’20国産新車バイク完全アルバム

Early’20ヤマハ/スズキ ミドルスクーター〈150〜400cc〉新車ラインナップ

  • 2020/2/19
Early’20ヤマハ ミドルスクーター〈150〜400cc〉新車ラインナップ

’20年に販売される国産新車バイクのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてピックアップ。前ページのホンダ車に続き、ヤマハLMWシリーズ第4弾のトリシティ300/155、250ccのXMAX、NMAX155、マジェスティS、スズキのバーグマン400/200を紹介する。

ヤマハ トリシティ300:自立支援機能も装備するLMW

ヤマハが誇るフロント2輪のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)シリーズ第4弾として登場するのが、’19秋の東京モーターショーでお披露目されたトリシティ300。XMAX300の車体やエンジンをベースに、おなじみパラレログラムリンク式のフロント2輪機構を組み込んで、安定したハンドリングと都市間の移動も見据えた余裕あるパワーフィールと居住性を実現している。また、LMWとしては初の「チルトロックアシストシステム(TLA)」を搭載。LMW機構の上部を電動キャリパーでロックし、車両の自立をアシストしてくれる。なお、300は欧州向けの製品。国内仕様のアナウンスはまだだが、300以外にも400/250/125と共通プラットフォームで多排気量を展開しているXMAXをベースとしているだけに、250cc版として投入される可能性が濃厚。今後に注目だ。

ヤマハ トリシティ300

【’20 YAMAHA TRICITY 300】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 292cc 28ps/7250rpm 2.96kg-m/5750rpm ■239kg(装備) シート高795mm 13L ■タイヤF=120/70-14 R=140/70-14 ●YM予想価格:90万円前後 ●発売予想時期:’20年冬頃

ヤマハ トリシティ300

カラーバリエーション:アイコングレー(上)、ガンメタルグレー(下左)、テックカモ(下右)

ヤマハ トリシティ300

LMW機構には、ナイケンで誕生したLMWアッカーマンジオメトリーも採用され、軽快にコーナリングできるハンドリングを追求している。

ヤマハ トリシティ300

欧州の車両規則まわりの法規に合わせて前後連動のリヤブレーキは足元でも操作可能。なお、300ccは欧州では四輪免許でも運転可能だ。

ヤマハ トリシティ300

上部にタコメーターも備えたモノクロデジタル液晶メーターを採用。エンジン始動やシートロックの開閉はスマートキーによって行う。

ヤマハ トリシティ300

シート下にはベースとなったXMAXゆずりの広大な空間が用意され、ヘルメット2個が収納可能だ。LEDの内部照明も用意されている。

ヤマハ トリシティ155:ヤマハ独自のLMW第2号

ヤマハ トリシティ155

【’19 YAMAHA TRICITY 155】■水冷4スト単気筒 155cc 15ps 1.4kg-m ■165kg(装備) 7.2L ●価格:47万5200円 ●販売中

ヤマハ トリシティ155

カラーバリエーションは、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6の3色。

ヤマハ XMAX:世界中で展開するMAXシリーズの主力

ヤマハのグローバル戦略スクーターで、共通プラットフォームをベースに仕向地によって400-300-250-125と多排気量を展開。日本では250のみ導入されている。トラコンやABS、スマートキーは標準装備。ヘッドライトはLEDとなっており、ウインドスクリーンはボルト位置を変更することで上に50mm移動可能となっている。

ヤマハXMAX

【’19 YAMAHA XMAX】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 23ps/7000rpm 2.4kg-m/5500rpm ■179kg(装備) シート高795mm 13L ■タイヤF=120/70-15 R=140/70-14 ●価格:65万4500円 ●販売中

ヤマハXMAX

MAXシリーズの頂点・TMAXにも通じる2連メーターデザインを採用。

ヤマハXMAX

テールランプはLED。リヤウインカーはそこにビルトインされている。

ヤマハ NMAX155:TMAXスタイルとなった’20年モデルがインドネシアで発表

可変バルブタイミング機構(VVA)を搭載したブルーコアエンジンを搭載する世界戦略スクーターで、この’19年12月にはインドネシアでフルモデルチェンジした’20モデルの155が欧州や日本に先がけて発表。外装は一新されて、ボディサイドにあるブーメラン状のパネルをはじめTMAXを思わせるデザインとなっている。また、トラクションコントロールやアイドリングストップ、スマートモータージェネレーター、新型メーターやスマートキーシステムなど多岐にわたるグレードアップを実施。注目はスマートフォンと連携する「ヤマハモーターサイクルコネクト」機能の搭載で、電話やメッセージの通知のほか、駐車位置お知らせ機能や、メンテ時期や故障通知機能が実現されている。左インナーポケット内には新たに電源ソケットも追加された。

ヤマハ NMAX155[インドネシア仕様]

【’20 YAMAHA NMAX 155】※写真はインドネシア仕様 ●国内導入未定

ヤマハ NMAX155

【フルLEDでシャープにフェイスリフト】(上)新型はTMAXのような顔つきとなり、ヘッドライトは2眼に。ポジションランプはライト上から下に位置が変わった。テールランプは左右2分割となり、シャープなデザインに。ウインカーは新型もハロゲンバルブを採用する。(下)従来型はLEDヘッドライトとテールランプに、ハロゲンバルブのウインカーを採用。ヘッドライトは新型と比べてレンズ面積が広く取られているのが特徴。ハイビーム時には中央のライトが点灯する3灯式となっている。

ヤマハ NMAX155

【ドーム型液晶も刷新】(左)新型はメーター形状を変更。(右)旧型のメーターは半円状の液晶デジタルで、上部には時計も表示される。

ヤマハ NMAX155

インドネシア仕様では、トラクションコントロールと「ヤマハ・モーターサイクル・コネクト」はABS付きの上級版にのみ搭載され、非装備のSTDも用意されている。

ヤマハ NMAX155

【’19 YAMAHA NMAX 155】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124㏄ 12ps 1.2㎏-m ■127kg(装備) シート高765mm 6.6L ●価格:38万5000円 ●販売中

ヤマハ マジェスティS:ロー&ロング系スタイル

「デキるヤツはカオにでる」をテーマに、プロジェクタハイビームとリフレクターロービームのLEDヘッドライトで表情を演出。155ccの排気量を活かして市街地から高速道路まで余裕ある走りを見せる。フラットなフットボードや32Lトランクなど使い勝手も自慢だ。

ヤマハ マジェスティS

【’19 YAMAHA MAJESTY S】■水冷4スト単気筒 155cc 15ps 1.4kg-m ■145kg(装備) 7.4L ●価格:37万9500円 ●販売中

ヤマハ マジェスティS

カラーバリエーションは、ブラックメタリックX、ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークブルーイッシュグレーメタリック3、シルキーホワイトの4色。

スズキ バーグマン 400 ABS:今や貴重な国産400スクーター

国内仕様では数少なくなってしまった貴重な400クラスのビッグスクーターで、スカイウェイブ400の後継として’17年に登場。エンジンにはパワフルなDOHC4バルブ単気筒を採用している。フロントボディには左右独立2灯式のLEDヘッドライトを搭載。ウインカーはボディ脇にビルトインされている。シート下トランクの容量は42Lだ。

スズキ バーグマン 400 ABS

【’20 SUZUKI BURGMAN 400 ABS】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 399cc 31ps/6300rpm 3.7kg-m/4800rpm ■215kg(装備) シート高755mm 13L ■タイヤF=120/70-15 R=150/70-13 ●価格:81万4000円 ●販売中

スズキ バーグマン200:250よりお手軽、125よりパワフル

コンパクトな車体サイズにまとめながら、フルフェイスヘルメット2個を収納可能な41Lトランクをはじめ、199㏄のエンジンで1人乗りでも2人乗りでもスムーズな走りなど、使い勝手を重視。日常からレジャーまで、あらゆるシーンでの活躍を目指したスクーターだ。

スズキ バーグマン 200

【’19 SUZUKI BURGMAN 200】■水冷4スト単気筒 199cc 18ps 1.6kg-m ■163kg(装備) 10L ●53万3500円 ●販売中

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。