第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダ モンキー125 [’22後期 新型バイクカタログ]:ニッポンを代表するレジャーバイク

ホンダ モンキー125

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月10日

ホンダ モンキー125 概要

乗ってイジって遊べる50ccモンキーは、初代登場の1967年から半世紀以上も世界中で愛され、惜しまれながらも’17年に生産終了。しかし翌’18年にグロムをベースに125ccで見事に復活し、今大人気のホンダリバイバルの先鞭を切った。

そして’21年9月に新型エンジンにバージョンアップ。ユーロ5に相当する平成32年排出ガス規制への対応が主目的だが、従来の4速からファン待望の5速ミッションが投入されたのが大きな魅力。ボディ同色のフォークやリヤショックのスプリングなど、レジャーバイクとしてのファンな佇まいも一線級だ。

’21 ホンダ モンキー125

主要諸元

ホンダ モンキー125

【’21 HONDA MONKEY 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm ■車重104kg シート高776mm 5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●色:パールネビュラレッド パールグリッターリングブルー パールシャイニングブラック ●価格:44万円 ●発売日:’21年9月27日 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125
ホンダ モンキー125

【カラーバリエーション】パールネビュラレッドとパールグリッターリングブルーはシルバーとのツートーン。パールシャイニングブラックはガンメタと塗り分けられる。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 ホンダ モンキー125|ライディングポジション

前モデルと比べるとシート高は1mmの微増で776mmに。とはいえ足着きはご覧の通り秀逸だ。コンパクトな車体だが、身長170cmを超えるライダーでも窮屈に感じることはない。[身長175cm/体重67kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 ホンダ モンキー125|エンジン

【MT5速は燃費もGood!】50.0×63.1mmのロングストロークエンジンは、最高出力9.4ps。4速の前モデルより最高出力発生回転数を下げ、5速化で変速比がクロスしたこともあり、燃費が向上している。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ホンダ モンキー125|フロントまわり
'21 ホンダ モンキー125|フロントまわり

’22年から全車ABSを装備。キャリパーは前後ともニッシン製だ。スチール製のクロームメッキフェンダーを前後に採用し、φ31mm倒立式フォークのアウターを車体と同色とする手法は継続。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ホンダ モンキー125|ヘッドライト
'21 ホンダ モンキー125|テールランプ

ナンバー灯に至るまで全灯火類にLEDを導入しつつ、デザインはレトロな丸型に統一。ヘッドライトはロービームで上段、ハイビームで上下が点灯する。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ モンキー125|ハンドルまわり
'21 ホンダ モンキー125|ディスプレイ

ハンドルはやや絞り気味のアップハンドル。反転液晶タイプの丸型メーターは回転計やギヤ段数表示はない。イグニッションオンで速度計がウインクする演出がキュートだ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ モンキー125|5速ギア

【待望の5速ギア】従来型グロムのミッションは3-4速が離れていたため、5速にカスタムするユーザーも多かったが、’21年モデルは5速化によってギヤがクロスし、絶え間ない加速が楽しめる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ モンキー125|タンク
'21 ホンダ モンキー125|シート

台形タンクのデザインはそのまま。容量は5.6Lだ。タックロールシートは70mmの高密度ウレタンで乗り心地は抜群だ。ただし、乗車定員は1名なのでタンデムは不可。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース