ホンダ モンキー125[新型バイクカタログ]:新エンジン搭載でお猿がいっそう活発に!

モンキー125[新型バイクカタログ]

モンキー125 概要

ホンダの、というより世界のファンバイクとして親しまれた50ccのモンキーは、50年に渡って生産されたが惜しまれながらも’17に生産終了。しかし翌’18にグロムをベースに125ccで見事に復活! Z50Z系の台形燃料タンクやタックロールのシート、倒立フォークや2本サスペンションなど、変わらぬ“モンキーらしさ”は、125ccになっても健在で人気を獲得。

そんなモンキー125が最新グロムのエンジンを搭載し新登場。大幅にロングストローク化を図るとともに、ファン待望の5速トランスミッションも採用された。

’21 モンキー125

ホンダ モンキー125

【’21 HONDA MONKEY 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm ■車重104kg シート高776mm 5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●色:パールネビュラレッド パールグリッターリングブルー パールシャイニングブラック ●価格:44万円 ●発売日:’21年9月27日
[写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125
ホンダ モンキー125

カラーバリエーションはレッド/ブルー/ブラックの3色。残念ながらバナナイエローは廃盤に。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125|エンジン
[写真タップで拡大]

【ロングストロークの新型に】新型グロムと共通の空冷単気筒エンジンは、ストロークを5.2mmも伸ばし、圧縮比も9.3から10に上げている。外観的には左側のエンジンカバーの形状が大きく変化。グロムはブラックエンジンだが、モンキーはシルバー。

ホンダ モンキー125|5速ギア
[写真タップで拡大]

【待望の5速ギア】従来型グロムのミッションは3-4速が離れていたため、5速にカスタムするユーザーも多かったが、’21年モデルは5速化によってギヤがクロスし、絶え間ない加速が楽しめる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

モンキー125に関連する記事

〈動画〉ホンダ「モンキー125」5速の新型と4速の旧型、比較したら意外な結論が……!【新旧比較インプレ】

平成32年排出ガス規制(≒ユーロ5)をクリアした新エンジンを引っさげて登場した新型モンキー125。ロングストロークに5速化って、こりゃもう激変は間違いナシでしょ……と、旧型も引っ張り出して比較試乗してみたところ、ちょっとばかり意外な変化が!? 走らせての楽しさは不変だが、ヤンチャな旧型に対して新型はとっても上質! さらにさらに…と、ここから先は動画を見てのお楽しみ。このクラスのテスト経験は超豊富、 […]

モンキー125用ゲイルスピード「アルミ鍛造ホイール」限定発売! 12本スポークで全15色

アクティブから、モンキー125用ゲイルスピード アルミ鍛造ホイールが100セット限定で発売される。リム幅はワンサイズ大きくなるが、適合するタイヤサイズは純正のまま。そして前後で合計2.6kgもの軽量化を達成している。アルマイトカラーは全15色から選択可能だというから、カスタム派には嬉しいニュースだ。 最新エンジンの2022年モデルにも対応! アクティブが発売するモンキー125用ゲイルスピード アル […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

新型エンジン搭載のホンダ「モンキー125」「スーパーカブC125」は9月27日発売!

ホンダは、人気の原付二種レジャーバイク「モンキー125」および「スーパーカブC125」をモデルチェンジし本日9/27に発売する。いずれもロングストロークの新型エンジンを搭載し、モンキー125は待望の5速ミッションを採用、スーパーカブC125はABSを装備する。 【モンキー125】バナナイエローは廃盤、フレームはブラックに タイや欧州ではすでに発表されていたホンダの新型モンキー125が、国内でも発売 […]

ホンダ新型「モンキー125」の国内仕様が登場! 5速ミッションの新型エンジン搭載

ホンダは、空冷単気筒の横型エンジンを搭載する可愛いレジャーバイク、「モンキー125」に5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載し、2021年9月27日に発売すると発表した。従来はABSの有無が選べたが、新型はABSのみのラインナップになる。 バナナイエローは廃盤、フレームはブラックに タイや欧州ではすでに発表されていたホンダの新型モンキー125が、国内でも発売される。2018年の登場以来、 […]

ホンダ「モンキー125」限定版! ホットウィール・コラボ仕様がタイで登場!

ホンダは、タイでカブ系モデルを取り扱う専門ディーラー“カブハウス”の公式サイトで、モンキー125×Hot Wheelsのコラボレーションによる150台限定のリミテッドエディションを公開した。その仕上がりは、まるで1/1スケールのダイキャストモデル。日本でもこんな遊び心が欲しい! ダイキャスト製ミニカーの老舗ブランドをコラボ! 1968年に販売を開始したダイキャストカーブランドとして知られる「ホット […]

超モンキー出現! ホンダ「モンキー125」のスペシャルカスタム×2車、タイにて登場

ホンダのレジャー系バイクを専門に扱うタイのディーラー「カブハウス」が、モンキー125のカスタムマシンを相次いで発表。以前にお伝えした’70年代スタイルの「Monkey 70’s Ride」に続くのは、ボビーバナナエディションとジョニーレッドエディションだ! バナナ大好きモンキーさん! 小池さんがラーメン大好きなように、モンキーとくればバナナでしょう! というジョークがタイで […]

鮮烈なブルーのホンダ新型「モンキー125」登場! タイ仕様の赤、黄に追加【欧州】

ホンダは欧州で、5速ミッション搭載の新エンジンを採用する新型「モンキー125」を発表した。タイ仕様よりも詳細スペックが明らかになっており、欧州仕様はユーロ5にも適合。日本仕様の登場も予感させる! ブランニューの車体カラーは“パール グリッタリング ブルー”だ! ホンダは欧州で新型「モンキー125」を発表。4月にタイで発表されている新型エンジン&新カラースキームと基本的には同系で、赤、黄、黒の3色バ […]

70年代スタイルの特別な「モンキー125」がタイで登場! 古き良きホンダを可愛らしく表現

ホンダ「モンキー125」のスペシャルカラー「Monkey 70’s Ride」がタイで発表された。モンキーやスーパーカブなど、趣味系スモールが集うカブハウスで取り扱う模様で、今のところ詳細は不明。カッコイイことだけは間違いない! 昭和かっ! シンプルな空冷のホンダが愛されていたあの頃の……(感涙) 今年の3月、ホンダはタイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、ロン […]

ホンダ新型「モンキー125」詳細判明! カワイイ短足スタイルにパワフルな新エンジン

ホンダは、3月に行われたタイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、2021年モデルの新型モンキー125を発表。その時点で、ブラックアウトしたフレームと足まわりに5速ミッションの新エンジンを組み合わせることがわかっていたが、タイで詳細スペックが正式発表されたので改めてお届けしたい。 新型グロムが搭載するロングストローク単気筒をモンキー125にも! ホンダはこの3月に、タイの趣味 […]

ホンダ新型「モンキー125」見参!! グロム系5速&ロングストロークエンジン搭載か【海外】

ホンダは、タイの趣味系バイクディーラー「カブハウス」のオンラインライブで、2021年モデルの新型モンキー125を発表した。ブラックアウトしたフレームやキャストホイール、メカニカルな印象のカラーリングをまとい、5速ミッションの新エンジンを引っ提げての登場だ! 詳細は未発表、しかし新型エンジンは間違いなくグロム系……! ホンダはタイの趣味系バイクディーラーの「カブハウス」によるオンラインライブイベント […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉グロム/ハンターカブetc.

グロム:新設計エンジン+待望の5速ミッション。カスタムも自由自在[モデルチェンジ] 近未来ストリートファイターとも言えるアグレッシブな原付二種スポーツ「グロム」が’21モデルでモデルチェンジ。新作された横置きの空冷単気筒エンジンはストロークを何と5.2mmも伸ばし、高圧縮化することで全域で大幅にトルクアップ。高回転域でのパワーの伸びも確保した。トランスミッションは従来の4速から、ファン […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

今も昔も面白い!ホンダ”リトル”クラスのファンバイク#1【次期復刻125総選挙も実施中】

[今] ’20 CT125ハンターカブ:現代の技術で名車の姿を見事に再現 名車ハンターカブが現代に復活! オフロード走行にもしっかり応える頑丈な車体と積載性に優れた大型リヤキャリア、明るいLEDヘッドライトでキャンプツーリングにももってこい。歴代カブで初の前後ディスクブレーキ装備も見逃せない。’21ではアーミー系グリーンの新色も追加される? [昔] ’81 CT […]

足まわりのプロが開発した最高峰リヤショック for モンキー125〈アドバンテージ〉

小回りが利く車体と可愛らしさを継承しつつ、125ccエンジンと12インチタイヤでボディサイズをアップしたホンダ モンキー125。その足下を支える魅力的なパーツとして新登場したのがアドバンテージのリヤショックアブソーバーだ。 油圧アジャスターがノーマルマフラーと干渉しない!! フットワークのプロショップ「アドバンテージ」では多くの機種向けにリアショックを開発してきた。 高強度を誇るアルミ鍛造ボディ、 […]

’20モデル スペックベストテン〈燃費編〉【カブファミリーはじめホンダが上位独占】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 世界中で愛されるカブが堂々の戴冠 燃料1Lあたりの走行距離を示す「燃費」。世界統一基準で、実際の使用状況に近いWMTCモードで比較した。その結果、好燃費の代名詞であるホンダ スーパーカブ50と派生モデルのクロスカブ50が順当に1位を獲得した。3位は新作のホンダ CT12 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報