カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ[新型バイクカタログ]:’22モデルのSEは新色設定

カワサキ ニンジャZX-25Rシリーズ[新型バイクカタログ]

ニンジャZX-25Rシリーズ 概要

250ccクラスで唯一の4気筒エンジンを搭載するニンジャZX-25R(’21年10月時点)。完全新設計のエンジンはかつてのレーサーレプリカZXR250よりショートストローク化され、狭角バルブ/メッキシリンダー/アシスト&スリッパークラッチ等を装備。さらにライドバイワイヤ/パワーモード(2種) /トラクションコントロール(3段階+OFF) など、1000ccクラスに迫る電子デバイスでエンジンを制御する。

レッドゾーンの1万7000回転まで淀みなく回り、超ショートサイレンサーはつんざくような高周波サウンドを奏でる。足まわりもショーワ製SFF-BPフロントフォークやホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンション、ラジアルマウントキャリパーと、クラスを超えた充実度を誇る。

’22モデルでは、SEに新色が設定された。

’22 ニンジャZX-25R

カワサキ ニンジャZX-25R|メタリックスパークブラック

22 KAWASAKI ニンジャZX-25R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm(ラムエア加圧時46ps) 2.1kgm/13000rpm ■車重183kg シート高785mm 15L ■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ■ブルートゥース ●色:メタリックスパークブラック ●価格:84万7000円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|エンジン
[写真タップで拡大]

【官能の45ps】時計のように精密なDOHC4バルブや11.5:1の高圧縮な直4エンジンは、ラムエア加圧で+1psの46psを発揮!

カワサキ ニンジャZX-25R|スピードメーター
[写真タップで拡大]

【タコメーターは2万回転】アナログ式のタコは1万7000回転からレッドゾーン。液晶パネルは速度の他にギヤポジションやパワー/KTRCモードも表示。

’22 ニンジャZX-25R SE/SE KRTエディション

カワサキ ニンジャZX-25R|メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック

[写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|ライムグリーン×エボニー

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-25R SE/SE KRT EDITION】■車重184kg ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックスパークブラック[SE] / ライムグリーン×エボニー[KRT] ●価格:93万5000円 ●発売日:’21年9月10日 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R|クイックシフター
[写真タップで拡大]

【クイックシフターは上下対応】SE/SE KRTはKQS(クイックシフター)を標準装備。シフトダウン時はオートブリッパーで回転合わせを行う本格仕様!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャZX-25Rシリーズに関連する記事

ニンジャZX-25Rターボ見参!!「内燃機関を極めたい」トリックスターの夢がカタチに

2021年初頭、エンジンベースのニンジャZX-25Rにレーシングチューンを施し、実測200km/hを突破したトリックスターが、さらにとんでもないことをおっぱじめた! なんとホンダでも市販に至らなかった(関連記事参照)“250ccターボ”にチャレンジしようというのだ。我々をワクワクさせてくれるトリックスターの原動力とは? 何馬力出るのか、見当もつかない 「4輪はターボがもはや一般的で、さらにハイブリ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス【ZX-25Rが牽引する”身近な本格派”市場】

車検不要の軽二輪(126〜250cc)クラスにおいて、ニンジャZX-25Rの登場により軽量スポーツマシンの価値観が大きくシフトした’21年。オフロード車も本気度を増す中、レブル250が好調に販売を伸ばすのはクラス唯一のアメリカンだからか? 他と被らない存在感が優位性を発揮する。 手軽さよりも本気度。求められる”存在感” 国内において”車検不要の最大排 […]

ワンメイクレースでZX-25Rを超満喫!【ニンジャチームグリーンカップ in 鈴鹿サーキット】

’21年からスタートしたカワサキ ニンジャZX-25Rのワンメイクレース「ニンジャチームグリーンカップ(NTGC)」。全4戦が予定されているうち、8月7〜8日に行われた第2戦(鈴鹿サーキット)の模様をお届けする。真夏の熱気に負けじと、約30名の参加者たちが鈴鹿サーキットのフルコースを駆け巡った。 鈴鹿フルコースで超高回転型4発を回し切れ! 「ニンジャZX-25Rをもっと楽しんでほしい。超高回転エン […]

トリックスターがZX-25R限定のサーキットレッスンを開催〈10/15@スパ西浦・限定15名〉

EWC(世界耐久選手権)や鈴鹿8耐への参戦でも知られるトリックスターが、近年チューニングに力を注いでいるニンジャZX-25Rに限定したサーキットレッスンを開催する。豪華な講師陣の元で、サーキット走行の基礎から安全に速く走る方法までじっくり学べるぞ! 初級〜中級向けのサーキットレッスン カワサキ主催のワンメイクレース「ニンジャチームグリーンカップ」もスタートし、今後はサーキット走行熱も高まりそうなZ […]

カワサキ ニンジャZX-25Rは誰もが楽しめるレプリカだっ!【丸山浩の人気車分析】

コロナ禍が影響して新車の入荷数が増えない一方で、密を避けられる遊びとしてバイクの人気がちょい復活。結果、大量のバックオーダーを抱えている車種も多い。では、注文が殺到する車種はどこに魅力があるのか? 丸山浩氏があらためて試乗して、売れてる理由を再検証! 本記事では実に幅広い層に選ばれている、カワサキ ニンジャZX-25Rについて取り上げる。 レーサーに通じる雰囲気はリッタークラスよりもむしろ上!? […]

カワサキ ニンジャZX-25R SE KRTエディション試乗インプレ【法定速度内での快感に価値あり】

’20年9月10日に発売され、ヤングマシン誌『マシン オブ ザ イヤー(MOTY)』では250ccとして29年ぶりに総合部門でトップに輝いたニンジャZX-25R。その実力をあらためてお伝えすべく、かつてのニーゴー直4全盛期を知るテスター・大屋雄一氏が初試乗。果たして? 最新技術で官能を追求。これぞスモールSS! 「まんまスーパースポーツだ!」これが偽らざる第一印象だ。自然と高回転域を使 […]

カワサキ ニンジャZX-25Rに新色登場! グレーに金の差し色が新鮮、KRTもお色直し

カワサキモータースジャパンは、2020年9月に発売され好調なセールスを続けている「Ninja ZX-25R SE」にニューカラーを設定し、2022年モデルとして2021年9月10日に発売する。標準モデルのNinja ZX-25Rは現行色を継続。ともに2万2000円の値上がりとなる。 250cc4気筒という唯一無二の輝き カワサキのバリオス/バリオス-IIおよびホンダのホーネット250が2007年モ […]

ZX-25Rレース用超ショートマフラー〈ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン〉

超ショートのレース用ヨシムラ 走行会などサーキットイベントや、各種レース開催も期待されるカワサキ ニンジャZX-25R。ヨシムラではグローバルなレースシーンを想定して「ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン」を開発した(ステンレス管とチタン管の2種を用意)。 高温な地域や時期でのレースも想定し、エキゾーストパイプを可能な限り車体側に寄せ、大型ラジエターへの換装やオイルクーラーの増設スペースも確保 […]

快適&安全に効くニンジャZX-25R用パーツ群が登場〈キジマ〉

ニンジャZX-25Rの活動範囲を広げる数々の便利アイテム 高いスポーツ性が魅力のニンジャZX‐25Rだが、その機動性と扱いやすいサイズ感は普段乗りやツーリングでも大活躍。そんな時に”あったら良いな”をカタチにした便利アイテムが、国産外車を問わず多彩なカスタムパーツでお馴染みのキジマから多数リリースされた。 たとえば、もはや必須のスマホを装着するにも、フルカウル&セパレートハ […]

ニンジャZX-25R/ニンジャ1000SX用フルエキゾーストマフラー登場〈アールズギア〉

リッタークラス向けハイスペックマフラーでおなじみのアールズギアは、カワサキ車向けラインアップも豊富。待望のニンジャZX-25R用フルエキゾーストマフラーも登場し、充実したスペックを堪能できる。 低中速トルクを向上し、速さと乗りやすさを体感 元ワークスライダーの樋渡氏が代表を務めるアールズギアは、その品質の高さから多くのファンの支持を集めている。サーキットやストリートで実際に体感できるスペックは、同 […]

艶消しブルーが渋い! カワサキ「ニンジャZX-25R」2022年ニューカラーがタイで登場

カワサキは、タイ仕様の「ニンジャZX-25R」2022年モデルを発表した。ライムグリーン(日本で言うKRTエディション)は、すでにインドネシアで発表された2022年カラーと同じもののようだが、新たにマットブルー×グレーの姿が公開された。 増殖する2022年のカラーバリエーション、日本仕様の登場にも期待! カワサキはタイで「ニンジャZX-25R」の2022年モデルを発表。先行発表されたばかりのインド […]

【世界初公開】カワサキ「ニンジャZX-25R」2022年モデルのニューカラー発表!【インドネシア】

カワサキはインドネシアで「デジタルローンチ」と称したオンライン発表を行い、2021年モデルの「ニンジャZX-10R(日本では発表済み)」と2022年モデルの「ニンジャZX-25R」を発表した。後者は世界初公開のニューカラーとなっている。 50馬力のインドネシア仕様、最新KRTカラーは差し色の入り方が違う! カワサキはインドネシアでオンライン発表を行い、2022年モデルの「Ninja ZX-25R」 […]

ZX-25R用「オーリンズ製リヤショック」発売決定! 全国カワサキディーラーで先行販売

カワサキモータースジャパンは、現在の250ccクラス唯一の4気筒モデルとして2020年9月に発売された「ニンジャZX-25R」用に、カワサキとOHLINSが強力なタッグで開発したリヤショックアブソーバーS46Pタイプを、全国のカワサキ正規取扱店にて先行販売すると発表した。 アクラポヴィッチ製マフラーと同時公開されていたオーリンズ! 待望のオーリンズが手に入る! 2020年9月に発売された「Ninj […]

ZX-25Rのブレーキを強化するダイレクトドライブディスク【極限性能はモトGPでも実証済み】

ホイール/サスペンション/クラッチ/ブレーキパーツなどの開発/販売を行うアドバンテージ。自社開発パーツの中でも、モトGP/ワールドスーパーバイク/全日本ロードレースなどのレースフィールドで高く評価されているのが「ダイレクトドライブレーシングディスク」だ。 ワールドクラスのレースフィールドで高く評価 アドバンテージでは、FCC/NISSIN/KYBといったブランド製品を取り扱いながら、独自設計のEX […]

ニンジャZX-25R最新カスタムパーツ情報【モリワキ/アクティブ/トリックスターetc.】

モリワキエンジニアリング:フルエキマフラー他 フルエキゾースト クロスショートゼロ:純正マフラー同様にマスの集中化を意識 日本を代表するレーシングコンストラクター・モリワキのZX‐25R用マフラーは、マスの集中化を重視した超ショートデザインが魅力。その要となるのが車体中央に配されたステンレス製のサブサイレンサーで、ここに十分な消音機能を持たせたことで、超ショートボディに大口径エンドピースという、ま […]

4気筒400cc! ZX-25R派生の「ニンジャZX-4R」計画始動か?!〈YM未来予想〉

’20年に新設計の250cc4気筒・ニンジャZX-25Rを発売して、世間を大いに賑わせたカワサキ。企画開発能力の高さで勝負する同社の次なる一手は何なのか? 「RS」シリーズ化を予想した前記事に続き、本記事では400cc直4「ニンジャZX-4R」誕生の可能性について考察する。 ZX-25Rバリエーション展開:ネイキッド版と並び400cc版にも注目 ’20年のヒット作と言えば、クラス唯一の […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報