グレーとホワイトは継続

ヤマハ「トリシティ125/ABS」に新色イエローが登場、4月8日に発売!

●文:山下剛 ●情報:ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、前2輪・後ろ1輪構造のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)構造を持つ原付二種スクーター・トリシティ125/ABSのカラー変更を行い、2021年モデルとして発売する。

鮮やかなイエローを追加し、カラーを選ぶ楽しさを倍増

新たに追加されたのは鮮やかなイエローで、ホワイトとグレーは継続。これにより車体色は全3色となった。

ライトリーフグリーンソリッド6(新色)
ホワイトメタリック6
マットグレーメタリック3

トリシティ125は、ヤマハ独自のLMWシリーズの第1弾として2015年に発売開始。VVA(可変バルブ機構)やアルミ鍛造ピストンとオールアルミ製ダイキャストシリンダーを採用するブルーコアエンジンを搭載し、加速力と環境性能を両立している。

前2輪、後ろ1輪の車体構造は、3輪車ながらも車体を傾けてコーナーを曲がれることが特徴で、滑りやすい路面でも安定するほか、制動力も高めるなど多くの優位性を持つ。

トリシティ125は前後同時ブレーキ(UBS)を、トリシティ125 ABSはアンチロックブレーキシステム(ABSは)を備え、制動時の安全性を高めている。

2021年式トリシティ125/ABSは2021年4月8日(木)に販売を開始。価格はトリシティ125が42万3500円、トリシティ125 ABSが46万2000円となっている。主要諸元や装備に変更はない。

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

【YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]】主要諸元■全長1980 全幅750 全高1210 軸距1350 シート高765(各mm) 車重159kg[164kg](装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 124cc 12ps/7500rpm 1.2kg-m/7250rpm Vベルト式無段階変速 燃料タンク容量7.2L■タイヤサイズF=90/80-14×2 R=130/70-13 ●価格:42万5000円[46万2000円] ●色:黄、白、灰、 ●発売日:2021年4月8日 ※[ ]内はTRICITY 125 ABS

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]ライトリーフグリーンソリッド6 [写真タップで拡大]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]ライトリーフグリーンソリッド6 [写真タップで拡大]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]マットグレーメタリック3 ※継続色 [写真タップで拡大]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]マットグレーメタリック3 ※継続色 [写真タップで拡大]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]ホワイトメタリック6 ※継続色 [写真タップで拡大]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]
YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]

YAMAHA TRICITY 125 / ABS[2021]ホワイトメタリック6 ※継続色 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報