第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤマハXSR900 [’22後期 新型バイクカタログ]:’80年代レーサーのネイキッドカスタム風味

ヤマハXSR900

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月7日

ヤマハXSR900 概要

’22でユーロ5に対応するフルモデルチェンジ。排気量を845→888ccへと拡大し、フレームも新設計のツインスパーに置き換わった。電子制御まわりもフルライドバイワイヤー化で進化している。デザインは’80年代レースイメージを色濃く採り入れた斬新なものとなり、TZやYZRを思わせるタンク形状やシングル風シート、極めつけは往年のゴロワーズカラーの復刻とも言えるブルー×イエローの車体色を採用した。丸形1灯のヘッドライトはウインカーとともに待望のLED化を果たし、テールランプはシート後端に内蔵するカスタムチックなデザインだ。前後サスペンションにはフルアジャスタブルタイプを奢って、正統派スポーツらしさに磨きをかけている。

’22 ヤマハXSR900

主要諸元

ヤマハXSR900

【’22 YAMAHA XSR900】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 129ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■193kg シート高810mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブルーメタリックC/ブラックメタリックX ●価格:121万円 ●発売日:2022年6月30日 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900

【カラーバリエーション】欧州はゴロワーズ風のブルーメタリックCの他に、各部やホイールを黒で統一したブラックメタリックXの2色。 [写真タップで拡大]

エンジン/フレーム/足まわり

ヤマハXSR900

【排気量アップ&新フレーム】現行MT-09と同じく、従来から3mmのストロークアップで排気量を888ccに拡大した並列3気筒エンジンは、4ps&0.6kg-m増のパフォーマンス向上を実現。上下双方向で機能するクイックシフターも実装している。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900|フレーム

【MT-09より安定志向】ヘッドパイプ位置が従来型より30mm低くなった新型フレームで、旋回性が向上。正統派ロードスポーツらしい安定性を獲得している。 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900|足まわり

XSRはKYB製のφ41mmフルアジャスタブル倒立フォークを装備。ブレーキはラジアルマウントのモノブロックキャリパーにφ298mmディスクを組み合わせる。軽量丈夫な鍛造ホイールはベース車のMTを踏襲しているが、スイングアームはMT-09よりホイールベースが65mmもプラス。安定性に寄与する専用設計だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハXSR900|ヘッドライト
ヤマハXSR900|テールランプ

【先進×懐古なフルLED】従来に引き続いてレトロな丸目ハウジングのヘッドライトデザインを採用するが、待望のLED化。小型化されて引き締まった顔つきとなった。シート後端埋め込み式となったテールランプも斬新だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900|マスターシリンダー
ヤマハXSR900|クイックシフター

【操作系も一気進化】フロントブレーキのマスターシリンダーはMTのニッシン製ラジアルポンプ式から、ブレンボ製にグレードアップ。従来XSRは一般的な横押し式だった。クイックシフターも標準装備となった。 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900
ヤマハXSR900

【6軸IMU搭載で超進化】フルライドバイワイヤー化と6軸IMUの採用で、電脳装備は一気に進化。トラクションコントロール/クルーズコントロール/スライドコントロールなど、MT-09SPと同等の機能を備えている。※写真は欧州仕様
[写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース