ヤマハ トレーサー9GT [’22後期 新型バイクカタログ]:前後17インチホイールのオンロードアドベンチャー

ヤマハ トレーサー9GT

ヤマハ トレーサー9 GT 概要

MT-09が開発ベースのオンロードツアラー。’21年型でMT-09と同時刷新され、水冷並列3気筒エンジンは排気量が845→888ccに拡大。MT-09の新作メインフレーム(CFアルミダイキャスト製)に専用チューニングを施し、専用のリヤフレームおよび伸長されたアルミボックス構造のスイングアームと組み合わせる。前後ホイールは17インチ径で、鋳造でありながら鍛造に匹敵する強度と靭性のバランスを達成したスピンフォージド技術がMT同様に使われる。電子制御も磨かれ、6軸IMUの情報を各種制御に活用。日本では、コーナリングライトなども標準装備した上級版のGTのみ販売されている。

’21 ヤマハ トレーサー9 GT

主要諸元

ヤマハ トレーサー9 GT|ブルーイッシュホワイトメタリック2

【’21 YAMAHA TRACER9 GT】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■車重220kg シート高810-825mm 18L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 マットダークグレーメタリックA ビビッドレッドソリッドK ●価格:145万2000円 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|マットダークグレーメタリックA
ヤマハ トレーサー9 GT|ビビッドレッドソリッドK

従来型トレーサー9またはそれ以前に展開されてきたトレーサー900などのイメージを受け継ぐシルバー、これまでより明るくスポーティな雰囲気のレッド、シンプルかつ高品質で年齢層やライディングウエアを選ばないグレーと、3タイプの車体色をラインアップ。 [写真タップで拡大]

エンジン/フレーム

ヤマハ トレーサー9 GT|エンジン

【3気筒でトルクフル】最新型MT-09と同スペックの888cc水冷並列3気筒エンジンを搭載。ピストン/コンロッドなど多くの主要パーツが新設計されて軽量化も図られた。アシスト&スリッパークラッチや上下双方向対応のクイックシフターを装備している。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|エンジン

メインフレームは最新のCFアルミダイキャスト技術で最低肉厚も低減。 [写真タップで拡大]

足まわり

ヤマハ トレーサー9 GT|サスペンション

【KYB電子制御サスペンション】KYB社と共同開発された前後セミアクティブサスペンション=KADSを搭載。6軸IMUも制御に活用しながら、減衰力が自動調整される。制御はスポーツモード/コンフォートモードから選択可能だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ トレーサー9 GT|3.5インチダブルTFTメーター

【多彩なメーター機能&充実の電子制御系】3.5インチダブルTFTメーターを2画面搭載。左側のメインメーターに配されたバー表示の回転計は、回転計に応じて色が変化。クルーズコントロールのセット速度も確認できる。右側サブメーターには、各種情報のうち4項目を選んで拡大表示可能。電子制御の調整も多彩で、バンク角も考慮した制御のトラクションコントロール/旋回をサポートするスライドコントロール/前輪の浮き上がり傾向時にライダーを支援するリフトコントロールを搭載している。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|クルーズコントロール

【クルーズコントロール標準装備】左手側スイッチでセット/速度調整/レジューム操作などができる。メーターサブ画面の表示項目切り替えなども、左手側スイッチボックスで実施。 [写真タップで拡大]

ヤマハ トレーサー9 GT|コーナリングランプ

【コーナリングランプ】下側に左右2灯式のモノフォーカスヘッドライトを装備。上段2灯はポジションランプで、GTは5km/h以上でバンク角7度超から点灯するコーナリングランプが組み合わされる。すべてLEDだ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

トレーサー9 GTに関連する記事

ヤマハ トレーサー9GT [’22後期 新型バイクカタログ]:前後17インチホイールのオンロードアドベンチャー

ヤマハ トレーサー9 GT 概要 MT-09が開発ベースのオンロードツアラー。’21年型でMT-09と同時刷新され、水冷並列3気筒エンジンは排気量が845→888ccに拡大。MT-09の新作メインフレーム(CFアルミダイキャスト製)に専用チューニングを施し、専用のリヤフレームおよび伸長されたアルミボックス構造のスイングアームと組み合わせる。前後ホイールは17インチ径で、鋳造でありながら […]

警察仕様のトレーサー9誕生! イタリアの国家憲兵ともパートナーシップを締結

ヤマハはイタリアで、カラビニエリ(Carabinieri)=国家憲兵とパートナーシップを締結。48台のトレーサー9を供給し、年末にはさらに35台を追加するとした。また、同じくイタリア州警察には2020年のFJR1300に続き170台の専用トレーサー9を供給する。この車両は昨年のEICMAで公開されたものでもある。 州警察/カラビニエリ専用カラーがカッコいい! 2022年7月19日、イタリアヤマハは […]

〈動画〉これぞ究極のオールラウンダー!【ヤマハ トレーサー9 GT】試乗インプレッション

アドベンチャースタイルにスポーツモデルの運動性能を実現し、ツアラーとしての快適性&積載性を拡張したトレーサー9 GT。盛りに盛った欲張り系マシンの本機が、ベースモデルとなるMT-09と同時にリニューアルを果たした! 排ガス規制対策はもちろんのこと、前モデルから43ccの排気量アップした通称”CP3″エンジンは最高出力120psを達成。MT電子制御サスペンションにクルーズコン […]

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100って噂だけど……

ヤマハは、2022年モデルをもってFJR1300シリーズの生産を終了すると発表しているが、気になるのはヤマハ製の白バイが今後どうなるのかということ。ホンダはNT1100の白バイ仕様が登場するという噂もあるなか、全国を走る白バイの姿はどのように変化していくのだろう? 現在、白バイといえばホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300P」 日本における白バイは、世界でいえばポリスバイクと呼ばれたりし […]

全方位へ正常進化! ヤマハ トレーサー9 GT試乗インプレッション【電子制御サスペンションも優秀】

新型MT-09と同時に開発されたヤマハ トレーサー9 GT。先代より約25万円アップしたが、KYBの電子制御サスペンションを筆頭に、バンク角連動型トラクションコントロール/コーナリングABS/スライド&リフトコントロール/コーナリングライトなど、電脳化を一気に促進。今回はオプションのフルパニアの状態で試乗した。 ’21 ヤマハ トレーサー9 GT 概要 [◯] ツアラー性能を底上げ。フ […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型アドベンチャー総まとめ#1(751cc〜)【世界的なブームが継続】

その名のとおり道を選ばず“冒険”できるバイクというのが本来のコンセプトだったが、近年は舗装路でのツーリング性能を重視した車種が多めのアドベンチャークラス。日本ではほとんどのユーザーがダートを走ることなく、快適なライディングポジションのオンロードツアラーという扱いだ。 世界的なブーム継続で性能を磨き続ける機種多め 欧州や日本でのアドベンチャーブームは根強く、そう簡単に衰えそうにない。先進国ではライダ […]

バイクのメーターはどうやって作られるのか?〈メーカー直撃・開発者インタビュー〉

『個性派&傑作揃いの”メーター”年代記』と銘打って、1959~2021年のバイクメーター史を振り返った本特集。だがこれらのメーターが、どういった過程でどんな意図で開発されるのかについては、ほとんど知られていないもの。そこで編集部では、ヤマハに直撃インタビューを敢行。’21年に発売されたMT-09/トレーサー9GTを例に、メーター開発の裏側を探った。 ヤマハの最新 […]

新型ヤマハMT-09/トレーサー9GT開発者インタビュー【コントロール性と刺激の両立を】

上の写真は、ヤマハ新型MT-09/トレーサー9GTの両プロジェクトリーダーを担当した北村悠氏(中央)と、開発スタッフの面々。彼らによって、3気筒のMTシリーズは第3世代として新たなる刺激的な歴史をスタートさせたのだ。本記事では彼らの熱い思いに満ちたインタビューをお届けする。 サウンドの造り込みや電子制御にも徹底してこだわる ──新型のコンセプトは? MT-09 のコンセプトは、”The […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース