カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:唯一の4気筒が洗練されたマットブルーを纏う

カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月6日

カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ 概要

現行250クラスで唯一の4気筒エンジンには、狭角バルブ/メッキシリンダー/軽量鋳造ピストン等を投入。レッドゾーンの1万7000rpmまで淀みなく吹け上がり、4気筒ならではの咆哮を堪能できる。スロットルはライドバイワイヤ式で、パワーモードやトラクションコントロール等の電子デバイスでエンジンを制御。ショーワ製SFF-BPのフロントフォークや、リンク装備のホリゾンタルバックリンク式のリヤサスペンション/ラジアルマウントのフロントブレーキキャリパーなど足まわりも充実し、タイヤはダンロップのラジアルGPR300を履く。SEはアップダウン対応のクイックシフター/USB電源ソケット/フレームスライダー/スモークウインドシールド/ホイールリムテープを標準装備する。

’22 カワサキニンジャZX-25R SE

主要諸元

'22 カワサキ ニンジャZX-25R|メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー

22 KAWASAKI Ninja ZX-25R SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm(ラムエア加圧時46ps) 2.1kgm/13000rpm ■車重184kg シート高785mm 15L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:メタリックスパークブラック メタリックマットトワイライトブルー×メタリックマットフュージョンシルバー ●価格:93万5000円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|メタリックスパークブラック

【カラーバリエーション】SEは黒×金/艶消し青の2色展開。 [写真タップで拡大]

’22 カワサキ ニンジャZX-25R SE KRTエディション

主要諸元

カワサキ ニンジャZX-25R SE KRT Edition|ライムグリーン×エボニー

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-25R SE KRT EDITION】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm(ラムエア加圧時46ps) 2.1kgm/13000rpm ■車重184kg シート高785mm 15L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色: ライムグリーン×エボニー ●価格:93万5000円 [写真タップで拡大]

スタイリング

カワサキ ニンジャZX-25R SE KRT Edition|リヤ
カワサキ ニンジャZX-25R SE KRT Edition|フロント

スーパースポーツを想起させるスタイリングは250ccとは思われない風格。センターに設けたラムエアインテークから車体左側にダクトを通してエアボックスに導く構造はH2と同様の機構だ。 [写真タップで拡大]

エンジン

カワサキ ニンジャZX-25R|エンジン

軽量ピストンやインコネルの排気バルブなど、リッターSSに迫る装備の最新最強4気筒エンジンは、ラムエア加圧で+1psの46psを発揮。ライドバイワイヤでコントロールされ、パワーモードやトラクションコントロール等の電子デバイスも装備する。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|マフラー

マフラーは極端にショートだが、腹下をボックス形状にして必要な容積を稼いでいる。音質にも注力。 [写真タップで拡大]

シャーシ

カワサキ ニンジャZX-25R|シャーシ

軽量なトレリスフレームはSBK(スーパーバイク世界選手権)で大活躍するZX-10RRの設計思想を踏襲し、独自の解析技術で開発。異なる径と厚さの高張力鋼のパイプと、モナカ形状のスイングアームピボットを組み合わせ、剛性と柔軟性を高次元でバランスさせる。 [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキ ニンジャZX-25R|フロントまわり

250ccでありながらZX-6Rで採用されているショーワ製SFF-BP倒立フォークを導入。ブレーキキャリパーはモノブロックタイプをラジアルマウントする。いずれもクラスを超えた装備だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|リヤまわり

ホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションとスチール製スイングアームを採用。ブレーキディスクはフロントがセミフローティング/リヤがリジッドで、ABSを標準搭載。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション

ヘッドライトはニンジャ250と共通ユニットでテールランプと同様にLEDを採用するが、前後ウインカーはハロゲンバルブ+クリアレンズ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|スピードメーター

コクピットの中央に据えたアナログ式タコメーターは20000rpmまで刻まれ、17000rpmからレッドゾーン。液晶パネルはスピードや距離計の他にギヤポジションやパワー/KTRC等のモード、航続可能距離や燃費など多彩な情報を表示。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|タンク

燃料タンク容量は15Lで、実際の数値に近いとされるWMTCモード燃費を掛け合わせると、想定航続距離は283.5kmになる。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R SE|クイックシフター

SEはクイックシフターを標準装備する。シフトダウン時はオートブリッパーで回転合わせを行う本格仕様だ。また各オプション設定はすべてSTDに搭載することが可能だが、パーツ代だけで車両価格差を超えるため、SEがお得だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|シート
カワサキ ニンジャZX-25R|シート下

シートは前後セパレート式でクッション性が高い。シート下にはバッテリー、タンデムシート下には工具やオプションのETC車載器を収納する。前後シートの間のカバーを外したところにUSBソケットも備える。 [写真タップで拡大]

’22 カワサキニンジャZX-25R

カワサキ ニンジャZX-25R|メタリックスパークブラック

22 KAWASAKI Ninja ZX-25R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm(ラムエア加圧時46ps) 2.1kgm/13000rpm ■車重183kg シート高785mm 15L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ■ブルートゥース ●色:メタリックスパークブラック ●価格:84万7000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキニンジャZX-25Rシリーズに関連する記事

カワサキ「ニンジャZX-4R」は10月1日に登場?! インドネシアで謎のティーザー開始

カワサキインドネシアは、2022年10月1日に『ZX』の名が付く何らかのニューモデルを発表することを示唆したティーザー映像を公開した。我々がこれまで得てきた情報によれば、これは新型車「ニンジャZX-4R」の可能性が高い! 輝く『ZX』の文字、2022年10月1日世界初公開だ! カワサキがインドネシアで何らかのニューモデルを発表する。10月1日に新製品を初めて公開するとしたティーザー動画が配信された […]

カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:唯一の4気筒が洗練されたマットブルーを纏う

カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ 概要 現行250クラスで唯一の4気筒エンジンには、狭角バルブ/メッキシリンダー/軽量鋳造ピストン等を投入。レッドゾーンの1万7000rpmまで淀みなく吹け上がり、4気筒ならではの咆哮を堪能できる。スロットルはライドバイワイヤ式で、パワーモードやトラクションコントロール等の電子デバイスでエンジンを制御。ショーワ製SFF-BPのフロントフォークや、リンク装備のホ […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? 中型免許クラス オンロード部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は中型免許クラス部門。CBR400R/400X/ニンジャ400は規制をクリア。残る主要モデルのGBとYZF-R3はどうなるか? ホンダ GB350/S【次世代の空冷シングル […]

カワサキ ニンジャZX-25R「世界一の超高回転エンジンを手の内に収める快感!」〈YM的新車バイクざっくり解説〉

「このバイクって、どこが良いの?」バイク好きなら一度は口にしているであろうこのセリフ。そんな疑問に一発回答! 日夜ニューモデルに触れまくっているヤングマシン編集部が、取材で得た裏話も交えて注目モデルの魅力のキモをピンポイントで伝えます。今回はカワサキのニンジャZX-25R。世界でもコイツしか持ち得ない魅力がある! (トップ写真は’21モデル) 旧車の焼き直しに終わらない、令和車ならでは […]

同時購入で特典がもらえる! カワサキプラザより「ニンジャZX-25R アクラポビッチスタイル」販売開始

カワサキモータースジャパンが展開するカワサキプラザネットワークは、全国のカワサキプラザにてニンジャZX-25Rシリーズと斡旋のアクラポビッチマフラー(公道仕様)を同時に購入した方を対象に、特別なステッカーと、Ninja Team Green Trial参加無料クーポンをプレゼントする特別企画を実施すると発表した。 車両とマフラーを同時購入し、カワサキプラザで取り付けたユーザーには、カワサキプラザ特 […]

ZX-25Rターボに乗った! 250km/h達成車とノーマルの扱いやすさのいいとこ取り

2輪のターボと言うと、扱いづらい、シビア、などというイメージを持つ人がいるかもしれない。事実、トリックスターが手がけたZX-25Rターボの1号機はそういう面があるのだが、誰もが気軽に楽しめることを念頭に置いて開発された2号機は、ノーマルとはまったく異なる怒涛の加速力を実現しながらも、ノーマルに通じる扱いやすさを維持しているのだ。 シビアな1号機と、フレンドリーな2号機 約1年に渡って熟成を続けて来 […]

〈動画〉250ccで250km/h!! トリックスターのZX-25Rターボが大記録を達成!

鶴田竜二代表が率いるトリックスターが進めてきた「ZX-25R TURBO PROJECT」。250cc車で250km/hを達成することを目標としてきた同プロジェクトだが、今回、日本自動車研究所(JARI)の高速周回路における最高速アタックで、ついにその目標速度を達成したぞッ! 直前のエンジンブローを乗り越えて達成! トリックスターが内燃機関の可能性を追求するべく進めてきたターボ・プロジェクト。ZX […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126〜250cc軽二輪総まとめ#1(スポーツ&ツーリング)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない”本気度”こそが、250クラスの勝負の分かれ目かも…。 126〜250cc軽二輪クラスの潮流:身近さと本気度のバランスで人気を競う 普通二輪免許で乗れ、かつ車検の不要な250クラス。そ […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース