ヤマハNMAX[新型バイクカタログ]:新エンジンとコネクテッドで快活/便利に進化!

ヤマハNMAX[新型バイクカタログ]

NMAX 概要

ヨーロッパで’21モデルとして刷新し先行販売していたNMAX(125)が国内モデルで登場。新型ブルーコアエンジンはトラクションコントロールやアイドリングストップを備え、平成32年排出ガス規制適合。静かにエンジン始動/再始動できるスマートモータージェネレーターを国内モデルで初採用した。

フレームは新設計でホイールも新型、エクステリアは前モデルの流れを汲みつつ鋭さを増した。スマホと連携する専用アプリ機能や、便利なスマートキーも採用。カラーはシルバー/グレー/マットグレー/マットブルーの4色をラインナップ。ハイスクリーン/リヤキャリア/キー付きの39Lトップケースを装備する「快適セレクション(40万9200円)」も販売。

’21 NMAX ABS

'21 ヤマハ NMAX|パステルダークグレー

【’21 YAMAHA NMAX ABS】■水冷4スト単気筒SOHC 124cc 12ps/8000rpm 1.1kg-m/6000rpm ■車重131kg シート高765mm 7.1L ■タイヤサイズF=110/70-13 R=130/70-13 ●色:ホワイトメタリック8 パステルダークグレー マットダークパープリッシュブルーメタリック5 マットダークグレーメタリック8 ●価格:36万8500円 ●発売日:’21年6月28日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|マットダークパープリッシュブルーメタリック5
'21 ヤマハ NMAX|マットダークグレーメタリック8

[写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|ホワイトメタリック8

カラーバリエーションはホワイト/グレー/ブルーメタリック/グレーメタリックの4色展開。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|エンジン

【4バルブ化】平成32年排出ガス規制適合の新BLUE COREは4バルブ化し、トラクションコントロール/アイドリングストップも装備。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|ヘッドライト
'21 ヤマハ NMAX|テールライト

【フロント/テールフルLED化】2眼ヘッドライトは6灯LEDで精悍なマスクを演出。テール/ストップランプも洗練された新デザインに変更 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|メーター

【電脳満載】専用アプリY-Connectをインストールすれば、スマホとバイクが連携。SNSや着信をメーターに表示できる。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|コネクテッド

【コネクテッド実装】オイル交換時期やバッテリーの状態を知らせたり、スロットル開度やエンジン回転数等も表示できる [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|アプリ

【アプリは日本対応】広い駐車場や出先等で車両の最終駐車位置を確認したり、日別/月別に燃費をチェックして乗り方を把握。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

NMAXに関連する記事

ヤマハの原付二種スクーター「NMAX」の新色は9/30発売! フルモデルチェンジから1年、価格は据え置き

ヤマハは、124ccブルーコアエンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2022年9月30日に発売すると発表した。3色ともニューカラーで、マットダークグリーンはTMAX560も採用する深い緑味のかかったグレーが特徴だ。 スマートフォンアプリと連動、トラクションコントロールシステムも装備 ヤマハは、2021年にフルモデルチェンジした原付二種スクーター「NMAX […]

ヤマハの原付二種スクーター「NMAX」に新色が登場! フルモデルチェンジから1年、価格は据え置き

ヤマハは、124ccブルーコアエンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2022年9月30日に発売すると発表した。3色ともニューカラーで、マットダークグリーンはTMAX560も採用する深い緑味のかかったグレーが特徴だ。 スマートフォンアプリと連動、トラクションコントロールシステムも装備 ヤマハは、2021年にフルモデルチェンジした原付二種スクーター「NMAX […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:51〜125cc原付二種総まとめ#2(スクーター)

ヤマハ シグナスグリファス/X:パワーアップ&低燃費で猛禽顔のシグナスが新登場! 現行シグナスXからのフルモデルチェンジで、水冷124ccブルーコアエンジンを搭載する「シグナスグリファス」が新登場(グリファス=コンドル科の猛禽)。エンジンは可変バルブVVAを採用し、6000rpmを境にローカムとハイカムが切り替わり、全域で優れたトルク特性を発揮。シグナスXの空冷ブルーコアよりパワーは20%以上アッ […]

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#2 試乗インプレッション比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化を遂げた。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジ。モータージャーナリスト大屋雄一氏の試乗インプレッションをお届けする。 ライバルを徹底的に研 […]

ヤマハNMAX[新型バイクカタログ]:新エンジンとコネクテッドで快活/便利に進化!

NMAX 概要 ヨーロッパで’21モデルとして刷新し先行販売していたNMAX(125)が国内モデルで登場。新型ブルーコアエンジンはトラクションコントロールやアイドリングストップを備え、平成32年排出ガス規制適合。静かにエンジン始動/再始動できるスマートモータージェネレーターを国内モデルで初採用した。 フレームは新設計でホイールも新型、エクステリアは前モデルの流れを汲みつつ鋭さを増した。 […]

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#1 ディテール徹底比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジする。まずはディテール徹底比較から。 スタイリング エンジン&シャーシ 主要装備

ヤマハが新型「NMAX」を6/28発売! アプリ連動、トラコン装備の新エンジン、車体デザインも一新

ヤマハは、平成32年排出ガス規制適合の水冷124cc“ブルーコア”エンジンを搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモデルチェンジし、2021年6月28日に発売した。スマートフォンの専用アプリと連動した各種新機能を実装するほか、トラクションコントロールシステム採用など電子制御も進化している。 着信通知や燃費管理も可能な、スマートフォン用の専用アプリと連動! ヤマハは原付二種スクーターの「N […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース