ヤマハNMAX[新型バイクカタログ]:新エンジンとコネクテッドで快活/便利に進化!

ヤマハNMAX[新型バイクカタログ]

NMAX 概要

ヨーロッパで’21モデルとして刷新し先行販売していたNMAX(125)が国内モデルで登場。新型ブルーコアエンジンはトラクションコントロールやアイドリングストップを備え、平成32年排出ガス規制適合。静かにエンジン始動/再始動できるスマートモータージェネレーターを国内モデルで初採用した。

フレームは新設計でホイールも新型、エクステリアは前モデルの流れを汲みつつ鋭さを増した。スマホと連携する専用アプリ機能や、便利なスマートキーも採用。カラーはシルバー/グレー/マットグレー/マットブルーの4色をラインナップ。ハイスクリーン/リヤキャリア/キー付きの39Lトップケースを装備する「快適セレクション(40万9200円)」も販売。

’21 NMAX ABS

'21 ヤマハ NMAX|パステルダークグレー

【’21 YAMAHA NMAX ABS】■水冷4スト単気筒SOHC 124cc 12ps/8000rpm 1.1kg-m/6000rpm ■車重131kg シート高765mm 7.1L ■タイヤサイズF=110/70-13 R=130/70-13 ●色:ホワイトメタリック8 パステルダークグレー マットダークパープリッシュブルーメタリック5 マットダークグレーメタリック8 ●価格:36万8500円 ●発売日:’21年6月28日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|マットダークパープリッシュブルーメタリック5
'21 ヤマハ NMAX|マットダークグレーメタリック8

[写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|ホワイトメタリック8
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはホワイト/グレー/ブルーメタリック/グレーメタリックの4色展開。

'21 ヤマハ NMAX|エンジン
[写真タップで拡大]

【4バルブ化】平成32年排出ガス規制適合の新BLUE COREは4バルブ化し、トラクションコントロール/アイドリングストップも装備。

'21 ヤマハ NMAX|ヘッドライト
'21 ヤマハ NMAX|テールライト

【フロント/テールフルLED化】2眼ヘッドライトは6灯LEDで精悍なマスクを演出。テール/ストップランプも洗練された新デザインに変更 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ NMAX|メーター
[写真タップで拡大]

【電脳満載】専用アプリY-Connectをインストールすれば、スマホとバイクが連携。SNSや着信をメーターに表示できる。

'21 ヤマハ NMAX|コネクテッド
[写真タップで拡大]

【コネクテッド実装】オイル交換時期やバッテリーの状態を知らせたり、スロットル開度やエンジン回転数等も表示できる

'21 ヤマハ NMAX|アプリ
[写真タップで拡大]

【アプリは日本対応】広い駐車場や出先等で車両の最終駐車位置を確認したり、日別/月別に燃費をチェックして乗り方を把握。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

NMAXに関連する記事

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#2 試乗インプレッション比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化を遂げた。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジ。モータージャーナリスト大屋雄一氏の試乗インプレッションをお届けする。 ライバルを徹底的に研 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種スクータークラス

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラスは、スクーターも多種多彩だ。不動の人気を誇るPCXを軸にリード125やディオ110等を展開するホンダに対し、ヤマハはNMAX/シグナスX/アクシスZ/トリシティ125で対抗する。 日本車51〜125cc原付二種スクータークラス ラインナップ 排気量125cc 排気量110cc

令和の原付二種HY戦争勃発?! ヤマハNMAX vs ホンダPCX〈#1 ディテール徹底比較〉

快進撃を続けるホンダPCXに対し、ヤマハNMAXが反撃の狼煙を上げた! トラクションコントロール/キーレス/アイドリングストップを追加し、さらに国内125ccクラス初となるスマホ接続システムも投入。新設計フレーム&ホイールなど基本骨格も大幅に進化。果たして王者PCXの背中は見えたのか、厳しくジャッジする。まずはディテール徹底比較から。 スタイリング エンジン&シャーシ 主要装備

ヤマハが新型「NMAX」を6/28発売! アプリ連動、トラコン装備の新エンジン、車体デザインも一新

ヤマハは、平成32年排出ガス規制適合の水冷124cc“ブルーコア”エンジンを搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモデルチェンジし、2021年6月28日に発売した。スマートフォンの専用アプリと連動した各種新機能を実装するほか、トラクションコントロールシステム採用など電子制御も進化している。 着信通知や燃費管理も可能な、スマートフォン用の専用アプリと連動! ヤマハは原付二種スクーターの「N […]

ヤマハが新型「NMAX」を発表! アプリ連動、トラコン装備の新エンジン、車体デザインも一新

ヤマハは、平成32年排出ガス規制適合の水冷124cc“ブルーコア”エンジンを搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモデルチェンジし、2021年6月28日に発売すると発表した。スマートフォンの専用アプリと連動した各種新機能を実装するほか、トラクションコントロールシステム採用など電子制御も進化している。 着信通知や燃費管理も可能な、スマートフォン用の専用アプリと連動! ヤマハは原付二種スクー […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉NMAX/トリシティetc.

NMAX:125も155も海外モデルは新型に 125と155で車体を共有する「NMAX」。155はインドネシアで先行して’20年モデルとして新型に移行していたが、125はヨーロッパで’21年モデルとして刷新。可変バルブ機構(VVA)を持つブルーコアエンジンはトラクションコントロール機能やアイドリングストップを備え、安全/環境性能に長ける。灯火類はすべてLEDでヘッドライト/ […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

ヤマハの原付二種スクーター「NMAX ABS(125)」に新色のマットブルーが登場

ヤマハは、高性能な水冷4ストローク単気筒エンジン(ブルーコア・エンジン)を搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月25日に発売。スポーティなマットブルーを加え、現行のマットグレーとホワイトは継続販売となる。 ヤマハ「MAX」シリーズの末弟にマットなニューカラー 「TMAX」や「XMAX」といったMAXシリーズ共通のアイデンティティともいえるブ […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスポーツ系バイクに続いて、本ページではスクーター編として、ヤマハ トリシティ125/BW’s 125/NMAX/シグナスX/アクシスZと、スズキ スウィッシュ/アドレス125/110を紹介する。 ヤマハ トリシティ125/ABS:ヤマハ独 […]

’20新車バイク総覧〈車検レス&400ccミドルスクーター|国産車#2/2〉ヤマハ/スズキ

’20年に販売される国産新車バイクのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてピックアップ。前ページのホンダ車に続き、ヤマハLMWシリーズ第4弾のトリシティ300/155、250ccのXMAX、NMAX155、マジェスティS、スズキのバーグマン400/200を紹介する。 ヤマハ トリシティ300:自立支援機能も装備するLMW ヤマハが誇るフロ […]

2019新車走評:HY戦が熱い! スクーター編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #17]

マニュアル変速の必要がなくシート下などに荷物を放り込めるという気軽さが、最大の魅力。一時期と比べると、日本における250cc以上のラインアップは厳選されてきた傾向にあるが、それでもナナハンクラスから原付二種以下まで、豊富な車種が用意されている。メインとしてだけでなく、セカンドバイクとしても注目するライダーが多いカテゴリーだ! 欧州&アジア主導となり、パッケージングがやや変化 初代マジェスティ発売や […]

ヤマハ NMAXの2019年モデルに新色追加【快適セレクションも設定】

YAMAHA NMAX ABS[2019] ヤマハMAXシリーズのスタイルと、走りの良さを備えた原付二種スクーター「NMAX ABS」。高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減を目指した水冷4ストSOHC4バルブ124ccのブルーコアエンジンをコンパクトボディに搭載し、スポーティな走りと快適性の両立を図っている。 NMAX ABSの2019年モデルは、カラーバリエーションが変更される。新色の「マットグレー […]

ヤマハ NMAX155 ABS、2019モデルに新色追加【グレー&ホワイト】

ヤマハのスクーター・MAXシリーズを象徴するブーメランをモチーフにしたサイドカバーによりスポーティなスタイリングが際立つとともに、高速道路走行可能な155cc“BLUE CORE”※エンジンが生み出す快適で環境負荷の低い走行性をコンパクトなボディに凝縮させた「NMAX155 ABS」。2019年モデルとして、洗練された大人の雰囲気の「マットグレーメタリック3」と清潔感の高い「ホワイトメタリック6」 […]

ヤマハNMAX/NMAX155、マジェスティS試乗インプレッション

熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS(155cc)とNMAX155ABS、NMAX ABS(125)の3車。2018年型新型PCX/PCX150と比較試乗した時のインプレッションをお届けしよう。 ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より 【NMAX155ABS】ハイメカVVCを搭載、ABSを標準装備 フロアトンネルを持つボディデザ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報