ホンダCBR600RR[新型バイクカタログ]:600SSレース最強を狙うも、公道も意外とイケちゃう

CBR600RR 概要

’16を最後に国内仕様の生産を終了していたが、TBW(=スロットルバイワイヤ)とIMUを軸とした大幅な電子制御強化とウイングレットを装備した新外装、それにエンジンやスイングアームのリファインを受けて’20モデルとして復活した。

高回転化されて歴代最高の121psを発揮するようになったエンジンを、TBW採用によるライディングモード(パワーセレクト/トラクションコントロール/アンチウイリー/エンジンブレーキコントロール)の充実で、扱いやすく制御する。4灯LEDヘッドライトが並ぶアッパーカウルに設けられたウイングレットは、独自の先端形状で翼端流の発生を抑え、ロールモーメント低減を図ったものだ。サーキット性能を強めたモデルチェンジが施されたが、ワインディングも十分に楽しませてくれる仕上がりだ。

’20 CBR600RR

スタイリング

ホンダCBR600RR

【’20 HONDA CBR600RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4 バルブ 599cc 121ps/14000rpm 6.5kg-m/11500rpm ■194kg シート高820mm 18L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン/オプション) ●色:グランプリレッド ●価格:160万6000円 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|右横
ホンダCBR600RR|左横

[写真タップで拡大]

ライディングポジション

'20 HONDA CBR600RR|ライディングポジション

シート形状はスリムで足着きも良好。シートとハンドルも近く、小柄なライダーでもラクに乗りこなせる一方で、シート前後の自由度も高いので大柄なライダーも扱える。[身長:174cm/体重63kg] [写真タップで拡大]

エンジン/パワーユニット

'20 HONDA CBR600RR|エンジン
'20 HONDA CBR600RR|エンジン

カムシャフト/バルブスプリング/クランクシャフトといったムービングパーツの設計を見直し材質も変更。エンジンの高出力高回転化に成功した。吸気ポートやバルブタイミングの変更、スロットルボディの口径拡大など大小様々の改良も施し性能を底上げ、扱いやすさも向上している。 [写真タップで拡大]

'20 HONDA CBR600RR|ABSシステム

後輪の浮き上がりを防ぎ旋回中の制動もフォロー】IMUからの情報をもとにABS制御がひときわ緻密に。ハードブレーキング時にも後輪の浮き上がりを防ぐリヤリフト抑制制御を備えているほか、旋回中のブレーキングでもバンク角に応じてブレーキ圧を制御。車体姿勢を乱しにくい。 [写真タップで拡大]

足回り

'20 HONDA CBR600RR|フロントサスペンション
'20 HONDA CBR600RR|フロントサスペンション

【フロントサスペンション】ショーワ製のビッグピストンフォークを採用。減衰力は伸/圧ともにトップキャップで、イニシャルは下部のアジャスターで調整できる。 [写真タップで拡大]

'20 HONDA CBR600RR|スイングアーム&リアサスペンション
'20 HONDA CBR600RR|スイングアーム&リアサスペンション

【スイングアーム&リヤサスペンション】スイングアームは板厚などを変更しながら全体の剛性バランスが見直されている。従来モデルから150g軽量化されており運動性能が向上。新型もユニットプロリンクサスペンションを踏襲した。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダCBR600RR|ヘッドライト

【フルLEDヘッドライト】センターラムエアダクトを備えた逆スラントのアッパーカウルには、CBR1000RR-Rに寄せた4灯LEDのヘッドライトを採用。ほかにもウインカーの灯火類はすべてLED化されている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|ウイングレット

【翼端板つき】アッパーカウル脇には独自のウイングレットを装備。翼端板が旋回時のダウンフォースをさらに高める整流効果を発揮する。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|メーター

【TFTカラー液晶メーター】電脳化に伴いメーターもフルカラーTFT パネルに進化。ストリート/サーキット/メカニックの3画面に切り替えられる。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|タンク

燃料タンク容量は18L。無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)を使用する。キャップはヒンジタイプで日常利用でも使いやすい配慮がなされている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|クイックシフター

【オプションで上下対応クイックシフターも】電脳進化の恩恵でアップ方向だけでなくダウン方向にも対応したクイックシフターが別売オプションで装着可能だ。 [写真タップで拡大]

'20 HONDA CBR600RR|シート

シート高は820mm。足着きを考慮してか座面は絞り込まれ、エッジ部分も傾斜している。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|センターマフラー

【センター排気】マフラーは従来通りのセンター排気を踏襲しつつエンド部分のデザインを変更。進化に合わせて質感がアップしている。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR|シート
ホンダCBR600RR|車載工具

パッセンジャーシートの下にはETC車載器を収納できる程度のスペースがあり、車載工具やヘルメットホルダー用のワイヤーケーブルも備えられている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CBR600RRに関連する記事

[’22前期]国産大型スーパースポーツ(600クラス)総まとめ【ミドルクラス人気がSSにも波及|新型バイクカタログ】

新しい流れとして、扱いやすさとリーズナブルな価格で脚光を浴び出したミドルクラスの人気が、スーパースポーツにも波及。100万円を切るヤマハYZF‐R7がいよいよ国内でも発売となり、注目株だ。 ヤマハYZF-R7/WGP60thアニバーサリー:スポーツライディングの醍醐味をもっと身近に MT-07の並列2気筒エンジンと車体をベースに、フルカウルの外装とサーキットを含めた本格スポーツ走行を可能とした性能 […]

ホンダCBR600RR[新型バイクカタログ]:600SSレース最強を狙うも、公道も意外とイケちゃう

CBR600RR 概要 ’16を最後に国内仕様の生産を終了していたが、TBW(=スロットルバイワイヤ)とIMUを軸とした大幅な電子制御強化とウイングレットを装備した新外装、それにエンジンやスイングアームのリファインを受けて’20モデルとして復活した。 高回転化されて歴代最高の121psを発揮するようになったエンジンを、TBW採用によるライディングモード(パワーセレクト/トラ […]

4年ぶりに投入されたホンダ「CBR600RR」は、今買えるスーパースポーツの最適解!!

スーパースポーツは、国内外のメーカーが意地とプライドを掛けてニューモデルを送り込んでいる先進のカテゴリーだ。排気量もエンジン形式も様々なバリエーションが揃う中、一体どれを選ぶのが正解なのか? その答えをホンダが久しぶりに投入したミドルスーパースポーツに発見! 超万能の走りをお届けしよう。 排気量も気筒数も関係ない、コイツがいい! 仕事柄、しばしば「スーパースポーツが欲しいんですけど、リッタークラス […]

岡崎静夏のホンダCBR600RR試乗インプレ【扱いやすい超高性能が乗り手の技量を高める】

ストリートもこなすのに、限界は恐ろしく高い… 「手強い…」 CBR600RRに乗り始めた初日は、そう思っていました。 ライダーが乗っているところ=いわゆる居住空間はコンパクトですが、車格は大きく感じます。具体的に言うと、リヤタイヤが遠くにあるという印象ですね。最近のスーパースポーツ系モデルは、高速安定性を高めるためにスイングアームを長く作るのがセオリー。落ち着いていますが、街中を小気味よくクリクリ […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ600ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

CBR600RRベビーフェイスカスタム【勝つための性能を引き出す最新パーツを装着】

レースでの勝利を命題に大きく生まれ変わったホンダCBR600RR。刷新された電子制御とウイングレットを追加した新しい空力など、性能と操作性は大きく向上。そのCBR600RRに最新パーツを装備した車両をベビーフェイスが公開した。 パフォーマンスパーツでさらに操作性向上 レースでの勝利を目指して生まれ変わった新型ホンダCBR600RR。ウイングレットや細部を見直したエンジン。それらによって向上した性能 […]

ホンダCBR600RRサーキット試乗インプレ【上で吠えるエンジン、でも乗りやすい】

ホンダの存在感が薄れていたアジア選手権600ccクラス。そこでの勝利を至上命題に掲げるのが新しいCBR600RRだ。勝てるエンジンに最先端の電子制御をフル搭載。代々受け継がれる乗りやすさも武器に、ライバルを制圧する! 戦闘力と乗りやすさの最適バランスがここに 最後のモデルチェンジから7年ぶり! ホンダCBR600RRも控えめながらウイングレットを装備し、電子制御もガッツリ搭載。最高出力も119(欧 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース