第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:251〜400cc小型二輪総まとめ#3(スクーター)

ビッグスクーターが一大ブームとなったのははるか昔。このクラスは現在、国内メーカーに限定するとラインアップはかなり限られる…のだが、だからこそ厳選された魅力的な車種が多い。海外市場ではこの1〜2年、ホンダが新型を次々導入。国内仕様化は…?


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司/田宮徹/宮田健一)



利便性と快適性に優れた個性派

「ビッグスクーター」に明確な定義はないが、一般的にはエンジンの排気量ではなく車格が大きな250ccクラスから上のスクーターをそう呼ぶことが多い。

日本では20年近く前に、このカテゴリーの大きなブームが到来。しかし10年以上前に流行は終焉し、その後は静かな状態が続いている。

とはいえこれは、ビッグスクーターに魅力がなくなった…ということではない。変速の必要がない操縦しやすさに加えて、ほとんどの車種がシート下に大きなトランクを備えていて積載性と利便性は抜群。タンデムライダーの居住性も高く、動力性能にも申し分ない。

国内メーカーの小型二輪(251〜400cc)としては、ホンダは欧州でADV350とSH350iを展開(国内未導入)、ヤマハは3ホイールのトリシティ300、スズキは唯一のフルサイズ400ccエンジン・バーグマン400を国内で販売中だ。



ホンダADV350:日本版250の開発にも期待したくなる新型登場

ホンダADV350

※写真は’22欧州仕様 [写真タップで拡大]

「ADV350」は欧州向けの’22年モデルとして発表された新型。X-ADV/ADV150に続くシリーズ3作目で、アドベンチャーが持つアクティブな雰囲気とスクーターの利便性を融合したフルオートマチック変速モデルだ。開発ベースは、欧州などで販売中のフォルツァ350。外装類の専用化/フロントフォークの倒立化/リザーバータンク付きリヤツインショックへの換装/スポークが細い前後キャストホイールデザイン/ブロックパターン風タイヤの採用などで、独特な世界観を表現している。メーターも専用設計で、フルデジタル表示の液晶ディスプレイはスマホ連携機能付き。ブルートゥースでスマホだけでなくヘッドセットを接続すれば、ボイスコントロール機能も使える。フォルツァ350は、日本版250のベースになっている機種…と考えると、日本向けにADV250が登場することにも期待が高まる。



ホンダSH350i:欧州向けハイホイールスクーター

ホンダSH350i

※写真は’22欧州仕様 [写真タップで拡大]

走行安定性に優れる前後16インチの大径ホイールと、乗り降りしやすいフラットフロアボードデザイン、コンパクトな車体設計が特徴。’21年型で、それまでのSH300iから排気量が51cc拡大され、出力向上とユーロ5適合化も果たした。フルフェイスヘルメットも収納可能なシート下トランクには、タイプCのUSB充電ポートも搭載。モノクロフルデジタル表示メーターやスマートキーを採用する。



ヤマハ トリシティ300:安定感に優れる前2輪のATツアラー

ヤマハ トリシティ300

[写真タップで拡大]

日本では’20年9月に導入開始。フロントの足まわりには、平行を保とうとする2本のアームなどで構成されたパラレログラムリンクで片側2本ずつのテレスコピック式サスを支持する、ヤマハ独自のLMW技術が使われる。ナイケン譲りのアッカーマンジオメトリにより、自然なハンドリングと接地感を実現。スイッチ操作によりLMWの動きを電動ロックして、車両の自立をアシストする機能もある。取り回しやすさを確保するため、この状態でもサスの伸縮機能は維持される。開発ベースは欧州向け2輪スクーターのXMAX300だが、フレームをはじめ専用部品が多数。エンジンは環境性能に優れるブルーコア仕様で、リヤブレーキロック機構/45Lのシート下トランク/スマートキーシステムを備える。



スズキ バーグマン400 ABS:走りに余裕ある王道ビッグスクーター

スズキ バーグマン400 ABS

[写真タップで拡大]

スカイウェイブ400の後継として’17年型で新登場。400ccクラスの排気量上限となるエンジンを積み前後15/13インチホイールを履いた、スタンダードなビッグスクーターだ。42L容量シート下トランクに加え、左右合計で6.3L容量となるフロントボックスも装備。右側ボックスにはDC12V電源ソケットを内蔵する。カギは機械式ながらキーシリンダーはシャッター付きで、その左側にはノブが大きめで使いやすいパーキングロックレバーを搭載。ライダー側のバックレストは3段階調整式だ。’21年7月の熟成でエンジンがデュアルスパーク化。オンオフ式のトラクションコントロールと、ボタンワンプッシュでエンジン始動までセルが駆動するイージースタートシステムを新採用し、最新排ガス規制にも適合化された。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース