ヤマハXSR900[新型バイクカタログ]:3気筒エンジンのパンチ力が映えるヘリテイジロードスター

XSR900 概要

旧MT-09の並列3気筒エンジン/アルミフレームをベースに、丸目ヘッドライトのヘリテイジなスタイルと専用セッティングの足まわりが与えられたモデルだ。電子制御は3段階パワーセレクトと2段階+オフのトラクションコントロールを搭載。タンク部分はアルミカバーで覆われており着せ替えが容易で、ワイズギアからRZ250イメージにできるオーセンティック外装も発売された(現在は生産終了) 。

’20で’80年代ヤマハスポーツ車をイメージしたラジカルホワイトをマットグレーとともに標準車体色に設定。’21はこのモデルが継続販売となっている。ベースとなるMT-09がユーロ5対応でフルチェンジしたため、XSR900も’22で新型に切り替わる可能性が高いと見られている。

’20 XSR900

'20 ヤマハ XSR900|マットグレーメタリック3

【’20 YAMAHA XSR900】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 845cc 116ps/10000rpm 8.9kg-m/8500rpm ■車重195kg シート高830mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットグレーメタリック3 ラジカルホワイト ●価格:106万1500円 ●発売日:グレー’16年10月23日/ホワイト’20年2月25日 [写真タップで拡大]

ヤマハ XSR900|ラジカルホワイト
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはマットグレー/ホワイトの2色展開。

ヤマハ XSR900|エンジン
[写真タップで拡大]

【過激な3気筒エンジン】エンジンは旧MT-09と同じ845ccの並列3気筒。116psのパワーを鋭いパンチ力とともに発揮してみせる。

ヤマハ XSR900|スピードメーター
[写真タップで拡大]

【トラクションコントロール入り】各部意匠は円形状で統一。反転液晶メーターは1眼内にタコメーターやシフトインジケーターも網羅している。

ヤマハ XSR900|燃料タンク
[写真タップで拡大]

【カバードタンク】本来のタンクをアルミカバーで覆い、着せ替えカスタムが容易な設計なのもこのマシンのポイントだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

XSR900に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ヘリテイジクラス【新生Zをヒットさせたカワサキがメグロを再始動】

世界的なブームが当分終わりそうにないヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズとマッチする。’21も老舗メグロの復活やCB1300のユーロ5対応、人気のZ900RSも上級仕様SEが発表されるなど話題は豊富だ。 ヘリテイジブームはますます盛んになりそうだ 今や世界的な潮流となった、往年の名車たちを現代の最新技術で復刻していくヘリテイ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。 大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場 最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味の […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#4/4〉スズキ ヤマハ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。本ページではスズキからは’19年に復活し世間を賑わせたKATANAとVツインのSV650X、ヤマハのXSR900/700を紹介する。 スズキ KATANA:令和に鍛造されしモダン新”刀” 切っ先鋭いノーズや角型ヘッドライト、サイドに刻まれたエッジなど […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第2弾追加×14台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデル・追加第2弾として、ホンダ、CB1000R、ヤマハ MT-09 ABS、XSR900 ABS、トレーサー900 ABS/GT ABS、スズキ GSX-R125ABS、GSX-S125 ABS GSX-S1000F ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S750 ABS、ハーレーダビッドソン ファットボーイ30周年記念モデル、ロードグラ […]

RZブラックはお預け……ヤマハ’20年モデル「XSR900」はマイナーチェンジで2月25日発売

ヤマハの1980年代のスポーツモデルのイメージを再現するXSR900がマイナーチェンジを施された。並列3気筒エンジンを搭載するMT-09をベースとし、ネオレトロな外観と現代的な走りと使い勝手を実現している。※タイトルカットは欧州仕様 [XSR900]新色ホワイトの赤フェンダーは’80年代TZ250やRZ250Rをイメージ? ヤマハは、並列3気筒845ccエンジンを搭載する“ネオレトロ( […]

ヤマハEU・XSR900/700の’20新色はRZ250オマージュの「80ブラック」など

’20ヤマハ欧州仕様のXSR900には、初代RZ250の黒をオマージュした新色の「80ブラック」が登場する。またXSR700のメイン車体色となるのは、900にも設定されたオールドレーサーイメージの新色「ダイナミックホワイト」。赤フェンダーや金ホイールもまさにヤマハの歴史を体現している。XSRの’20モデルはヘリテイジな雰囲気をさらに強調したものになっている。 欧州XSR90 […]

2019新車走評:国産ヘリテイジスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05]

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。国産勢は、往年の名車をモチーフにした車両が多い。ロングセラーのCB1300をはじめ、近年はZ900RSが大ヒットを記録。’19年は新生カタナがデビューし、注目を集めている。外国車勢に比べ、総じて現代的に洗練されており、高性能な走りが特徴的だ。 中身はスポーツ車が主流。テイスト系もしっかりアリ 見た目は懐古 […]

【純正クオリティ/欧州の名作】XSR900 & XSR700のカスタムは多様なスタイルを実現

2019春のモーターサイクルショーに登場した最新カスタムパーツをご紹介! ヤマハXSR900/700には純正クオリティのワイズギアだけでなく、欧州からも“ならでは”のパーツが上陸。スクランブラー風や街乗りカフェレーサーなど自由自在だ。 純正クオリティのワイズギアからはXSR900/XSR700それぞれを紹介 ヤマハの純正オプション&アイテムを手掛けるワイズギアからは、XSR900/700のカスタム […]

令和に買いたい!【大型ヘリテイジスポーツ・KATANA、Z900RS、XSR900/700】2019ニューモデル大集合

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックは、やはりカタナ。発表だけで、これほど「話題」になったモデルは他にない。大ヒットしたZ900RSに続き、名車モチーフの流れを決定付けるか? リバイバル系がジワジワ増加中、新作も旺盛だ 見た目は懐古的だけど、中身は現代的。そんな「ネオ […]

ヤマハのネオレトロ XSR900/XSR700の新色はスポーティ&ファッショナブルなブルー系

ヤマハのスポーツ・ヘリテイジ(伝統・遺産)を標榜するXSRシリーズ。スーパースポーツやネイキッド」といった従来のカテゴリーを超え、レトロな外観やその背景の物語性を秘めながらも、先進技術に基づくエキサイティングな走りを楽しめるカテゴリー「Neo Retro」を代表するモデルだ。 現代的ファイターの’16MT-09をベースに、アルミタンクカバーなど金属の質感を活かした専用外装などでネオレトロに仕上げた […]

ヤマハ2019新型XSR900/XSR700は国内用に青を用意?!

2019年型XSR900とXSR700は、欧州でアルミ地に赤ラインの入った新色が発表されたが、国内ではそれとは異なるブルーが発表されそうだ。 ′19XSR900/700国内仕様は赤→青タンクに 現代的ファイターの’16MT-09をベースに、アルミタンクカバーなど金属の質感を活かした専用外装などでネオレトロに仕上げた1台。3種のパワーモードと2段階+オフが可能なトラコンに加え、アシスト& […]

ヤマハ・トレーサー/XSRシリーズ/LMW系etc.の2019年モデルをチェック

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではヤマハのLMW、トレーサー、XSRシリーズ等の2019年モデル情報についてまとめた。 [新型]NIKEN G […]

ヤマハ2019新型XSR900/XSR700が欧州で発表! ’70年代レーサーイメージに

ヤマハが欧州で2019年型のXSR900とXSR700を発表。ヘリテイジを標榜するこのシリーズはこれはで往年のXS系カラーをモチーフにしてきたが、新色はレースイメージを採り入れている。 シートも赤色のステッチでコーディネート XSR900とXSR700の2019年モデルに導入された新色はGarage Metal(ガレージメタル)のグラフィックバージョン。これはヤマハの1970年代のGPレーサーで使 […]

【峠/高速】Z900RS vs XSR900 vs XSR700公道比較インプレ

テイスティなデザインと最新性能を融合させたネオクラシックが、2018年はますます隆盛を誇りそうな予感。そこで今回はエンジン気筒数の異なる、4気筒=Z900RS、3気筒=XSR900、2気筒=XSR700による「432対決」を実施。読者のツボにハマリそうなのは、このうちのどれだ? ※ヤングマシン2018年2月号(2017年12月24日発売)より 【高速】Zは安定感の高さでクルージングが実に快適 ネイ […]

【街乗り】Z900RS vs XSR900 vs XSR700公道比較インプレ

テイスティなデザインと最新性能を融合させたネオクラシックが、2018年はますます隆盛を誇りそうな予感。そこで今回はエンジン気筒数の異なる、4気筒=Z900RS、3気筒=XSR900、2気筒=XSR700による「432対決」を実施。読者のツボにハマリそうなのは、このうちのどれだ? ※ヤングマシン2018年2月号(2017年12月24日発売)より 【街乗り】Zは街乗り性能も光る、XSRは兄弟で別キャラ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報