になる“スタンディングアシスト”の威力、そして最新LMWの実力とは? 快適で安心感のある走りはスクーター界の“グランツーリスモ” フロント2輪の3輪バイク、ヤマハ「トリシティ300」は同社のLMWシリーズ第4弾。ト […]

本当に転ばないバイクへ、また一歩! ヤマハ「トリシティ300」自立アシスト機能を携えて登場

ヤマハのフロント2輪バイク、LMWシリーズの最新作であるトリシティ300が発表された。今までのトリシティ125/155やナイケン(NIKEN)との最大の違いは、停車時の自立をサポートする「スタンディングアシスト」を装備していることだ。これで絶対に立ちゴケしないバイクの実現となるか? 発売日は2020年9月30日、価格は95万7000円だ。 スタンディングアシストや新フレーム採用、300ccはこの車 […]

【映像】さらば立ちゴケ! 足を降ろさずに停車可能なヤマハの3輪スクーター「トリシティ300」の直立アシスト機能

2019年秋のミラノショーことEICMAで発表され、日本市場への導入も期待されている「トリシティ300(Tricity 300)」について、先進的な機能を伝える映像が欧州で公開された。安定感のあるLMWスクーターに大きめの排気量が登場するのも嬉しいが、目玉となるのは、停車時に車体を直立に保ってくれる“スタンディングアシストシステム”だ。もう立ちゴケの心配はいらない? 左手元のボタンひとつで直立アシ […]

’20新車バイク総覧〈車検レス&400ccミドルスクーター|国産車#2/2〉ヤマハ/スズキ

’20年に販売される国産新車バイクのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてピックアップ。前ページのホンダ車に続き、ヤマハLMWシリーズ第4弾のトリシティ300/155、250ccのXMAX、NMAX155、マジェスティS、スズキのバーグマン400/200を紹介する。 ヤマハ トリシティ300:自立支援機能も装備するLMW ヤマハが誇るフロ […]

’20ヤマハ・トリシティ300は都市間移動を見据えたLMWクルーズコミューター

ヤマハが追究するLMW(リーニングマルチホイール)車の第4弾「トリシティ300」。ベースとなるのはグローバル戦略スクーターのXMAX300だ。車格は全体的に大柄になってはいるが、ハンドル切れ角は72度と街中でのコンパクトな動きにも対応しているのが印象的。都市間も余裕を持って移動できるひとつ上のコミューターを狙っている。 余裕サイズでクルーズ性能も期待 LMW第4弾「トリシティ300」の内容がリアル […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報