チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#2(〜750cc)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

['22前期]国産大型ネイキッド総まとめ

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続けている。後編では750cc以下のミドルモデルを紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司/田宮徹/宮田健一)

ヤマハ MT-07:イメージ統一した新デザインで最新の排ガス規制に対応

ヤマハ MT-07

[写真タップで拡大]

兄貴分のMT-09と同イメージとなる、1灯の新型バイファンクションヘッドライトとY字をモチーフにしたポジションランプを組み合わせたフロントフェイスで、’21に生まれ変わった現行MT-07。エンジンは先代のものを基本的に踏襲し、FIセッティングや吸排気系の仕様変更でユーロ5に適合したほか、極低回転域のレスポンス特性を改善してトルク特性を滑らかなものとした。車体も先代のものをベースに、左右幅を32mm伸ばし高さを12mmアップしたアルミ製の新型テーパーハンドルバーとニーグリップ部も改められた新形状の燃料タンクで、アップライトかつホールド感の増したライディングポジションに変更。フロントブレーキのディスクを大径化して制動力をアップした。

カワサキ Z650/50thアニバーサリー:新型Z650RSのベース車両

カワサキZ650 50thアニバーサリー

[写真タップで拡大]

ニンジャ650、さらに発売されたばかりのZ650RSともエンジン&基本骨格を共有するパラレルツインのスタンダードネイキッド。ミドルクラスの扱いやすさに加えて、兄貴分のZ900と同系イメージの最新Z顔やスマホ接続機能付きフルカラーメーターなどで魅力的な存在感を放っている。’22はZ900と同じく爽やかなホワイト×グレーの1色設定。欧州/北米では50周年記念カラーもラインナップされた。

ホンダ CB650R:直4のスポーツミドル

ホンダCB650R

[写真タップで拡大]

CB-Rシリーズの中堅にして、フルカウルのCBR650Rのネイキッド版にあたる直列4気筒スポーツモデル。トラクションコントロールやアシストスリッパ―クラッチを装備し、市街地からワインディングまで楽しめるキャラクターは、’21でショーワ製のSFFBP倒立フォークへのグレードアップにより、さらなるスポーツ性を身に着けた。’22欧州ではシルバーの新色が追加された。

スズキ GSX-S750:エンジンはGSX-R系

スズキGSX-S750

[写真タップで拡大]

GSX-R750譲りの直列4気筒エンジンを公道向けにチューニングし、最終減速比もローギヤードとして鋭い加速を実現。3段階+オフのトラクションコントロールを装備するスポーツネイキッドだ。発進時の回転落ち込みを緩和するローRPMアシスト、ボタン一押しで始動するイージースタートシステムといったスズキおなじみの便利機能も搭載されている。

スズキ SV650:欧州はユーロ5対応

スズキSV650

[写真タップで拡大]

粘りある低回転と伸びのある高回転を発揮する90度Vツインエンジンを搭載したミドルネイキッド。そのエンジンはツインプラグ方式を採用する。登場は’16で、メーターはモノクロのフルデジタル液晶、トラクションコントロールは未装備。’22国内仕様はまだ新排出ガス規制の適合前だが、欧州では外見ほぼ変わらず’21で既にユーロ5適合済みとなっている。

〈参考〉パラツインでホーネットが復活か?!

’21年11月に開催されたEICMA(ミラノショー)で、ホンダはサプライズとして「The Hornet(Hornet Concept)」と題した1分弱の動画を公開。そこには外観シルエットと内部で2つのピストンが上下に激しく動く様子が映し出されていた。しかも排気音は低音でトルキーなもの…。かつてのホーネットは250/600/900と直4で展開されていたネイキッドだったが、ホンダはどうやら並列2気筒でこのブランドを復活させようとしている様子だ。実は以前よりホンダNC750系と異なるミドルクラスの並列2気筒を開発中と噂されており、復活が噂されるトランザルプがこのエンジンを搭載すると囁かれてきた。この新生ホーネットも、その新開発パラツインかもしれない!

ホンダ ホーネット(コンセプト)

[写真タップで拡大]

ホンダ ホーネット(コンセプト)
ホンダ ホーネット(コンセプト)

【並列2気筒は新作750cc?!】新ホーネットに搭載されるのは新開発の並列2気筒か。動画の雰囲気からは現代的パラツインの定番である270度位相クランクに似た動きが見て取れる。排気量は人気の伸びている750〜800ccクラスになるというのが有力な予想だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーネット(コンセプト)

【元祖を超える”ボン・キュッ・ボンッ”】Hornet=スズメバチを思わせるフロントシルエット。上面からの姿はギュっと絞り込まれたスリム感が際立つ。この細さを実現するのには並列4気筒ではなく並列2気筒が一番。どうやら元祖ホーネットを越えるグラマラスなストリートファイターが生まれそうだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ ホーネット600
ホンダ ホーネット250

【元祖ホーネットは4気筒ネイキッド】元祖ホーネットは、250/600/900の3車がそれぞれ同排気量のCBR-RRから譲られた直4エンジンを搭載する快速ネイキッドとして活躍。特に250は中免ライダーの定番的存在だった。※写真左:’98ホーネット600 右:’96ホーネット250 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト
ホームアプリリア「トゥアレグ660」発売決定! 150万円台の本格オフロードアドベンチャー
WEBヤングマシン|新車バイクニュース