ヤマハ トリシティ125[新型バイクカタログ]:傾けて走る楽しさ!

ヤマハ トリシティ125[新型バイクカタログ]

トリシティ125 概要

ヤマハ独自のLMWテクノロジーで生まれたトリシティ。125と155は外寸やシート高は変わらず、重量もほぼ同じで、両車ともエンジンはブルーコアを搭載。’21は125に新色のイエローが登場。他カラーは125/155共通で白とマットグレー、155にグレーを用意。

’21 トリシティ125/ABS

'21 ヤマハ トリシティ125/ABS|ライトリーフグリーンソリッド6

【’21 YAMAHA TRICITY125/ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 12ps/7500rpm 1.2kg-m/7250rpm ■車重159/164kg シート高765mm 7.2L ■タイヤサイズF=90/80-14 R=130/70-13 ●色:ライトリーフグリーンソリッド6 マットグレーメタリック3 ホワイトメタリック6 ●価格:42万3500円/46万2000円 ●発売日:’21年4月8日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ トリシティ125|マットグレーメタリック3
'21 ヤマハ トリシティ125|ホワイトメタリック6

カラーバリエーションはイエロー/グレーメタリック/ホワイトメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トリシティ125に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種スクータークラス

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラスは、スクーターも多種多彩だ。不動の人気を誇るPCXを軸にリード125やディオ110等を展開するホンダに対し、ヤマハはNMAX/シグナスX/アクシスZ/トリシティ125で対抗する。 日本車51〜125cc原付二種スクータークラス ラインナップ 排気量125cc 排気量110cc

ツーリングが楽しめて有事に役立つ! ヤマハが「トリシティ」の悪路対応コンセプトを公開

ヤマハ発動機は、国内グループ会社のヤマハモーターパワープロダクツ、およびヤマハモーターエンジニアリングと共同で、10月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の防災見本市「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」をテーマとしたブースを出展する。 悪路対応防災コミューター「ラフロード トリシティ コンセプト」! 台風の時期はよ […]

ヤマハ「トリシティ125/ABS」に新色イエローが登場、4月8日に発売!

ヤマハ発動機は、前2輪・後ろ1輪構造のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)構造を持つ原付二種スクーター・トリシティ125/ABSのカラー変更を行い、2021年モデルとして発売する。 鮮やかなイエローを追加し、カラーを選ぶ楽しさを倍増 新たに追加されたのは鮮やかなイエローで、ホワイトとグレーは継続。これにより車体色は全3色となった。 ライトリーフグリーンソリッド6(新色)ホワイトメタリック6マット […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉NMAX/トリシティetc.

NMAX:125も155も海外モデルは新型に 125と155で車体を共有する「NMAX」。155はインドネシアで先行して’20年モデルとして新型に移行していたが、125はヨーロッパで’21年モデルとして刷新。可変バルブ機構(VVA)を持つブルーコアエンジンはトラクションコントロール機能やアイドリングストップを備え、安全/環境性能に長ける。灯火類はすべてLEDでヘッドライト/ […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスポーツ系バイクに続いて、本ページではスクーター編として、ヤマハ トリシティ125/BW’s 125/NMAX/シグナスX/アクシスZと、スズキ スウィッシュ/アドレス125/110を紹介する。 ヤマハ トリシティ125/ABS:ヤマハ独 […]

2019新車走評:HY戦が熱い! スクーター編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #17]

マニュアル変速の必要がなくシート下などに荷物を放り込めるという気軽さが、最大の魅力。一時期と比べると、日本における250cc以上のラインアップは厳選されてきた傾向にあるが、それでもナナハンクラスから原付二種以下まで、豊富な車種が用意されている。メインとしてだけでなく、セカンドバイクとしても注目するライダーが多いカテゴリーだ! 欧州&アジア主導となり、パッケージングがやや変化 初代マジェスティ発売や […]

56designオリジナルペイントのクロスカブ&トリシティ プレゼント企画開始

TVプログラムとしては数少ないバイク専門番組『大人のバイク時間 MOTORISE』(BS11、毎週土曜21時30分〜22時)。放送開始10周年を記念して、番組出演者の元MotoGPライダー・中野真矢氏率いるブランド「56design」によるオリジナルペイントを施した「ホンダ クロスカブ110」「ヤマハ トリシティ125ABS」が視聴者にプレゼントされる。 『大人のバイク時間 MOTORISE』は、 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報