チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

スズキ バーグマン200[新型バイクカタログ]:”ちょうどいい”200

バーグマン200 概要

フルサイズ250よりコンパクトで、原付二種ベースの150よりパワフルなバーグマンがABSを装備。特徴的なヘルメット2個が横並びで入る41Lトランクは、完全な一室なので大きなバッグも収納可能だ。

’21 バーグマン200

'21 スズキ バーグマン200|マットステラブルーメタリック

【’21 SUZUKI BURGMAN 200 ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 199cc 18ps/8000rpm 1.6kg-m/6000rpm ■車重165kg シート高735mm 10L ■タイヤサイズF=110/90-13 R=130/70-12 ●色:マットステラブルーメタリック ニュータイタンブラック ブリリアントホワイト ●価格:57万1340円 ●発売日:’21年3月16日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン200|ニュータイタンブラック
'21 スズキ バーグマン200|ブリリアントホワイト

カラーバリエーションはブルーメタリック/ブラック/ホワイトの3色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ バーグマン200|ライディングポジション

全幅=ハンドル幅は740mmと、ライバル車であるPCX160と同一。車体のボリューム感に反してコンパクトだ。シート前面が低くなっており、浅く座れば足着き良好、深く座れば足を伸ばせるフロア形状で走行中は非常に快適だ。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ バーグマン200|エンジン
'21 スズキ バーグマン200|エンジン

ハヤブサよりもショートストローク比な199cc水冷SOHC4バルブ単気筒を搭載。’17年モデルで平成28年国内排ガス規制に対応している。リヤサスペンションは2本ショックで、プリロードを5段階に調整可。リヤホイールは12インチ。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ バーグマン200|フロントまわり

海外仕様車ではすでに導入されていたABSが国内版でも標準装備され、安定感に磨きがかかった。フロントホイールは13インチで、標準タイヤはIRC。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ バーグマン200|ディスプレイ
'21 スズキ バーグマン200|ハンドルまわり

スピードメーターとタコメーターがアナログ式で、中央にオドメーター/ツイントリップメーター/燃料計/燃費計/時計/オイルチェンジインジケーター等を表示するマルチファンクション液晶を搭載。ミラーはハンドルマウント式だ。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン200|フロントボックス
'21 スズキ バーグマン200|ソケット

フロントボックス内部に定格12V36Wまで使用できるアクセサリーソケットを設置。右のミニボックスとも完全防水ではないので注意。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン200|シート

白のダブルステッチがアクセントとして映えるシート。幅が広いのでパッセンジャーは大股開きになりそうだが、フロア形状のおかげで足をラクに伸ばせる。 [写真タップで拡大]

'21 スズキ バーグマン200|シート下|収納
'21 スズキ バーグマン200|シート下

シート下にヘルメットが2個入るのは珍しくないが、写真のように横並びで入るのはこのバーグマンぐらい。ヘルメットに限らず、大型の荷物もすっぽり収納することが可能だ。容量は41Lで、内部には照明も設けられている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

バーグマン200に関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126~250cc軽二輪総まとめ#4(スクーター)

普通二輪免許で乗れる軽二輪スクーターは、車検不要なのはもちろん、通勤通学のアシから高速道路に乗ってのロングツーリングまで1台でこなせてしまうパフォーマンスの高さが魅力だ。パワーも余裕のフルサイズ250ccフォルツァ/XMAX、コンパクトで軽快なPCX160/NMAX155/マジェスティS/ADV150に加え、その中間を行くバーグマン200や3輪のトリシティ155と、ラインナップは多彩だ。 ホンダ […]

スズキ バーグマン200[新型バイクカタログ]:”ちょうどいい”200

バーグマン200 概要 フルサイズ250よりコンパクトで、原付二種ベースの150よりパワフルなバーグマンがABSを装備。特徴的なヘルメット2個が横並びで入る41Lトランクは、完全な一室なので大きなバッグも収納可能だ。 ’21 バーグマン200 ライディングポジション エンジン 足まわり 主要装備

<動画>400ビグスクの余力、侮りがたし!【 スズキ バーグマン400ABS試乗】

いまや新車で買える国産唯一の400ccスクーター・バーグマン400が排出ガス規制に適合、めでたく生産継続と相成った。スズキの400スクーターはスカイウェイブの名で1998年に登場し、その後の改良を経て、2017年に全世界共通のバーグマンへと車名を変更して今に至っている。その走りはさすが400。250スクーターとは別格の走りの余裕はいまだ健在! 本誌連載「タッチ&トライ」で毎月イロイロと乗りまくって […]

スズキ バーグマン200 ABS 試乗インプレッション【ついにABSを獲得! 絶妙なサイズ感が光る】

’14年から販売されているスズキ バーグマン200が、ついにABSを標準装備した。250ccフルサイズのスクーターよりも軽量で、150ccクラスよりもパワフルという、軽二輪界で絶妙な立ち位置の1台。あらためてその魅力に迫る! [◯] キビキビ向きを変える。トランクが使いやすい ’14年のデビュー以来、7年ぶりの試乗となるバーグマン200。仕向地によってはすでに採用されていたABSが、’21年型から […]

高速道路も余裕の通勤キング! スズキ「バーグマン200」’21型はABS標準装備で3/16発売

スズキは、ジャストサイズの車体に余裕の199ccエンジンを搭載した人気のスクーター「バーグマン200」にABSを標準装備し、新色のマットステラブルーメタリックを設定して2021年3月16日に発売する。 150ccよりもパワフルだけど大きすぎない200cc スズキは、199ccのエンジンを搭載したジャストサイズ・スクーター「バーグマン200」の2021年モデルを発表。新たにABSが標準装備となり、新 […]

高速道路も余裕の通勤キング! スズキ「バーグマン200」’21型はABS標準装備に

スズキは、ジャストサイズの車体に余裕の199ccエンジンを搭載した人気のスクーター「バーグマン200」にABSを標準装備し、新色のマットステラブルーメタリックを設定して2021年3月16日に発売すると発表した。 150ccよりもパワフルだけど大きすぎない200cc スズキは、199ccのエンジンを搭載したジャストサイズ・スクーター「バーグマン200」の2021年モデルを発表。新たにABSが標準装備 […]

’20年3月に発売された新車バイク情報まとめ

各車両メーカーから’20年3月にリリースされたニューモデルとして、ホンダ(CBR1000RR-Rファイヤーブレード/SP・グロム・レブル250)、ヤマハ(MT-25/03・MT-07・X-MAX)、スズキ(ジクサー・Vストローム650 ABS/XT ABS、バーグマン200)、ハーレダビッドソン(ロードグライドスペシャル)の11台をまとめて紹介する。 ’20年3月リリース【ホンダ】 RC213Vの […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース